FC2ブログ

03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

WALKの Web Page(2.0)

ご来訪ありがとうございます。 ここではわたくしWALKが、気の向くままにマクロスとプラモデルを主なテーマに日記のようなものを書いています。 ゆっくりのんびり充実させてゆこうと思っています。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

Megumi Nakajima 5th Anniversary year's Final Live メグミーナイトフィーバーに行ってきました!  

Megumi Nakajima 5th Anniversary year's Final Live
メグミーナイトフィーバー

行ってきました、中野サンプラザ!

DSC_2404

記事アップがモーレツに遅れちゃいました・・・(謝!謝!謝!)
レポートしますねっ




まさに、今までの中島愛、集・大・成~!なライブでした。

セットリスト・演出は、初めての人でも、来たことが有る人でも
<新鮮に驚き><堪能し>まくれる、怒涛の展開♪

輪廻のラグランジェとたまゆらの曲をメインに、
要所でマクロス曲、アルバム曲を交えてました。

弾け、シリアス、笑い、優しさ。
めくるめくワンダーランド。
ああ、まめぐを好きでホントに良かった!

ラストのハプニングも、ライブ Blu-ray 発売決定も、み~んな含めて、
今までの中島愛の足跡が思い返されるような、
いつもとはちょっと違う不思議な快感にも包まれましたよ。

そして、ボーカルとして、伸び代がたっぷり有りそうと感じられた事も
(成長は異論なしとして)ウキウキ余韻のひとつでした。

もう猫かぶりはオシマイ(妄想)!
まめぐ、大器晩成タイプだって事は、直感的に感じてたけど、
想像以上に天才かも・・・!


【開演前】
中野サンプラザ前の広場には沢山のファンが集結。
今回の物販、緑のマフラータオルを首に巻く人も。
ラグリン・イメージの青ジャージの軍団も。

入場すると、舞台には金色の、透けるカーテンが下りています。
ライブタイトルに合わせてか、'70、'80 のソウルフルでフィーバーな曲が
BGM に流れています。

こんな曲1 こんな曲2 こんな曲3 こんな曲4*

* twitter で Formo4970 氏に教えて貰いました。ありがとうございます。

予告的に、まめぐはブログにもアース・ウィンド・アンド・ファイアーの事を書いてたし、
ホーンが厚めに入っている曲も幾つか有るし、どんなライブになるのか楽しみ♪

弦のチューニングの音、
ほんのりライトが灯る譜面台をめくる手もカーテン越しに見えます。

アナウンスで映像撮影が有ると伝えられます。
最前にレール式のビデオカメラが。
このライブがビデオになる!

会場を見回すと、確かに最前列左右にも固定カメラが 1台ずつ、
中央の左右、最後尾中央コンソール辺りにも 2 台。2階右にも 1 台!
万全だ・・・本気だ・・・。

まめぐのライブは何度でも観たいからこれは嬉しいぞ~。

さあ開演!


【前半戦 フィーバー・ラウンド!】

0. イントロ
カーテン幕が開きます!
舞台のセットの上にでっかいミラーボールが!
ゴージャス。

1. Wake Up!
まめぐ登場!
アース・ウィンド・アンド・ファイアかマイケルジャクソンか!という
"兵隊さん的" 白い衣装。白い皮のベストとスカート。

ゴールド装飾でピッカピカ!
ゴージャス。

ベルトには、サッポロビール・ガール?って笑っちゃう位に
ベタな銀色の☆が付いてるし、
白いヘアバンもミョーにでかくてユーモラス。
昭和ソング本気で好きなんだな~、やりたい事すっげー伝わるっ(笑)

でもよく見れば、腕の布がシースルーだったり、おヘソ出してたりで可愛らしい!
アップの後髪にはキラキラのアクセが沢山付いてたりして激ラブリ~♪

舞台の正面 "1F" には "門" が有り、
ミラーボールの絵が描いてありました。
こっから出て来ると思わせて、2F からの登場でした。

「みんな起きて~」「起きてる?」に掛けて、煽ってくるまめぐ!
ちょ、出だしからピッチ高いゼ!
ナイト・フィーバーはひと味違うな!


2. TRY UNITE!
この曲の繋ぎは・・・Be With You からだねっ!

TV アニメ版に近いトラユナ。extended version。
セットの高い場所からゆっくり階段を降りてくるまめぐ。
会場は一面の青サイリウム!


3. 宇宙的 DON-DOKO-DON
ホーン曲キタ!
まめぐ作詞、西脇氏作曲なのよね。

ステージに向かって左から宮田氏(D)、坂本氏(B)。
正面にミラーボール印のゲートが有って、
右に真城さん(Cho)、黒田氏(G)、西脇氏(K)!という配置。

4. Mamegu A Go! Go!
ホーン曲 2発目!
北川勝利氏作曲。
Hey! とノリノリで歌うまめぐが楽しげ。こっちも満面笑み。
英語コーラスが真城さんだとやっぱりいいね!

MC
「盛り上がってますか~」「オー(拳)」
「このパワーがあと 2 時間、必要で~す」「オー(さすがにそれは笑)」


【中盤戦 しんみりラウンド!】

5. メロディ
奥に垂れている金色の糸帯がライティングに映えて綺麗。

まめぐの、声の末尾を少し乱暴目に開放する歌い方、むしろイイかも!
プレーンな歌い方の中にふと出てくると、激熱。
好きになってきた!

6. パンプキンケーキ
この曲、私には初生です!嬉しい。
真城さんのコーラスが気持ちいい~。

この曲はラグリンの曲だけど、
マクロスF の "ねこ日記" の姉妹曲なんですよね~。私には。
ENDING のランカ絵のイメージに引っ張られてるだけですが(笑)。

Cメロの歌唱が凄く良かった。
「Yeah, ボウルに~」「Yeah, 新しい~」のトコロ!

