FC2ブログ

05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

WALKの Web Page(2.0)

ご来訪ありがとうございます。 ここではわたくしWALKが、気の向くままにマクロスとプラモデルを主なテーマに日記のようなものを書いています。 ゆっくりのんびり充実させてゆこうと思っています。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

dots and lines 川崎公演に行ってきました 



May'n さんライ部 dots and lines に参加してきました!

ツアーの通称は「ドアラ」。名古屋に掛けたか(笑)
それにしても全国47都道府県のツアーって凄いよね・・・
今まで May'n さんのライ部に行けずにモヤモヤな思いをされていた方々は夢叶いますね!

私の地元神奈川での開催は川崎 CLUB CITTA'。しかもツアー初公演という栄誉!
ありがたや♪ありがたや♪

というわけで、役に立つか判りませんが、皆様へ還元。
まずは、ネタバレなしで、参加を決めている/迷っている方向け情報を。

その1
もう、とにかく、とにかく、選曲に大満足!
今回初めての県も多いからでしょうね、マクロスF シェリル曲がたっぷり。
大好きな人にはサイコーの一夜になると思います!
新アルバム NEW WORLD からもかなりの曲数を歌うから要チェキラ(当然?失礼しました)。


その2
物販はブレスレット型ライトとマフラータオルがオススメ。

今回、持込サイリウムは「ご遠慮ください」となっています。
光物が欲しい人はブレスレットを買いましょう。300円。
実際、サイリウム振ってる人は居ませんでしたね。みんなエライ。
平床に全員スタンディングだから皆が硬い棒を振りまくるととどうなるか・・・
という理由かと(推測)。

そして、マフラータオルは、D なんとかという曲でメッチャ活躍します。
実際のライ部の映像が一番判り易いんですが、ちょっと探した感じだとネットには無いですね。
まぁ、信じて買っておけ(笑)。


その3
ツアー封切り公演だったからか、会場は満員御礼でした。
私は目の前に背が高いヒトが立ってて、左右がブロックされて詰みました(笑)。
SOLD OUT の会場の場合は、ポジショニングには常にご注意あれ。


その4
前も同じ事言ったかもしれませんが、May'n さんの声域とパワーは圧倒的です。
それでさえ凄いのに、本気で魂込めて歌ってくるから心動かないヒトは居ないでしょう。
その込め方で最後まで持つの?って位。実際、持っちゃうんですけどね~(笑)。
頭では判っていてもステージが始まるといつも驚愕。


元気・癒し・哀しみ、色んなパワー貰いました。
楽しかった~。



では、ここからはネタバレエリア。閲覧にご注意を。



















<セットリスト>
01. ViViD
02. Run Real Run
03. Brain Driver
04. May'n☆Space
05. わたしのしるし
06. アオゾラ
07. ワイルドローズ
08. (dots and lines のテーマ Vo.付)
09. Welcome To My FanClub's Night!
10. What'bout my star?
11. インフィニティ
12. ユニバーサル・バニー
13. オベリスク
14. 射手座☆午後九時 Don't be late
  ※09 ~ 14 はメドレー
15. ダイアモンドクレバス
16. MOONWALKER
17. Dear YES><NO
18. Mr.Super Future Star
19. ノーザンクロス
20. Chase the world
21. 今日に恋色

アンコール
22. Lose My Illusions
23. DOLCE
24. ROCK YOUR BEATS
25. キミシニタモウコトナカレ


<ネタバレとか感想とか>
バンドは無し、ダンサー4名の編成でした。
ステージ奥には dots and lines のイメージマークがドーンとそびえ立ち。

曲中は勿論、オープニング、ダンスのシーン、dots and lines のテーマなどで、
緑のレーザーでさまざまな演出効果が見られます。必見!

