02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 03

WALKの Web Page(2.0)

ご来訪ありがとうございます。 ここではわたくしWALKが、気の向くままにマクロスとプラモデルを主なテーマに日記のようなものを書いています。 ゆっくりのんびり充実させてゆこうと思っています。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

ありがとう、ありがとう(中島愛 ファイナル・ライブ THANK YOU レポ) 

まめぐこと中島愛さん最後のライブに行ってきました!

Megumi Nakajima FINAL LIVE「THANK YOU」@日本青年館




まめぐさんは今月一杯で歌手としての活動を休止されるので、
これが最後のステージです。
見届ける事ができたのは本当に幸せでした。
今までいい歌声を本当にありがとう!

当日は一日中雨。気温も低くあいにくの天気でしたが、
会場は開演前からファンの熱気に溢れていました。



ロビーには公演祝いの花がずらり。
作品やスポンサーなどの関係者、ファン有志による数々の花は
それぞれに想いが込められていて見応えが有りました。
開演時間まで時間が短かったのが心残りです。



ライブ本編は、最新アルバムから次々とナンバーが披露され、
アルバム・ツアー的な雰囲気も感じさせる落ち着いた展開。

ベスト盤的な選曲はしないだろうとは思っていましたが、
さすがはまめぐさん。高いぜ。

ただ、みんなのノリはいつもに増して熱かった!
曲のコール&レスポンス、MC の返事など、みんな相当に
活き活きしてたんじゃないですかね!?


まめぐさんのパフォーマンスも安心の美声。
時折、涙ぐむ瞬間も有りましたが、それはファイナル・ライブならでは。
ステージを左右一杯に使っての煽りも楽しかったです。

今回、かなり前列の良席ながらも端だった為、
PA スピーカーでステージが一部見切れてしまう状態。
ですが、ちゃんと近くまで来てくれました♪



【セットリスト】
01. 愛の重力
02. Carry Out!
MC
03. TRY UNITE!
04. そんなこと裏のまた裏話でしょ?
05. ありがとう
MC
06. 星空
07. 素直
08. あの日の海
09. Wish
MC
10. 空色ラブレター
11. white heart rhythm
12. 好キッス!KISS!!
13. Megu2 Magic
※10~13 はメドレー
14. Hello!
15. Shining on
16. ノスタルジア
17. 天使になりたい

アンコール
18. 放課後オーバーフロウ
19. 星間飛行
MC
20. Songbird
21. 金色~君を好きになってよかった
MC

アンコール2
とうめいにんげん


【ライブレポート!(長文)】
ライブなんて実際に会場に行って体感しないと文章で伝える事は不可能なものですが、
自分自身含め、会場に居た方が後日思い返せるように、また、
参加したくてもどうしても無理な事情が有った方の為に
ちょっとは役に立つかもしれないと信じてレポ、書いてみますよ~!


開演前の BGM 曲はセリーヌ・ディオンでした。敢えて超メジャー曲で来たか~。

暗転、前奏スタート!

次第に高まっていくストリングのトリル音にハープが重なり、
森のざわめきのような音の高まりを抜けると・・・

01. 愛の重力

最新アルバム 1 曲目キター!

まめぐさん登場!ピンクのドレス。
パフスリーブの肩口に白手袋、ポニーテール、ピンクのエナメル帯、
シルバーにラメがいっぱい入ったヒール…カンペキなまでにお姫様!

ステージレイアウトは、左からギター(黒田晃年氏)、キーボード(西脇辰弥氏)、
まめぐさん、ドラム(佐野康夫氏)、ベース(坂本竜太氏)

ステージ中央に階段が設けられ、上には U 字に垂れた白布が 5 つ下げられ、
ネックレスのようなキラキラ光る細い紐がまとう。実に清楚なイメージ!

間奏のチョッパーベースとドラムがビシビシ来て格好良かった!


02. Carry Out!

アルバムの曲順ですね。

この曲、ブリッジがとても静かな感じですが、
そこに入る前、シーッと口に指を当てる仕草に何だかスゲー燃えました。
オトナ。


MC
「幸せな一日だったと思えるライブにしたい」


03. TRY UNITE!

照明が青く落ち、客席のサイリウムも青一色!
海の底に居るかのような演出!キレイ!


04. そんなこと裏のまた裏話でしょ?

2 番で席に近いサイド(右)に来て盛り上げてくれました!
近い・・・!


05. ありがとう

4 回繰り返しのありがとうが、ひとつひとつ違っててハッとしました。
どういう気持ちが込められているのか・・・


MC

衣装を良く見ると全体がピンクのようでブルー、イエロー、ホワイトが
絶妙に混じった柄。

この衣装、5 歳の頃、お母さんに買って貰った「きせかえセット」がモデル。
壁の前に立って写真撮って貰うのが楽しみだった、とか。
その頃のイメージ、まめぐさんの原点を元に作って貰ったとの事。

去年は「ありがとう」「こと裏」という凄い振り幅のある 2 曲を
歌っていたが、両方共中島愛なんだと気付いた。
それでアルバムも隣同士に並べたんです、と。

"ゆったりしたコーナー" 開幕の為、全員着席。


06. 星空

"たまゆらの楽曲を聴いて欲しいと思います。西脇氏作曲" の紹介で
曲スタート。


07. 素直

"私もこんなふうに正直でいられたら" という意味深な前置きでスタート。

オレンジのサイド光がまるで夕陽のようで美しい曲を更に引き立てていました。


08. あの日の海

西脇氏のハーモニカ神。雰囲気を加えててグッ!