最後は「Do you wanna be」をみんなでコール


7. 風色のフィルム
この曲、たまゆらの世界を表していて本当に好き。
最初聞いた時はピンと来なかったのはヒミツですが(笑)。
普通の曲としても十分に良いし。
これからのアニソンはこの道で行かないと。


MC
「たまゆらは新しい自分にめぐり合えた作品」

「お椅子に座っていただいて」で着席タイム。
前の中野でも飛び出した "眺めがいつも違う~"(スタンディングとは) で喜ぶまめぐ!

8. ありがとう
"チャッピー大先生" こと西脇氏のハーモニカがいい!
色んなフレーズを目一杯演奏しているのに、凄く存在感が有るのに、
まめぐの声にカブってない。
美しい。
西脇氏が居てくれて本当に良かった・・・

ライティングが美しい!
足元にはスモークが炊かれ、
ライトブルーのスポットライトが 1 つ 1 つ灯って
まめぐに集まって照らされていく・・・
歌女神降臨。

まめぐの歌唱も素晴らしかったけど、アレンジとライティングも凄かった。


9. 神様のいたずら
黒田氏のアコースティック・ギターが冴える。
坂本氏のベースが実にいい音を奏でる。
宮田氏のドラムは音量控え目なのにビシッと響いてくる。
西脇氏のハーモニカは今度は少し遠くで鳴ってる感じで寄り添う。

そこにこの歌詞、このメロディ、この歌唱だよぉ・・・
ちょっと泣いてしまいました。


10. わたしにできること
ステージにそびえる 4 本の柱がライティングに透けて、
中の造形が照らし出されます。
おぉ、ガラッと雰囲気変わる!

「水面に映る白い雲」の "水面" のリズムがおもしろい!
いつか、カバー曲ライブも楽しそう。
ほ~、あの曲をこう歌う!みたいな発見が有りそう・・・


この、着席 3 連曲は神タイムでした。

まめぐは淡々と歌っているようで魂入ってたし、
楽器隊もひとりひとり、立ってた。
いいもの魅せてもらったわ。

真城さんはじっと待ちでしたが(笑)←ネタ扱いスミマセン

このライブに来れて本当に良かった。
生きてて良かった。



11. アナタノオト
イントロのトランペットで着席タイム解除~。
ドクンドクンキタっ!

宇宙を連想させるようなスクリーン演出が。

衣装替えの為、曲の終奏を待たずに退場。


間奏 (Instrumental)
西脇大先生のピアノソロ!


【後半戦 スパート・ラウンド!】

12. Raspberry Kiss
今度はセット "1F" のゲートから、
上着はそのまま、金ピカのホットパンツで再登場!

「装備!」の掛け声で、分かる人は例の振り付けを踊ってました。
そして間奏で投げキッス!悶死。


13. 星間飛行
キタッ☆ 超名曲!
ライブ会場なら堂々とできるよね!キラッ☆

MC
衣装の話
「スペイシーな感じの服」
「アース・ウィンド・アンド・ファイアーっぽくない?」
「おなか出してるって珍しくなーい?」

「今日初めての方?」で挙手の人、結構多かった・・・いい事や

「初めて聞く曲だとか、恥ずかしいという人も
レスポンスの声出したり、振り付け、できる範囲でやってみて」
「周りの真似でも自分なりでもいいですよ♪」
というコーナーが毎度面白くて優しい~。

「まめぐ先生?懐かしいネタを出すわね!」
先生コールに、軽く由来を説明した後、次曲の振り付け練習。
オッオーと言いながら手を左右にウェーブ。
ドSは封印でした。黒歴史なのか(笑)


14. Sunshine Girl

曲の途中でメンバー紹介
ベース坂本氏、ドラム宮田氏、ギター黒田氏、
コーラス真城さん、バンマス/キーボード西脇氏!
そして、まめぐ!


15. Megu2 Magic

16. そんなこと裏のまた裏話でしょ?

えーっと。
この 2 曲は、曲名以外、メモが全く残っておりません。
私、コール&レスポンスで我を忘れて盛り上がっていたみたいです(笑)


17. マーブル
ステージセットに虹色になっている場所が有って、
そこをライトが照らす事で、また違う雰囲気に!
凝ってるのう。

ぐるぐる回せで一斉にサイリウムが回る様が壮観!
あぁ、超楽しいのにラストが近付いてる・・・


MC
まめぐ五の矢が発表!

「3rd アルバム発売!」ヽ(^◇^*)/ ワーイ

「ライブの Blu-ray 発売!」
ヤタ━━━━ヽ( ^∀^)ノ ヽ(^∀^)ノ━━━━ !!


18. Hello!
最後の曲です!
レスポンスもサイリウム追い炊きも一段と盛り上がりました!



【アンコール】

19. Transfer
衣装替えで登場!
目の覚めるような真紅のドレス。
左肩は素肌、右肩はボンッとかなりデカい花のフレア。
ルージュも合わせてて色っぽい・・・ごくり。

スペシャルゲストは livetune(の kz 氏)!

演ってくれるの?
いい曲だけど中々ライブでは無理かな~勿体無いっ!て思ってました。
良かった~!


20. TRY UNITE! Rasmeg Duo
更にスペシャルゲスト!Rasmus Faber 氏が登場。

ちょうど来日されているから勿論のゲストだね~。

演奏・歌唱しながら、目を合わせる Rasmus 氏とまめぐが、
落ち着いたオトナな雰囲気。
プラチナジャズのアンコールだ!


21. 金色
まめぐと Rasmus氏 にバンドメンバーが加わって演奏。

レスポンスでこちら(観客側)が「君をもっと好きになっていく」を何度も歌った
挙句に、曲の最後でまめぐが「ずっと一緒だよ」・・・
完全に悶死しました。

↑笑わないで聞いてくれますかw


MC
メンバー全員で手を繋いでノーマイクの「ありがとうございました」!