最初の衣装はライトグレーのフード付きパーカー。
被って頭をまるっと覆ってうつむいて袖から歩いてくる、という意外な登場の仕方でした。
中はキラキラの白ランニングに黒ショートパンツ。

"今日初めて参加するヒト居る?" "不安?"
「ルールはありません、有るのはマナーだけです」
うまいっ(笑)。

アオゾラが印象的だった・・・
もともといい曲だけど、思い入り込ませて歌う感じ、
"風しかつかめない" での前に差し出す腕のしぐさとか、
両手でマイク持って歌ったり、そういう色々込みで
スペシャルなものを凄く感じました。
私だけかな…

セトリの「dots and lines のテーマ」は私が勝手に付けた名前ですので悪しからず。
最初がダンス&ミュージックなので、その間に May'n さんは
黒のノースリーブ/黄タイトスカートに衣装換え。
後半は May'n さんも加わって「dots and lines」と連呼する曲。

「本名デビューから 10 年。May'n として始められたのはマクロスF のお陰」
オリジナル曲、他のタイアップと同じくらいマクロスF も大切にしています、
というメッセージだよね、これは。
ファンとしては嬉しい♪
それを象徴するかのように、Welcome~ はマクロスF バージョンでした。

アンコールは 3 衣装目で登場。
dots and lines のロゴ/絵が入った左右白黒の T シャツに、縦セパレート柄の白黒短パン。

メンバー紹介はアンコールの後でした。
そして恒例の "みんな顔を見せて" コーナー。
ライブハウスだから客席に傾斜が無いので、"終わったらしゃがむ" 技でコンプリート。

余談ですが、終わってからの連れの皆様との飲み会が心地よかった~。
ビールが美味いw

スポンサーサイト

Posted on 2014/02/24 Mon. 10:23 [edit]

category: May'n

thread: May'n  -  janre: 音楽

tag: May'n  ライ部  マクロスF  DotsAndLines  ライブツアー2014  川崎  クラブチッタ  セットリスト 
TB: 0    CM: 0

24

道民のツバサ ~ 札幌☆マンガ・アニメフェスティバル「きたまえ↑」に行ってきました 

道民のツバサ

札幌 芸術の森で開催されたマンガ・アニメフェスティバル
「きたまえ↑」に行ってきました。レポートします。

はるばる北海道へ飛んだお目当ては勿論、まめぐこと中島愛さんと May'n さん!
例によってお二人のパートに絞って書きます。
(他のアーティストさんのファンの方、ごめんなさい)

まめぐセットリスト
1. TRY UNITE!
2. 放課後オーバーフロウ
3. Hello!
4. ありがとう
5. 風色のフィルム
6. そんなこと裏のまた裏話でしょ?
7. 星間飛行

May'n さんセットリスト
1. Run Real Run
2. Chase the world
3. ワイルドローズ
4. ダイアモンドクレバス
5. キミシニタモウコトナカレ
6. ギラギラサマー
7. ViViD

それぞれ 7 曲、14 曲も! ← そういう数え方するな(笑)

マクロス曲もしっかり演ってくれました。
出演者を適度に絞っているからこそ、ですね。
行った甲斐有ったヨ(涙)・・・
Good JOB、きたまえ!


【出撃】
当日朝は、写真のように抜けるような快晴でした。関東では。

それが飛ぶにつれてミルミル天気が崩れてきて・・・
新千歳空港に着陸する頃には本降り!
シャレになっとらん・・・
「公演中止」の 4 文字が頭に浮かびますが、振り払いながら会場へ向かいます。

結局、椅子席は屋根付きで雨に濡れずに見れる事が判ったのですが、
北海道の夏は短い!最低気温は 15 度位の予報。
夜は野外席の方々は寒いんじゃ・・・僭越ながら心配に。


【開宴】
野外席は合羽や傘の方々でずらっと埋まり、屋台やグッズのテントもそこそこ盛況。
川田まみさんを 1 番手に無事、スタートしました。

呼ばれたアーチストの方々はさすが、MC やコールで沸かせて会場を温めていきます。
観客席も熱いレスポンスで応酬。
心配なぞ無用な盛り上がりです。
司会の男性(地元 FM 局のアナウンサー)が S.M.S. クルーのコスプレなのはマクロスフラグ?
妄想が膨らみます。


【公式バンド】
ちょっと先回りすると、今回は、まめぐも May'n さんも "いつものバンド" での出演。
機材入れ替えと念入りなチューニングが行われるので、間延び感はハンパないですが(笑)、
公式バンドの音はやっぱり違いますよ。
May'n さんはもちろん、ダンサー有りでした。


【まめぐのターン!】
黒田氏(Guitar)、坂本氏(Bass)、宮田氏(Drums)、西脇氏(Key&バンドマスター)が
スタンバイを終えた合図を送りあうと、スクリーンのカウントダウンがスタート!