09. Wish

"みんな、一緒に熱くなってくれる?"


MC
"みんなのペンライトが星みたいだね"

「ちょっと懐かしい曲、ライブで演れなかった曲をメドレーにしちゃったんだぞ~」
(大歓声)


10. 空色ラブレター

ワイプ手振りが会場の一体感を高める!


11. white heart rhythm

ネットに聞きたいなって書き込み有ったけど…ホントに来た!


12. 好キッス!KISS!!

懐かしいって程古くは無いけど、今日聴けるとは


13. Megu2 Magic

"みんな~いきますよぉ~!" "Yeaaaah!"


14. Hello!

もっともっと!と左右に駆け回って煽る、
間奏では 2階にもコールを掛ける!


15. Shining on

曲の途中でバンドメンバー紹介!
佐野康夫氏ってあややのサポートだった方ですよね。
どんだけ!


16. ノスタルジア

"宝物の日々を" の歌詞が激しく心に響きます。


17. 天使になりたい

"最後に私のデビュー曲を聴いてください!"

歓声に包まれて始まったものの、
最初の 1 フレーズで涙ぐむまめぐさん。
途中で何度か声が変わってしまう。
こういう状態のまめぐさんは初めて見ました。
やっぱりデビュー曲は辛いよ、こっちも…



アンコール
18. 放課後オーバーフロウ

ウェディングドレスを思わせる、ベールを纏って登場!
髪のお団子的な花が可愛らし過ぎ!
薄オレンジの肩出しワンピース。
白のエナメルっぽいヒール。
あれ?これってサヨツバ予告のランカじゃ!
こういうランカまんまの衣装って今まで無かったような…
目に焼き付けておきました。

それにしても "放課後別れたらもう会えないかもしれない" の歌詞、
こういう形でリアルに降って来るとは思わなかったよナ…


19. 星間飛行

この曲でも声が詰まってしまったまめぐさん。
ダブルデビュー曲だもの胸に去来するものも大きいよね…

しかし、キラッ☆をしながら涙ながらに歌う星間飛行なんて
今まで想像した事すらなかったな~

かといって湿っぽい感じでもなく会場全体に矢を放つアクションなど
交えながら目一杯明るく歌ってくれました!


MC
"あと 100 時間くらい皆と一緒に居たい"

そして歌手活動休止の話へ。
細心の注意を払って丁寧にたっぷり話してくれました!


「中島愛名義での歌手活動休業」の意味は、Megumi Nakajima になるだとか、
中島愛という名前をもう使ってはいけないと言われたとかそういう事でなく、
ただお休みを頂くという事です。

それを言葉にすると既に発表された通りになってしまい
「何で?分からないよ?」という感じになってしまいました。
ライブという形では皆と会う機会が無く伝えられなかった。

ランカ・リーのオーディションを受けて丸 7 年。
生まれた時に授かった "中島愛" の名前でソロデビューして 5 年。

最初はランカとしてデビューしたから、中島愛として歌うという事が
自分の中で整理が付きませんでした。
ランカが余りにも大事で、一心同体で歌う事を目標に、大切にしてきたので、
中島愛として自分はどんな事を伝えていけばいいのか探し続けてきました。
(不安はスタッフや素晴しい楽曲が消し去ってくれていた)

去年「ありがとう」と「こと裏」という全くテイストの違う曲を同時に歌った事で、
タイアップの作品に沿って正しく歌う事が中島愛なんだと答えが一つ出た気がしました。
作品の歯車のひとつになりたいし、楽曲で中島愛の名前が出る事よりも
その作品を観て欲しいと思う。

休止に至った理由は、今のままでは一層の期待に応えられないと思ったから。
期待とは、アニメじゃない曲を歌いたいといった事ではありません。
アニメの曲を歌うのは好きだし、作品を好きな人に喜んで貰える事を
大切に思っている。

今までの仕事には胸を張れるけど、デビューしてからのスピードの早さに
食らい付いていけてない部分も確かに有ったと思う。
歌いながらって方法もあるけど、それができないのは私の力不足です

スタッフにはずっと相談していて、長い目で見て "今だ" と決断してくださった事に
感謝しています。
そして「応援してたのに何で今なんだよ!」の声には心からお詫びしたいし、
感謝したいです。

一度、フラットな気持ちで、どんなに幸せな作品に関わっていたのか噛み締めたい。

"歌う中島愛" としてもっと大きくなる事が今の私の目標です。

歌がキライになったとかそういう意味じゃなく、好きだからこそ、
ここで歩みを止めさせてください。
ワガママですが時間を頂けたらと思います。

2007年8月17日、初めてステージに立った日本青年館でこうして話せる事に
感謝したい。


※あの渾身の MC がこんな平凡になっちゃうんだ、残念!というご批判は甘んじて受けます(謝)
メモと記憶で再現しているので...って言い訳ですね。
文脈はふんわり合ってると思います(汗)


20. Songbird

奥からの白いライトが、まるで雲の切れ間から降り注ぐ光芒のよう。
首筋のベールがひときわ輝いてました。

MC の後だけに "私の声が聞こえますか" の歌詞に打たれました。


21. 金色~君を好きになってよかった

事前に有志の方から受け取った黄サイリウムを皆で一斉に点灯。
会場が金色一色に!