「普段の色んなことを忘れる、までは難しいと思うけど、
少しでもそれを包みこむことができたなら」で、自分、感極まり。
この立ち位置がリアルなんよね。まめぐらしいよ。
何かもう、感動する!


【ダブル・アンコール】

22. ホシキラ
神憑り的に素晴らしい歌唱でした。
これが Blu-ray で何度も観られる!そして世界中のまめぐファンの元へ・・・
と肌が泡立つのを感じました。

が、ホントに最後の最後で・・・歌詞飛び! )゚0゚( ヒィィ

「色々考えて過ぎてしまった~」とまめぐ。
判る、判る、限界目一杯に魂込めて歌ってた感じだったから。

何と、リテイク敢行!

2 度目はショックで動揺していたのか、歌い出してすぐに STOP。

3 度目は・・・歌い切りました!

出だしは慎重さが出たか「1 度目の方が良かったかな・・・」
という感じでしたが、後半で完全に持ち直しました。

これ、Blu-ray どうするんでしょうね(笑)。
Take1 も Take3 も甲乙付け難いでしょう!
是非、両方フルに観たいです! > flying DOG 様


歌詞飛びとか、リテイクって、無いに越した事はないけど、
他のライブでも割と有るし、経験上はむしろ良い思い出になります。

西脇氏のさ~てどうする、なニコニコ顔とか、
会場の「ガンバレ」「大丈夫」「俺たちがついてる」コールとか、
まめぐの「ランカに思いが届くように」とか、一生モノの体験をした予感。

ま、同じ曲 3 回は辛かった方も居たかもしれませんけど(笑)


終演のアナウンス。
BGM はありがとうでした。


楽しかった。
素晴らしいライブをありがとう >まめぐ&関係者様

楽曲もスタッフも最高!
まめぐの振りつけもいい味出してた!
今回特にリキ入ってたライティングも GOOD!
もう、毎週末ライブやって欲しいレベルだー!

DSC_2428

DSC_2429


これ以上を 敢えて 望むならば、
アップテンポな曲やファルセットでのパワーかなぁ。
今の歌唱のクオリティと、トレードにならない感じで。
また新しい地平が見えるかも・・・見たい・・・
ああ、罰当たりな自分。

あと、歌唱の存在感が増してきたお陰で、思わぬ副作用として、
笑いが控え目に感じてしまったのは私だけ?
ハイテンション・モードも、もう少し欲しかった!?
単に Blu-ray 収録でヒカエメだったのかもしれませんけど。

どんどんオネエさんになって欲しい自分と
ブレないでいて欲しい自分の二人が同居する、酷い事態にも気付きます(笑)。
ファンの総意は今はどっちが強いのかな~。



さて!

3rd アルバムのツアーが今から楽しみ!
そして今度は貴方も是非、ご一緒に♪

スポンサーサイト

Posted on 2013/09/25 Wed. 18:39 [edit]

category: 中島愛

thread: 中島愛(めぐみ)  -  janre: 音楽

tag: メグミーナイトフィーバー  ライブ  レポート  中島愛 
TB: 0    CM: 0

25

アニサマ2013 8/24(土) まめぐ観て来ました 

来たぞー、さいたまスーパーアリーナ!

アニサマ2013 8/24(土) まめぐ観て来ました

今回初めてのアニサマでしたが、凄い規模のイベントなのですね!
見渡す限りのサイリウムの海は壮観でした。
アーティスト数も演出も壮大で、これが3日間も続くなんて
信じられない感じ。


例によって、出演者が沢山過ぎて盛り沢山過ぎるので、
まめぐ(=中島愛さん)のステージだけ、レポートします♪


Zwei さんの後でした。
流れ始めたのは準備の間奏 BGM かと思ったら!突然 "タタタ" な音に変わって
アっという間に琴浦さんがスタート!
ま!じ!か!
イントロでまめぐと判らないとは…一本取られた orz (笑)

衣装は、アニサマカラー赤/黄/緑の割と大き目なチェック柄のワンピース。
(ベネトンのようなと言えば伝わるでしょうか・・・)
赤いブーツにブレスレット/ネックレスが金に輝いて、
小さ目の黄色い蝶リボンが髪にアクセントを添えてました。
ブリブリに可愛いというよりは、一歩落ち着いたファッション!
いい。


ハナシは先回りしますが、アニサマのまめぐ曲は
「琴浦さん」と「ありがとう」の 2 曲でした。
2週間前のアニジェネと同じ…

でも!でも!でも!
不思議とまたか~とは思わなかった。
歌い方がちゃんと違ってたので。

何回か聴いた人には判るレベルで、
オリジナルとはちょっと違う歌い回しを端々に入れてきて格好良かった。

ライブ仕様!って頑張ってサービスで入れてる感じじゃなくて。
初まめぐの人達に何とかアピールしなきゃって感じじゃなくて。

「自然に」萌えカワユいって思えるような(琴浦さん)、
「自然に」どれだけシリアスな気持ちで歌っているかハッとさせられるような(ありがとう)、
"声アレンジ" に軽く鳥肌しながら聴き入ってました。


「ねぇひとことだけ・・・アニサマに決めた!」
で盛り上がってたとか、会場のサイリウムが一瞬で緑一面に変わったとか、
他にも語るネタも有ったような気もしますが、
今回は何だかそっちが超絶に胸熱!