落ち着いたイントロは・・・TRY UNITE!
まめぐ登場!

「きたまえ!盛り上がって行けんのッ!?」と、異例のハイテンション。

衣装は、水色のワンピースドレスに細かいカラフルな刺繍が。(まめぐめも参照)
お日様の下やホールだったら爽やかで可愛らしい感じになりそうな服ですが、
夜のライティングだと絶妙にムーディさが加わって更に良い感じでした!
黄色のラインがアクセントで、背中なぞは T 字になってて奥を向いた時も飽きさせない!

続けての曲は放課後オーバーフロウ
マクロス曲キターーーーー!
会場は更に一段ボルテージが上昇!

MC。
「札幌は久し振りなんです!」
「おかえりー」
暖かい一幕ありの挨拶の後、バンド紹介。

続けて Hello!
(私含め野郎的に)盛り上がるレスポンスに対して、
まめぐのコールが会場を優しく促す感じで、いい感覚。

そして、ありがとう
最新曲にして最高曲。この曲に言葉は不要です・・・。
溢れんばかりの感動に包まれました。

MC。
バラード曲だったので、体が冷えないか気遣うまめぐ。

たまゆら続きで風色のフィルム。ライブ初披露!

聴けた~!来て良かった~!生歌幸せ~。


MC。
「出だしのテンションはいつも(単独ライブ)とはちょっと違う感じでしたね」と言いつつも、
「もっと盛り上がれるか~!」のコールを 2 発。
ラストにまっしぐら。

そんなこと裏のまた裏話でしょ?
会場全体でコシ!コシ!コシ!

締めはやっぱり、星間飛行
会場のそこここで振り付けを踊っている人達。いい雰囲気♪
キラッ!もバッチリ合ってました。


【May'nさんのターン!】
ライブのラストを飾るのは May'n さん。

オープニングは Run Real RunChase the world を立て続けに熱唱。
この時だけは、雨が上がっていました。
何て凄い天気運!?

ワイルドローズをしっとりと歌い上げます。
今回はなかったけど、アオゾラといい、最近 May'n さんのバラードが熱い。

そんな事を思いつつ…

そ!し!て!

ダイアモンドクレバス

本当に素晴らしい歌唱でした。
ミシェルの最期のシーンまで鮮明に思い出しましたよ。
これが生ダイクレか・・・。
ライ部のダイクレは凄い、とは聞き及んでいましたが、惹き込まれました。

ここからは怒涛の全開!
キミシニタモウコトナカレギラギラサマー、と続き、
ViViD でボルテージ最高潮に達し、大満足のうちに、終演しました。



【終演後】
地元の方と一緒に、帰路に着きました。
飛び出して来るのは、素晴らしかった!という話しばかり。
(車で空港まで迎えに来てくださって、本当に感謝です。
くまお99様、有難うございました)

スパでゆっくり体を流して、夜遅くまでライブの話しやらマクロスやら、
沢山語り合って夜も更けていったのでした。

ライオンが無かったのは、きっと何か難しい理由が有るんだろうなぁ・・・。


【感想】
今回は席が良く、目の前でまめぐと May'n さんを見れて気絶しそうでした。
史上最至近!

