09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

WALKの Web Page(2.0)

ご来訪ありがとうございます。 ここではわたくしWALKが、気の向くままにマクロスとプラモデルを主なテーマに日記のようなものを書いています。 ゆっくりのんびり充実させてゆこうと思っています。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

アニジェネ ~anison generation 行ってきました 

アニジェネ

行ってきました!

まめぐ良かったよ~。レポートします。

のっけは琴浦さん(そんなこと裏のまた裏話でしょ?)でブースト!
この曲、コール箇所一杯有るからいいよね。
衣装は、白いショートドレスに
上半身がアニジェネの虹色イメージカラーをちりばめた感じ。


そしてカップリング曲「Mamegu A Go! Go!
意外な選曲!やった~!初生だよ!

ホーンセクションは BLUFF Horns。
このライブ唯一のコラボだったんじゃないかなぁ。
西脇氏(チャッピー大先生)繋がり!?

曲が始まる前のメンバー紹介で、西脇氏が延々と演奏してまめぐが止める一幕も。
まめぐの単独ライブの雰囲気がちょっと出ててニヤリ。


締めはたまゆら~もあぐれっしぶから「ありがとう
発売直後だけど生で堪能!勿論フルバージョン。
幸せだ~。


最後は、終演オールキャスト登壇にて再登場。
目が覚める程可愛かった!

上半身は、出演者全員そうなのですが、黒いアニジェネ T シャツ。
でも、ラベンダーのスカート、アップにした髪がもう理性破壊的なカワユサ。
オレは曲を聴きに来たんだ!って自分に言い聞かせても無駄な抵抗でした。


以上、5 時間に渡るライブのレポート終わり(笑)。



アニソンに特化したライブは初めてだったのですが、
フレーズを知っている曲が幾つか、半分以上が知らない曲という、超アウェイ状態。
大半をじっとおとなしく聴いてました。

でもこうなる事は最初から予想できてた事だから問題なし!
まめぐと May'n さんの時はガンガン盛り上がっちゃいました。
誰のファンか判り易かっただろうなぁ(笑)。


そんな感じだった事もあり、セトリ紹介はお二人だけで。
全セットリストはさすがに判りません。


リトルブルーボックス (Opening Act)

川田まみ

富永TOMMY弘明 with BLUFF

ALTIMA

玉置成実

The Sketchbook

春名るな

FLOW

まめぐ
(1) そんなこと裏のまた裏話でしょ?
(2) Mamegu A Go! Go!
(3) ありがとう

栗林みな実

<電波諜報局出張版>

KOTOKO

May'n
(1) Mr.Super Future Star
(2) アオゾラ
(3) Scarlet Ballet
(4) ViViD



16 時から始まってほぼ 5 時間!たっぷり楽しみました。

ダンスも演技も歌唱も凄いアーティストばかり。
声の力強さとか声域、ダンスのキレとか、盛り上げ方とか
アーチストによって、それぞれでモンスター級ですね!

初の生パフォーマンスでちょっと興味が出たアーチストも。

そんな競演の中でも、やっぱり自分が好きなのは
まめぐと May'n さんだなと思ったのはファンの贔屓目かな(笑)。
心になにか投げ込まれる感じがね。
オンリーワンです。


May'n さん含めて、マクロス曲が一曲も無かったのは、
或る意味、敗戦のレベルですが、まぁそれは覚悟の上よ(あれ涙が)



そして、アニソンってバラエティに富んでますね~。
作品に寄り添っているか、音楽単品で引っ張るか。
ノリノリかしっとりか、独自世界か。
アーチストとしての方向性も有るんだろうなぁ。

「アニソンって何だろう」と思いを馳せたりもした一夜でした。


DSC_1606

アニジェネ

アニジェネ スポンサー展示
スポンサーサイト

Posted on 2013/08/10 Sat. 11:57 [edit]

category: 歌姫・歌麿オリジナル曲

thread: ライブレポート  -  janre: 音楽

tag: アニジェネ  ライブ  レポート  中島愛  May'n 
TB: 0    CM: 0

10

新居昭乃さんライブレポ 

鉛筆

新居昭乃さん 弾き語り LIVE (world) TOUR 2013 "Little Piano vol.4"
に行ってきました。

【セットリスト】
( 1) Roundabout Drive
( 2) ターミナル
( 3) ハロー、ハロー
( 4) 花のかたち
( 5) Monday,Tuesday
( 6) バニラ
( 7) 月のうまれる夜
( 8) Keep a Light Burning (KARAKカバー)
( 9) Our Children's Rain Song
(10) At Eden
(11) アトムの光
(12) Unknown Vision
(13) 音叉
(14) OMATSURI
(15) 願い事
(16) WANNA BE AN ANGEL
(17) Tune
- アンコール -
(18) 覚醒都市
(19) 三日月の寝台
(20) リインカーネーション
(21) 虹

【感想】
初めての新居さんのライブでしたが、とっても楽しめました。

新居さんの曲を生で聴いてみたい!という気持ちが強かったのと
元々ピアノ曲が好きだったので、今回のライブは私にぴったりでした。

2009 年のマクロス・クロスオーバーライブの MC で、
「Little Piano というツアーをやります、良かったら来てみてください」
の言葉が心のどこかに眠っていたみたいです。
4 年後とは時間掛かり過ぎですけど(笑)。

今!目の前でご本人が歌ってくれてる迫力、
周りは新居さんのファンばかりという空気は、ならではです。

生で「虹」が聴けた事がとっても嬉しかったです。
マクロス的には WANNA BE AN ANGEL も、
一昨日最終回だったまおゆうの ED テーマ Unknow Vision も聴けました。

自分でも何故か解らないけどとても気に入っている OMATSURI も!