MC。
初出場の嬉しさや感謝の気持ちを語っていました。

おめでとう~♪また出られたら来るからね。

続けて「ありがとう」。
"盛り上がる曲が多い中ですが、次の曲はしっとりと。聴いてください"
(↑実際はもっと気を使った言い方)
と前置きして熱唱。

会場をあたたかな空気に包んで、
感謝の気持ちを言いながら退場。



最後のオール・アーティスト登壇でも、もちろんまめぐ登場。
銀河鉄道 999 のメドレー&合唱。

私の席は最後部だったので、ステージは遥か彼方、
スクリーンにもまめぐが映るのはほんの一瞬に限られてて余り良く判らなかった・・・orz
でも、楽しげに歌う姿・笑顔は、キラキラしてました。

いかにもなポーズやドヤ顔パフォーマンスでない感じは
もう、まめぐの素なんでしょうね。
いい。



帰り道もずっとニヤケてました。

もはや、安定したとか上手くなったとか未だに言うのは、まめぐに失礼かもしれませんね。
ありがとうの CD を聴かれた方は、ライブ音源のクオリティに度肝を抜かれた方も
多いのではないでしょうか?

"CD もいいけどライブの方が絶対に良いまめぐ時代"

到来ですよ。

良かった、良かった。

「きたまえ」や「メグミーナイトフィーバー」で
また会えるのが今から楽しみです。



Posted on 2013/08/25 Sun. 08:56 [edit]

category: ライブ

thread: ライブレポート  -  janre: 音楽

tag: アニサマ  ライブ  レポート  中島愛  さいたまスーパーアリーナ  まめぐ  ありがとう  そんな事裏のまた裏話でしょ 
TB: 0    CM: 0

25

アニジェネ ~anison generation 行ってきました 

アニジェネ

行ってきました!

まめぐ良かったよ~。レポートします。

のっけは琴浦さん(そんなこと裏のまた裏話でしょ?)でブースト!
この曲、コール箇所一杯有るからいいよね。
衣装は、白いショートドレスに
上半身がアニジェネの虹色イメージカラーをちりばめた感じ。


そしてカップリング曲「Mamegu A Go! Go!
意外な選曲!やった~!初生だよ!

ホーンセクションは BLUFF Horns。
このライブ唯一のコラボだったんじゃないかなぁ。
西脇氏(チャッピー大先生)繋がり!?

曲が始まる前のメンバー紹介で、西脇氏が延々と演奏してまめぐが止める一幕も。
まめぐの単独ライブの雰囲気がちょっと出ててニヤリ。


締めはたまゆら~もあぐれっしぶから「ありがとう
発売直後だけど生で堪能!勿論フルバージョン。
幸せだ~。


最後は、終演オールキャスト登壇にて再登場。
目が覚める程可愛かった!

上半身は、出演者全員そうなのですが、黒いアニジェネ T シャツ。
でも、ラベンダーのスカート、アップにした髪がもう理性破壊的なカワユサ。
オレは曲を聴きに来たんだ!って自分に言い聞かせても無駄な抵抗でした。


以上、5 時間に渡るライブのレポート終わり(笑)。



アニソンに特化したライブは初めてだったのですが、
フレーズを知っている曲が幾つか、半分以上が知らない曲という、超アウェイ状態。
大半をじっとおとなしく聴いてました。

でもこうなる事は最初から予想できてた事だから問題なし!
まめぐと May'n さんの時はガンガン盛り上がっちゃいました。
誰のファンか判り易かっただろうなぁ(笑)。


そんな感じだった事もあり、セトリ紹介はお二人だけで。
全セットリストはさすがに判りません。


リトルブルーボックス (Opening Act)

川田まみ

富永TOMMY弘明 with BLUFF

ALTIMA

玉置成実

The Sketchbook

春名るな

FLOW

まめぐ
(1) そんなこと裏のまた裏話でしょ?
(2) Mamegu A Go! Go!
(3) ありがとう

栗林みな実

<電波諜報局出張版>

KOTOKO

May'n
(1) Mr.Super Future Star
(2) アオゾラ
(3) Scarlet Ballet
(4) ViViD



16 時から始まってほぼ 5 時間!たっぷり楽しみました。

ダンスも演技も歌唱も凄いアーティストばかり。
声の力強さとか声域、ダンスのキレとか、盛り上げ方とか
アーチストによって、それぞれでモンスター級ですね!

初の生パフォーマンスでちょっと興味が出たアーチストも。

そんな競演の中でも、やっぱり自分が好きなのは
まめぐと May'n さんだなと思ったのはファンの贔屓目かな(笑)。
心になにか投げ込まれる感じがね。
オンリーワンです。


May'n さん含めて、マクロス曲が一曲も無かったのは、
或る意味、敗戦のレベルですが、まぁそれは覚悟の上よ(あれ涙が)



そして、アニソンってバラエティに富んでますね~。
作品に寄り添っているか、音楽単品で引っ張るか。
ノリノリかしっとりか、独自世界か。
アーチストとしての方向性も有るんだろうなぁ。

「アニソンって何だろう」と思いを馳せたりもした一夜でした。


DSC_1606

アニジェネ

アニジェネ スポンサー展示

Posted on 2013/08/10 Sat. 11:57 [edit]

category: 歌姫・歌麿オリジナル曲

thread: ライブレポート  -  janre: 音楽

tag: アニジェネ  ライブ  レポート  中島愛  May'n 
TB: 0    CM: 0

10

NO LIVE, NO MACROSS (クロスオーバーライブ30 レポート) 

NO LIVE, NO MACROSS

マクロス楽曲の祭典、クロスオーバーライブ 30 に行って参りました!

クロスオーバーライブと言えば、マクロスの歌姫とバサラに一挙に会えるライブ。
トーゼン、期待に胸膨らませて参加したのですが、
遥か!遥か!遥か!
斜め上を行く夢のような凄いライブでした。

前回の「ちょっとイマイチだった」所が、ものの見事に解決されてて!
そして、数々の演出、編曲、コール&レスポンス、サプライズに酔いしれました。

スタッフさん!タイトルにクロスオーバーライブ「×掛ける」30 を付け忘れてましたね(笑)。

そんな史上最強のマクロスライブ、拙筆ながらレポートさせていただきます!