近いと時々、目が合うんです。

まめぐの退場時の「ありがと~」って振り返ってのスマイルとか、
May'n さんのダイクレで「あなたに出会い」のトコロとか、
絶対に私に言ってくれてましたよ。

・・・完全に妄想でしょうけど(笑)。


そして、野外ライブはホールとはまた違ってそれもいい雰囲気でした。
自然に囲まれて、空の下で。

来年とか、次回が有れば、また行きたい!
きたまえ実行委さん!
アンケートは出しそびれてしまいましたが、
絶対また、まめぐと May'n さんを呼んでくださいね!

雨を吹き飛ばす盛り上がりでしたが、
晴れた日のきたまえ、いいだろうな~。観たいです!


【追伸】
キンブレの調子が悪く、肝心の星間飛行で緑が灯かない!という緊急事態が。
あぁ~何やってんだか orz
次回からは乾電池はプラス一式、念のためキンブレもスペア用意した方がいいですね。

お隣の席が、twitter でフォローさせて頂いている方で奇遇過ぎた!
ご親切にスペアを貸して頂きました。フェデー様、ありがとうございました。


Posted on 2013/09/01 Sun. 23:59 [edit]

category: ライブ

thread: ライブレポート  -  janre: 音楽

tag: きたまえ↑  札幌  エア・ドゥ  中島愛  May'n  マクロス 
TB: 0    CM: 2

01

アニジェネ ~anison generation 行ってきました 

アニジェネ

行ってきました!

まめぐ良かったよ~。レポートします。

のっけは琴浦さん(そんなこと裏のまた裏話でしょ?)でブースト!
この曲、コール箇所一杯有るからいいよね。
衣装は、白いショートドレスに
上半身がアニジェネの虹色イメージカラーをちりばめた感じ。


そしてカップリング曲「Mamegu A Go! Go!
意外な選曲!やった~!初生だよ!

ホーンセクションは BLUFF Horns。
このライブ唯一のコラボだったんじゃないかなぁ。
西脇氏(チャッピー大先生)繋がり!?

曲が始まる前のメンバー紹介で、西脇氏が延々と演奏してまめぐが止める一幕も。
まめぐの単独ライブの雰囲気がちょっと出ててニヤリ。


締めはたまゆら~もあぐれっしぶから「ありがとう
発売直後だけど生で堪能!勿論フルバージョン。
幸せだ~。


最後は、終演オールキャスト登壇にて再登場。
目が覚める程可愛かった!

上半身は、出演者全員そうなのですが、黒いアニジェネ T シャツ。
でも、ラベンダーのスカート、アップにした髪がもう理性破壊的なカワユサ。
オレは曲を聴きに来たんだ!って自分に言い聞かせても無駄な抵抗でした。


以上、5 時間に渡るライブのレポート終わり(笑)。



アニソンに特化したライブは初めてだったのですが、
フレーズを知っている曲が幾つか、半分以上が知らない曲という、超アウェイ状態。
大半をじっとおとなしく聴いてました。

でもこうなる事は最初から予想できてた事だから問題なし!
まめぐと May'n さんの時はガンガン盛り上がっちゃいました。
誰のファンか判り易かっただろうなぁ(笑)。


そんな感じだった事もあり、セトリ紹介はお二人だけで。
全セットリストはさすがに判りません。


リトルブルーボックス (Opening Act)

川田まみ

富永TOMMY弘明 with BLUFF

ALTIMA

玉置成実

The Sketchbook

春名るな

FLOW

まめぐ
(1) そんなこと裏のまた裏話でしょ?
(2) Mamegu A Go! Go!
(3) ありがとう

栗林みな実

<電波諜報局出張版>

KOTOKO

May'n
(1) Mr.Super Future Star
(2) アオゾラ
(3) Scarlet Ballet
(4) ViViD



16 時から始まってほぼ 5 時間!たっぷり楽しみました。

ダンスも演技も歌唱も凄いアーティストばかり。
声の力強さとか声域、ダンスのキレとか、盛り上げ方とか
アーチストによって、それぞれでモンスター級ですね!