初めてなりに、印象に残ったライブの模様をツラツラと書いてみます。

アコースティック・ギターの弾き語り、
会場のリクエストで曲を決める「なるべくがんばってみる」コーナーも有りました。

インフルエンザで公演を飛ばしてしまって申し訳なかった話、
保刈氏との出会いの話、香港ツアーのオフのハプニングの話、
デビューからライブを始めるまで遅かったが、今はすっかり音楽活動の中に入って
いるといった話…興味深かったです。

そして、曲と共に映される映像がステキでした。
手書きイラスト、動物、大自然、星空、スクリーンセーバー風、街の風景…
新居さんの曲は聴いていると映像が浮かんでくるものばかりですが、
ライブで映される映像は、その遥か上を行くトリップ感満載のものでした。

ありがとうございます、ごめんなさい、えーと、といった物腰も印象的。
優しさもいい雰囲気を醸していましたね。


終わりに
アルバム・ツアーではないし、まだまだ入門者なので、
知らない(知らなかった)曲も沢山有りましたが、
どれも新居さんらしい、いい曲なので楽しめました。
大満足。また行きたいな。
さぁ、持ってないアルバム、次どれ買おうか♪

Posted on 2013/03/31 Sun. 08:28 [edit]

category: 歌姫・歌麿オリジナル曲

thread: 新居昭乃  -  janre: 音楽

tag: 新居昭乃  ライブ  LittlePianoVol.4  写真  鉛筆  散歩 
TB: 0    CM: 0

31

Little Piano vol.4 

Little Piano vol.4

新居昭乃さん 弾き語り LIVE (world) TOUR 2013 "Little Piano vol.4"

明日、3月30日(土)は横浜赤レンガ倉庫での公演があります。
行って来ます。
新居さんのライブは初めてです。
楽しみ。




マクロス30 2周目「8-1 伝説のエースパイロット」プレイ中~

早いものでもう、また、マディス氷河です。
迷ったり散策したりしないから、2周目は早いですね。感覚的に。

レベル3 までフルチューンした VF-0 は無敵。
ヘタにレベル2 の VF-2x より強いかも。
艦船も敵機もバタバタ墜ちていきます。
Type B の操作にも慣れてきたし、いい感じにオラオラしてます。

Posted on 2013/03/29 Fri. 09:41 [edit]

category: 歌姫・歌麿オリジナル曲

thread: 新居昭乃  -  janre: 音楽

tag: 鍵盤  ピアノ  新居昭乃  ライブ  LittlePianoVol.4 
TB: 0    CM: 0

29

Sparkling Days 

Sparkling Days

マクロス・ザ・ミュージカルチャーで、主役さくらクロフォードを演じた
吉井香奈恵さんのソロ歌唱曲が発表されています!

吉井さんが所属するユニット 9nine(ナイン) のニューアルバム CUE は
これまでのヒット・シングルを始め、ヒャダインこと前山田健一さん、
tofubeats といった新鋭作家の書き下ろし曲も収録。

それも本当にスゴイけど、私には、6 曲目 Sparkling Days がビッグ・ニュース。
遂に、吉井さんのソロ歌唱曲です。

iTunes Store で早速購入。

幸せな曲です。バラードです。力強い。

歌詞はこちら
試聴はこちら

「大切な人を想って聴いてほしいです。」
「この曲は7つくらい歌詞を書いてもらって、一緒に選ばせていただきました。
 家族、恋人、友達…それぞれの大切な人を想える曲にしたくて、この歌詞です。」


奇しくも、マクロス30 でも「大切な人を思い浮かべてください」と
ミーナが言うシーンが何度も有ります。
偶然にしては出来過ぎな一致。

歌の気持ちは、バーチャルもリアルも一緒ですね。
聴いていると、翻って、さくらを思い出しました。


追伸
何故 VF-25G ?
9(ナイン)と言えば、マクロスF 第9話は「フレンドリー・ファイア」でしたから(笑)

Posted on 2013/03/18 Mon. 08:46 [edit]

category: 歌姫・歌麿オリジナル曲

thread: 音楽  -  janre: 音楽

tag: 9nine  吉井香奈恵  マクロス・ザ・ミュージカルチャー  SparklingDays  VF-25G 
TB: 0    CM: 0

18

TAKE A PICTURE AGAINST THE LIGHT 

TAKE A PICTURE AGAINST THE LIGHT

飯島真理さんの新アルバムが届きました。

一周聴いての感想は、ポップ!
初回なのにノリ易い、耳当たり良いサウンドになっています。
私の飯島さんのイメージはこんな感じ!とポンと手を打ちたくなるような。
最近の方向性からの位置付けとか音楽的にどうなのかとかは…判りません(笑)!

スジがいい感じ、前向きな気持ちになれる感じ、懐かしい感じ。
掛けっ放しが気持ち良いです。
声が昔とは違うとか歌詞が微妙に意味が判らないとかは置いて(笑)、
サウンドをまるっと楽しむと普通に心に入ってきました。

私のような、初期のアルバムを少々聴いていて、ブランクはあるけど
今も飯島真理さんの事が気になるとか言う「ゆるファン」にはツボでは。



!情報!
今週日曜2月10日はワンダーフェスティバル2013[冬]。
マクロス関連を出品されるディーラー様のリストを作っています。
1日では回り切れない程の立体造形の世界最大イベントに貴方もダイブ。

HTML版

Excel版

Posted on 2013/02/07 Thu. 08:46 [edit]

category: 歌姫・歌麿オリジナル曲

thread: 女性アーティスト  -  janre: 音楽

tag: 飯島真理  アルバム  TakeAPictureAgainstTheLight 
TB: 0    CM: 0

07

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。