【開演前】
会場は朝 10 時からずっとファンで埋め尽くされていました。
物販の行列は長蛇の列で盛況、コラボフードは美味で大人気、
コスプレイヤーの方も沢山いらっしゃって。
花輪も沢山寄せられていましたよ。親子二代で子供をお連れの方も。
等身大の歴代キャラ、YF-30の巨大タペストリーも出現。
スタッフ・監督、キャストの方々のサインやメッセージもあり、
新商品も目を釘付けにしていました。

- 会場の模様 -
入口付近 キービジュアル タペストリー 壁にロゴ出現 遠き道のり
限定グッズ サイン・メッセージ~愛に見入る Fire bom BAR さん マクロス35プロジェクト署名活動 パチリ
ビシッとスマイル ブリッジクルー 決めポーズ 世代クロスオーバー 実物大 YF-30 関東飛来
ご飯♪ドリンク♪ 腹ごしらえ パインケーキパフェ 虹いろ "しろ" クマクマ ライブ前にこのテンション!
通路もファンで一杯 大集結

- 企業ブース -
コスクロ
コスクロ ランカ コスクロ ミンメイ コスクロ ミレーヌ コスクロ シェリル

ちびきゅんキャラ
ちびきゅんキャラ ミレーヌ ちびきゅんキャラ ランカ ちびきゅんキャラ シェリル ちびきゅんキャラ ミレーヌ ちびきゅんキャラ ミンメイ
ちびきゅんキャラ ランカ ちびきゅんキャラ シェリル ちびきゅんキャラ バサラ ちびきゅんキャラ 輝 ちびきゅんキャラ アルト

一番くじ
一番くじ シェリル 一番くじ ランカ 一番くじ シェリル 一番くじ ランカ

ゲーム / パチスロ / プラモデル
マクロス30 Fever マクロス Frontier 1/72 VF-1 一条輝機

【感想】
30 周年記念に相応しい、最高のライブでした!
まさか、まさか、これでもか!のサプライズ全弾発射!

キービジュアルのサラ、シャロン、マオ、イシュタルの意味は全く見抜けなかったですね~。

誰が 1 曲目のノーム・アイモを予想できた?
誰が、菅野よう子さんの出演を予想できた?
誰が、サヨナラノツバサの続きのシーンを予想できた?
そして終演後、誰に言われるでもなく皆で「マクロス」を合唱するなんて!

今回は、アンコール前の本編ではアーチスト個人できっちりパート分けされていたのですが、
一人一人の持ち味がしっかり発揮されていました。
ちゃんと音楽としても魅力的なのに、
それぞれの中にしっかりキャラクターが息づいている事が感じられる所が素晴らしい!

久々に観たい!一度でいいから観たい!というコラボも "全部入って" ました。
楽曲の編成っていうんですか?1 曲 1 曲のアレンジもそうですし、
チョイス、並べ方も本当に良く練られてましたっ!
約 5 時間、一瞬も目を離せない夢のようなひとときでした。

そして、入場者全員に配られるリストバンドがさりげなくプラスっぽくて良かった。
重要、重要。

【ライブレポート】
オープニング
画面奥に向かってフォールド空間を突き進む映像にシェリルのナレーション。
アイモを想起させるような詩文...!?
※パンフに載っています

ステージ左に照らし出される May'n さん!
無伴奏でアイモ!

そして、2 フレーズ目はお約束、ステージ右でまめぐが...
違うっ!南里侑香さん?...マオだっ!

オープニング曲はきっと誰も予想だにしなかった「ノーム・アイモ」でした。
どよめきとヤラレタ~という苦笑、感動のため息が会場を満たします。

もう二度と聴けないかもしれない貴重なアイモにいきなりボルテージ・アップ!


間奏ならぬ間映像で "Next Stage ... MACROSS F" のタイトルが踊り、
Are you ready? の呼び掛けに会場が歓声に包まれます。

そして 2曲目、May'n さん単独 1 曲目へ。
ギラギラサマー(^ω^)ノ

実は、May'n さんの 1 曲目はギラサマでは?と twitter で言われていました。
でも、私は懐疑的でした。ストーリーに余り絡まなかったしとか言って。恥。
まさか!本当にギラサマが来たよ!と人一倍驚いていました。
そしてあんなに盛り上がるとは!
さすが May'n さん、さすが筋金ファン(yas0 さん)です。

そして「ユニバーサル・バニー」に繋いで、
アップテンポなナンバーで息もつかせずに一気に盛り上がりっ!
ダンサーと一緒に踊りまくる生 May'n さん。やっぱり迫力が違います。

MC
"本編では使われなかったけど、
シェリルの弱さ、大切な人への想いを表現した曲だから" と
リーベ~幻の光」を披露。

これぞ May'n さん!という渾身の歌唱でした。
そして、この曲が(この曲も)このライブ全体の壮大なストーリーの一石だったと
知るのは暫く後の事。

ダイアモンドクレバス
ギャラクシーツアーのイメージが有ったのと直前のリーベが熱唱だったので、
意外と淡々と歌うなぁと感じました。
でも、今にして思えば、それもこのライブ全体の...(以下略)。

会場全体にコールを掛けてギンギンに暖めた後、
May'n さんパートのラスト 2 曲が炸裂!

禁断のエリクシア
射手座午後九時 Don't be late

射手座の出だし "私の歌を聴けぇ~" は勿論、大歓声!




"Next Stage ... MACROSS 7" のタイトル!
あれっ?ランカは...?の疑問を胸にしまい(笑)、
Are you ready? の呼び掛けに歓声!