初の生パフォーマンスでちょっと興味が出たアーチストも。

そんな競演の中でも、やっぱり自分が好きなのは
まめぐと May'n さんだなと思ったのはファンの贔屓目かな(笑)。
心になにか投げ込まれる感じがね。
オンリーワンです。


May'n さん含めて、マクロス曲が一曲も無かったのは、
或る意味、敗戦のレベルですが、まぁそれは覚悟の上よ(あれ涙が)



そして、アニソンってバラエティに富んでますね~。
作品に寄り添っているか、音楽単品で引っ張るか。
ノリノリかしっとりか、独自世界か。
アーチストとしての方向性も有るんだろうなぁ。

「アニソンって何だろう」と思いを馳せたりもした一夜でした。


DSC_1606

アニジェネ

アニジェネ スポンサー展示

Posted on 2013/08/10 Sat. 11:57 [edit]

category: 歌姫・歌麿オリジナル曲

thread: ライブレポート  -  janre: 音楽

tag: アニジェネ  ライブ  レポート  中島愛  May'n 
TB: 0    CM: 0

10

初ライ部 

初ライ部

May'n Special Concert 2013「MIC-A-MANIA」
行ってきました!

圧巻の 3時間、思い返してみます。
ライ部は初参加なので、勘違いもあるかもしれませんが、
お付き合い頂けると嬉しいです。

【開演前】
物販に並んでいる間、リハーサルの音が漏れ聴こえてました。
事前に曲が割れますが(笑)、驚いたのは長さ!
昼 12 時頃に並んだのですが、確か 4 時過ぎてもまだやってました。
入念。

入場。ステージには幕が掛かっています。
アリーナの中央にミニステージが。
花道は無く孤島状態。
登壇には席の合間の通路を通るしかない…近い!

イメージカラーである黒と紫のオフィシャル T シャツを着た人達が
会場のあちこちに居てどこを見ても見事なモザイク。


【スタート】
何の前触れもなく暗転!
ピアノイントロ→スポットライトに浮かび上がっての登場。
一曲目は、アオゾラ!
静かな聴かせるスタートにちょっと意表を突かれました。

二曲目は、幕が落とされてステージ奥まで見えたと思ったら…
バンドの後ろにストリング隊!更に後ろに男女歌唱隊がずらり!

どんだけ豪華なんだ…圧巻。曲は Jewels。
この曲はこのバンド構成じゃないと!って事ね~。至福。

強烈なインパクトの有るスタートでした。
今回、ダンサー無しでしたが、さもありなん。
イメージ揃わないし、踊る場所無いしね。

「コーラス部」は本ラスト曲の愛は降る星のごとくでも登場し、
重厚な音圧を加えてました。


【オン・ステージ】
私なりに印象に残った事をば。

バンドのサウンドが安定・クリアですね。
シンプルだけど強いオト。
May'n さんは歌声がクリアで歌詞カード要らずですが、ベストマッチ。
ダンスや表情に集中できる感じ。

Rock Your Beats でワールド・ツアーをやり遂げた May'n さん。
海外から来ているファンも居たようでビックリ。
ツアー名を冠した曲を初披露してくれましたが、
拳を突き上げて「Rock Your Beats!」とやるのは気持ちいいですね。

マクロス曲が思いの外、多かったです。6曲。
もう余り歌ってない位に思ってました。←妄想
アレンジせずにオリジナルに忠実だったのは意外で、嬉しい。
マクロス・モードで楽しみました。

物販のマフラータオルは必携と聞いていたのですが、XYZ, DOLCE で意味が判明。
理屈抜きにタオル振り楽しい。
行列に並ぶ甲斐もあるってものです。

そしてイマサラですが、May'n さんの歌唱力は本当に抜群ですね。
巧いのに魂を込めて歌う感じは最強。生なのにブレないブレない。

元気に走り回る感じ、ファイティングポーズ満載のフリ、
凝ったレーザー演出も相まって、格好いいステージでした。
部長~って何度叫んだ事か。

【アンコール】
手を振りながらアリーナの通路を歩いてくる May'n さん。
ミニステージはアンコール用!