チエさん登場!

だけどベイビー!!
PLASTICS

ミレーヌ曲を沢山聴きたい自分としてはもう大興奮です。

見た事のない珍しい金属楽器をポーン、ポーンと叩き奏でるチエさん。
ガンクドラムという楽器だそうです
ゆったりとした不思議な前奏...これはもうアノ曲ですな...

PILLOW DREAM」キタ~!

チエさんの熱唱、圧巻でした。
メロウでトランス感一杯の音で始まって、
最後には堰を切ったように叫びが溢れ出すこの曲、ホント大好き!

でもね。ミレーヌ・ナイトが来春で FINAL って告知が...泣けるよぉ悲しい

GO
MY FRIENDS

ノリの良い曲で締め。
前回のクロスオーバーライブも、FIRE BOMBER 2012 も
チエさん曲少なかったから本当に良かった。満足!



MC
クランとマックスの掛け合い。ボイス・ドラマが展開します。
このライブは "誰か" の夢の世界で、色んな時代・空間がクロスオーバーする云々。
次々と歴代キャラクターが登場して、ここはどこ?どうなってる?
と首をひねる展開は...まるでマクロス 30!

シャロンが押し掛け女房的台詞をのたまわって、
グダグダな感じになった所で...

千菅春香さん登場!

プラネット・クレイドル

久し振りの千菅さん!
メイクも若さ全開で可愛らしく、ビックリする位の堂々としたパフォーマンス!
1万3,000 人の観客に物怖じもせず、
ワンフェス・ミニライブの時からひと周りもふた周りも "大きな" 姿を見せてくれました。
「どれくらいの夜を重ねてきたんだろう」のフレーズにグッときました。


初代マクロス/愛おぼの映像が流れ...
いよいよ飯島真理さん登場!
待ってた~。初代世代には、真理さんはリスペクトしてし過ぎる事は無いからっ。

私の彼はパイロット
0-G Love

ギターは息子のアンディさん。親子共演です!

当たり前ですが、30 周年ってファンだけに流れた月日じゃないわけで。
観る側も親子の姿!
演る側も親子の姿!
何て暖かいライブだろう!!

SUNSET BEACH
小白竜
天使の絵の具

懐かしのナンバーが次々と飛び出してきて、もう、胸がいっぱい!
往年の歌い方が無理なのは当然です。
鏡を見れば自分だってもう結構なおっさんよ(笑)。

真理さんラスト曲は「愛・おぼえていますか

"弾き語りとかで演ってきましたが、
みんなはオリジナルが聴きたいんだろうな、と思うので、
今日はオリジナルでやろうと思います"

夢...か!?

私のような素人に理解できる由も有りませんが、
過去へ戻る事を拒む気持ちをおしてのオリジナル愛おぼ。
最高のプレゼントでした!
ありがとう。噛み締めました。


MC
歴代声優オールキャストによる寸劇が続きます。
この世界(ライブ)は一体誰の夢?


"Next Stage ... MACROSS F" ... まめぐのターンきた!
Are you ready? Yeah!トーゼン!待たせ過ぎだぜっ!

放課後オーバーフロウ
虹いろクマクマ
蒼のエーテル

まめぐ、ベストパフォーマンス!
デビュー 5 年で劇的に安定した美声を披露♪

久々のマクロス・ファンお披露目で気合い十分。
丁寧に、慎重に、そしてダイナミックに歌ってました。

MC
"自分を育ててくれたマクロスに、ランカに恩返しをしていきたい。
'何度でもまた会おうね' は、
私から皆さんへの、そして私からランカへのメッセージです"

まめぐもマクロスとの絆、大事にしてるなぁ。

ホシキラ

サヨツバから月日が経って今、感傷なくまっすぐ歌えたホシキラだったんじゃないかと。
聞き入っていたら、そんな気がしました。

一転!
"みんな?いくよ?"
いたずらっぽい目使いに悶死。
締めはトーゼン、この曲です。

星間飛行」!

キラッ☆ 参加したよっ!



"Next Stage ... MACROSS 7"
Are you ready? の呼び掛けのレスポンスが異様なまでに熱い。
リミッター解除っ!体力臨界突破覚悟って(笑)

PLANETDANCE
HOLY LONELY LIGHT

超絶テクの間奏アドリブ、限界まで叫ぶシャウトが最高。
FIRE BOMBER 2012 から更に磨きが掛かった!?

ANGEL VOICE

福山さん(FIRE BOMBER)は、サイリウムとか手拍子とか余り求めないんですよね。
間奏とかは聴いていてくれというスタンス。
うまい事 "俺の歌を聴け" に繋げて会場を笑わせてました。
最後はみんなで Wow~ Wow~ Wow~ の合唱!

DYNAMITE EXPLOSION
突撃ラブハート

コール&レスポンスで叫びまくり。
男女分かれて "突撃ラブハー!"
女子の部はイイね~ずっと聴いていたいね~と煽る!煽る!
女子も元気なダミ声で歌う、歌う。
ま、うちら(野郎共)も頑張ったけどナ!



アンコール

MC
歴代声優オールキャストによる寸劇が続きます。
詳細は...ネタバレなのでヒミツ。

そして暗転、しっとりピアノの演奏が始まります。
奏者は...菅野よう子さん!!嘘ぉっっっ!?
このライブ、実はリアルに夢なんじゃないか!?って思ってしまいました。

ちょっと!何で伏せてたのよ!
隠し玉にしては大物過ぎでしょう!?(嬉)
どれだけサプライズさせ好きなのよ?
完敗だよ!乾杯だよ!どうなってるのこのライブ、サイコーじゃん!

ドッグファイター
ランナー
もういちど Love you
ARKAN

菅野さんの伴奏で名曲の数々が続きます。

スポットライトに照らされて新居昭乃さん登場!
嘘、嘘ぉっっっ!?
VOICES
素敵でした!新居さんが歌われると一瞬で空気が変わります。

ピアノ間奏に戻って、不意に...
き~みはだれとキスをする~♪
坂本真綾さん!!嘘、嘘、嘘ぉっっっ!?
トライアングラー

ピアノ伴奏のトライアングラーは、真綾さんの歌唱が一層引き立ってました。
高い声を一瞬入れるとか、崩し方が自在で絶妙。感嘆しちゃいました。

連続コンボで既にライフはゼロ(笑)。
菅野さんに弄ばれるがままです。


ANGEL VOICE

菅野さんの手煽りに促され、
皆で Wow~ Wow~ Wow~ を合唱!


MC
速水奨さん、豊口めぐみさんが舞台に登場。
ボイス・ドラマは録音としても、来てくれてたんだ!

FIRE BOMBER
Burning Fire
ヴァージンストーリー

ゲームと FB7 から新曲 2 連発。
やっぱり 2 人揃ってこその FIRE BOMBER。


May'n & まめぐ
ライオン
"久し振りのライオンだね~♪" と喜ぶ二人の姿がほほえましい


dシュディスタb
初公開の振り付き!
仲良しなパフォーマンスが良かった。
曲最後の腕絡ませポーズとか、F ファンには感涙モノ。

8 月の札幌のイベント "きたまえ↑" でも
dシュディスタb 有るんじゃないかな... どかな!?



FIRE BOMBER & May'n & まめぐ

娘々FIRE 突撃プラネットエクスプロージョン

"F にあやかって CD を出させていただいて"
いやいや "FIRE BOMBER 新曲!しかも F とコラボ!" ですよ
の謙遜合戦が笑えました。

まめぐのピョンピョン跳ねて超楽しげな姿が印象的でした。


MC
豊口さん「ラストの曲になってしまいました。」
会場「エーッ!」
速水さん「みんな、ぜいたくだよ(笑)」


ランナー
夢の「ランナー」のクロスオーバーですよ!
奇しくも 7月12日の記事に "ランナーやってくれないかな" なんて書かせて頂いてたわけですが、
まさか!本当に演ってくれちゃいましたよ!?
ビックリ!

歌詞が、マクロスに、30 周年に相応しいよね~。


再度、フォールド空間を突き進む映像。
そこで驚きのキャラクターの、驚きの台詞が。
詳しくはヒミツですが。

今回のクロスオーバーライブで F が完結したんだなと思いました。
人を信じることと不安。
夢から覚めたくない気持ちと現実。
まさかこう仕立ててくるとは!


終演後の BGM は初代マクロス主題歌。
MC が特に促したわけでもないのに、自然に全員で合唱!

いや~みんな歌っちゃうでしょう、これだけ盛り上がらされちゃったら、ねぇ!


マクロス、最高!



【セットリスト】 ※敬称略
May'n & 南里侑香
「アイモ」

May'n (シェリル)
「ギラギラサマー(^ω^)ノ」
「ユニバーサル・バニー」
「リーベ~幻の光」
「ダイアモンドクレバス」
「禁断のエリクシア」
「射手座午後九時 Don't be late」

チエ・カジウラ (ミレーヌ)
「だけどベイビー!!」
「PLASTICS」
「PILLOW DREAM」
「GO」
「MY FRIENDS」

~ MC ~

千菅春香 (ミーナ)
「プラネット・クレイドル」

飯島真理 (ミンメイ)
「私の彼はパイロット」
「0-G Love」
「SUNSET BEACH」
「小白竜」
「天使の絵の具」
「愛・おぼえていますか」

~ MC ~

中島愛 (ランカ)
「放課後オーバーフロウ」
「虹いろクマクマ」
「蒼のエーテル」
「ホシキラ」
「星間飛行」

福山芳樹 (バサラ)
「PLANETDANCE」
「HOLY LONELY LIGHT」
「ANGEL VOICE」
「DYNAMITE EXPLOSION」
「突撃ラブハート」

~アンコール~

菅野よう子 <ピアノ伴奏>
「ドッグファイター」
「ランナー」
「もういちど Love you」
「ARKAN」

新居昭乃
「VOICES」

坂本真綾
「トライアングラー」

菅野よう子 <ピアノ伴奏>
「ANGEL VOICE」

~ MC ~

(速水奨、豊口めぐみ登壇)

FIRE BOMBER
「Burning Fire」
「ヴァージンストーリー」

May'n & 中島愛
「ライオン」
「dシュディスタb」

FIRE BOMBER & May'n & 中島愛
「娘々FIRE 突撃プラネットエクスプロージョン」

~ MC ~

飯島真理 & FIRE BOMBER & May'n & 中島愛
「ランナー」

(自然と皆で合唱)
「マクロス」

Posted on 2013/07/14 Sun. 11:41 [edit]

category: クロスオーバーライブ

thread: 超時空要塞マクロス  -  janre: 趣味・実用

tag: マクロス  クロスオーバーライブ30  レポート 
TB: 0    CM: 2

14

初ライ部 

初ライ部

May'n Special Concert 2013「MIC-A-MANIA」
行ってきました!

圧巻の 3時間、思い返してみます。
ライ部は初参加なので、勘違いもあるかもしれませんが、
お付き合い頂けると嬉しいです。

【開演前】
物販に並んでいる間、リハーサルの音が漏れ聴こえてました。
事前に曲が割れますが(笑)、驚いたのは長さ!
昼 12 時頃に並んだのですが、確か 4 時過ぎてもまだやってました。
入念。

入場。ステージには幕が掛かっています。
アリーナの中央にミニステージが。
花道は無く孤島状態。
登壇には席の合間の通路を通るしかない…近い!