ピアノをバックに恋を独唱。
続けて、ギターとバイオリンを加えて
「片想いの割と辛い曲が多い中、少しシアワセな恋の歌を」と
会えないときを披露。

May'n さん、バラードもいいなぁ。
ただ、若いパワフルイメージが押してるからもう数年後にまた聴く機会が有れば。
↑おっさん視点(笑)

ミニステージ 3 曲目はキミシニタモウコトナカレ、アコースティック版。
オリジナルとは全然違ったアレンジで新鮮。
ラストにいいね。皆で拍手しながら。


【アンコール2】
ベージュなロングドレスでの再登場。
これも妖艶の一つかな。

<<告知>>
アコースティックツアー開催決定!
新シングルのリリースが決定!
おめでとーっ!

<<メッセージ>>
レコーディングででき上がった曲も、リハーサルで仕上げた曲も、
みんなと一緒に歌って曲は完成するんだなと改めて思うし、
こうやってみんなが作ってくれるから、歌う事、ライブは本当に楽しい。
これからも一生懸命頑張る。

みんなも大切な時間だったと少しでも思って貰えたら嬉しい。
一緒に "歌って" いきましょう。

…な感じのメッセージだったかと。胸が熱く。


【エンディング】
メンバー紹介も終わった後は、照明フル点灯で
「みんなの顔を見せて、ありがとう!バイバイ!」コーナーが。
全座席エリアに丁寧にやるので時間は掛かるけど、
メッセージにファン想いが溢れてて温かい。
これはハマル。


【セットリスト】

(1) アオゾラ
(2) Jewels
(3) Welcome To My FanClub's Night! - Styles ver. -
(4) Scarlet Ballet
(5) Giant Step - May'n ver. -
- MC -
(6) アネモネ
(7) HERO
(8) Brain Driver
- MC -
(9) Rock Your Beats
(10) 禁断のエリクシア
- MC -
(11) もしも君が願うのなら
(12) (instrumental)
(13) ノーザンクロス
(14) 射手座午後9時 Don't be late
- MC -
(15) XYZ
(16) DOLCE
(17) パラノイア
- MC -
(18) my teens, my tears
(19) ライオン
- 発声練習 -
(20) Mr.Super Future Star
(21) Chase the world
- アンコール -
(22) 恋
(23) 会えないとき
(24) キミシニタモウコトナカレ
- アンコール再 -
(25) 愛は降る星のごとく
- メンバー紹介 -

※間違い有ったらご容赦を…


【May'n さんのライブに参戦しようと思ったワケ】

絶賛ランカ派の私にとってシェリルは当然、恋敵(笑)。

でも!シンガーとしてやっている 中島愛さんと May'n さんは
トライアングラーとはカンケーないんじゃないかと。

まめぐファンが May'n さんを聴いたらいけないなんて、
誰が決めたのかと…あ、自分自身か!

そういう感じでライ部に飛び込んでみました。
カンペキなパフォーマンス、見事な演出、ファン想いなMC!
最高のひとときでした。

気が向いたら、まめぐも聴いてみてね(笑) > May'n さんファン

記念撮影

Posted on 2013/03/03 Sun. 17:52 [edit]

category: May'n

thread: May'n  -  janre: 音楽

tag: May'n  MIC-A-MANIA  武道館  ライブ  レポート  セットリスト  感想  マフラータオル 
TB: 0    CM: 0

03

俺の翼 

俺の翼

アルト、ごめん。
俺、君の気持ちが今判ったよ(笑)

何が撮りたいのか判らなくなっちゃった事が、テーマです(笑)



マクロスのいちファンとして、しこたま語ることが有るシアワセな今日この頃ですが、
今日は May'n さんのブドーカンライブ!
ロックオンです。楽しんで参ります。

Posted on 2013/03/02 Sat. 07:37 [edit]

category: 日記的トピック

thread: マクロスF(フロンティア)  -  janre: アニメ・コミック

tag: May'n  MIC-A-MANIA  武道館  マクロス30  銀河を繋ぐ歌声  千菅春香  VFモデリングマニュアル  中島愛 
TB: 0    CM: 4

02

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。