イメージカラーである黒と紫のオフィシャル T シャツを着た人達が
会場のあちこちに居てどこを見ても見事なモザイク。


【スタート】
何の前触れもなく暗転!
ピアノイントロ→スポットライトに浮かび上がっての登場。
一曲目は、アオゾラ!
静かな聴かせるスタートにちょっと意表を突かれました。

二曲目は、幕が落とされてステージ奥まで見えたと思ったら…
バンドの後ろにストリング隊!更に後ろに男女歌唱隊がずらり!

どんだけ豪華なんだ…圧巻。曲は Jewels。
この曲はこのバンド構成じゃないと!って事ね~。至福。

強烈なインパクトの有るスタートでした。
今回、ダンサー無しでしたが、さもありなん。
イメージ揃わないし、踊る場所無いしね。

「コーラス部」は本ラスト曲の愛は降る星のごとくでも登場し、
重厚な音圧を加えてました。


【オン・ステージ】
私なりに印象に残った事をば。

バンドのサウンドが安定・クリアですね。
シンプルだけど強いオト。
May'n さんは歌声がクリアで歌詞カード要らずですが、ベストマッチ。
ダンスや表情に集中できる感じ。

Rock Your Beats でワールド・ツアーをやり遂げた May'n さん。
海外から来ているファンも居たようでビックリ。
ツアー名を冠した曲を初披露してくれましたが、
拳を突き上げて「Rock Your Beats!」とやるのは気持ちいいですね。

マクロス曲が思いの外、多かったです。6曲。
もう余り歌ってない位に思ってました。←妄想
アレンジせずにオリジナルに忠実だったのは意外で、嬉しい。
マクロス・モードで楽しみました。

物販のマフラータオルは必携と聞いていたのですが、XYZ, DOLCE で意味が判明。
理屈抜きにタオル振り楽しい。
行列に並ぶ甲斐もあるってものです。

そしてイマサラですが、May'n さんの歌唱力は本当に抜群ですね。
巧いのに魂を込めて歌う感じは最強。生なのにブレないブレない。

元気に走り回る感じ、ファイティングポーズ満載のフリ、
凝ったレーザー演出も相まって、格好いいステージでした。
部長~って何度叫んだ事か。

【アンコール】
手を振りながらアリーナの通路を歩いてくる May'n さん。
ミニステージはアンコール用!

ピアノをバックに恋を独唱。
続けて、ギターとバイオリンを加えて
「片想いの割と辛い曲が多い中、少しシアワセな恋の歌を」と
会えないときを披露。

May'n さん、バラードもいいなぁ。
ただ、若いパワフルイメージが押してるからもう数年後にまた聴く機会が有れば。
↑おっさん視点(笑)

ミニステージ 3 曲目はキミシニタモウコトナカレ、アコースティック版。
オリジナルとは全然違ったアレンジで新鮮。
ラストにいいね。皆で拍手しながら。


【アンコール2】
ベージュなロングドレスでの再登場。
これも妖艶の一つかな。

<<告知>>
アコースティックツアー開催決定!
新シングルのリリースが決定!
おめでとーっ!

<<メッセージ>>
レコーディングででき上がった曲も、リハーサルで仕上げた曲も、
みんなと一緒に歌って曲は完成するんだなと改めて思うし、
こうやってみんなが作ってくれるから、歌う事、ライブは本当に楽しい。
これからも一生懸命頑張る。

みんなも大切な時間だったと少しでも思って貰えたら嬉しい。
一緒に "歌って" いきましょう。

…な感じのメッセージだったかと。胸が熱く。


【エンディング】
メンバー紹介も終わった後は、照明フル点灯で
「みんなの顔を見せて、ありがとう!バイバイ!」コーナーが。
全座席エリアに丁寧にやるので時間は掛かるけど、
メッセージにファン想いが溢れてて温かい。
これはハマル。


【セットリスト】

(1) アオゾラ
(2) Jewels
(3) Welcome To My FanClub's Night! - Styles ver. -
(4) Scarlet Ballet
(5) Giant Step - May'n ver. -
- MC -
(6) アネモネ
(7) HERO
(8) Brain Driver
- MC -
(9) Rock Your Beats
(10) 禁断のエリクシア
- MC -
(11) もしも君が願うのなら
(12) (instrumental)
(13) ノーザンクロス
(14) 射手座午後9時 Don't be late
- MC -
(15) XYZ
(16) DOLCE
(17) パラノイア
- MC -
(18) my teens, my tears
(19) ライオン
- 発声練習 -
(20) Mr.Super Future Star
(21) Chase the world
- アンコール -
(22) 恋
(23) 会えないとき
(24) キミシニタモウコトナカレ
- アンコール再 -
(25) 愛は降る星のごとく
- メンバー紹介 -

※間違い有ったらご容赦を…


【May'n さんのライブに参戦しようと思ったワケ】

絶賛ランカ派の私にとってシェリルは当然、恋敵(笑)。

でも!シンガーとしてやっている 中島愛さんと May'n さんは
トライアングラーとはカンケーないんじゃないかと。

まめぐファンが May'n さんを聴いたらいけないなんて、
誰が決めたのかと…あ、自分自身か!

そういう感じでライ部に飛び込んでみました。
カンペキなパフォーマンス、見事な演出、ファン想いなMC!
最高のひとときでした。

気が向いたら、まめぐも聴いてみてね(笑) > May'n さんファン

記念撮影

Posted on 2013/03/03 Sun. 17:52 [edit]

category: May'n

thread: May'n  -  janre: 音楽

tag: May'n  MIC-A-MANIA  武道館  ライブ  レポート  セットリスト  感想  マフラータオル 
TB: 0    CM: 0

03

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。