曲の間奏でハート型の紙飛行機が天井から舞ってきました。

会場の一体感がハンパ無い…最高潮!


曲の後はバンドメンバーへ大きく拍手。


アンコール2
とうめいにんげん

今回の締めはこの曲でないと!名曲です。
ブーケになっているマイクで切々と歌う姿は正に神。


「みんながくれた 6 年間、一生忘れません。
ありがとうございました」



【最後に】
キュアラブリー役の為に自発的に歌手活動を返上した?などと
色々妄想してしまいますが、詮索は無用!
願いはひとつ。
いつかまたまめぐさんの歌声が聴きたい!

紅白、全国ツアー…まだやり残してるからね!
たまゆら 3 期のテーマ曲もね!

夢はまだ終わってないし、或いは次の夢を見ればいいだけの話。
きっと、きっと戻ってきてください。
待ってます。

今日の "ありがとう" は只の「なかじめ (めぐみ)」だからね!
ああ、台無し(笑)



追伸
まめぐさんのバンド・マスターが西脇辰弥氏で本当に良かった。
私は音楽はド素人ですが、素晴しいライブ、楽曲は氏のお力だと確信しています。

因みに私、学生時代は谷村有美さんが大好きでした。
「PARADE PARADE」「がんばれブロークン・ハート」今も聴きます。
クリスタルボイスにポップな楽曲!

まめぐさんのライブに氏が出てて「チャッピー」と呼ばせているのを
知った時は、何て不遜な事を!と衝撃を受けました。
慣れとは怖いもので、その後、普通にコールしてますが(笑)。

引く手あまただとは思いますが、まめぐさん復活の際は是非またお力を!


追伸2
プチ・聖地巡礼というか撮影遊びをしてみました。
初回限定版の CD に付く Mini Photobook と同じ構図で撮ってみました。
中島愛 Thank You ミニフォトブック巡礼マップ ← マップ助かりました!ありがとうございます!
分かる方には分かるハズ。
ただ、撮影していて凄く寂しい気分になりました。まめぐさんが映っていない空間が気になって。

p.5 明治公園の日よけ/ベンチの柱の傍にたたずむまめぐさん (居ないけど)


p.7 小径にしゃがんで自分の影をみつめるまめぐさん (居ないけど)


p.8 小径を歩きながら振り返るまめぐさん (居ないけど)


p.10 ビクタースタジオとまめぐさん (居ないけど)


p.12 日本青年館をバックに階段の上からおーいと叫ぶまめぐさん (居ないけど)


p.13 日本青年館入口への階段で振り返るまめぐさん (居ないry)


スポンサーサイト

Posted on 2014/03/22 Sat. 04:31 [edit]

category: 中島愛

thread: 中島愛(めぐみ)  -  janre: 音楽

tag: 中島愛  ライブレポート  セットリスト  ファイナルライブ  日本青年館  2014年3月20日  ThankYou 
TB: 0    CM: 3

22

わたしにできること 

わたしにできること


歌詞読んでたら泣けてきた

わたしにできること 中島愛 - 歌詞タイム

Posted on 2013/12/05 Thu. 23:25 [edit]

category: 中島愛

thread: 中島愛(めぐみ)  -  janre: 音楽

tag: 銀杏  紅葉  新宿御苑  散歩  中島愛  わたしにできること 
TB: 0    CM: 0

05

まめぐ音楽活動を休止 

DSC_4835

まめぐ音楽活動を休止


ずっと続くと思っていた
もっと楽しくなると信じていた
かけがえのない輝きをありがとう

Posted on 2013/12/03 Tue. 00:26 [edit]

category: 中島愛

thread: 中島愛(めぐみ)  -  janre: 音楽

TB: 0    CM: 4

03

ANIMAX MUSIX 2013 11/23 ライブレポート 

ANIMAX MUSIX 2013 11/23

お詫びと訂正:
衣装の報告が間違ってました。修正しました。
琴裏さん/星間飛行がレモン・イエローで、MOMENT が白のドレスでした。
公式ブログを参照ください。そして貴方も悶死なさるとよいです。
嗚呼~間違えてしまった。赤面。
でも記憶が正せて良かった・・・かな。


例によってまめぐ&マクロス限定で書いてます。
他に何も感じなかったの!?ってツッコミはご容赦を。


初の横浜アリーナ、入場してみてテンション・アップ!
アリーナ後方に特設ステージが設けられてる!

今回、私はスタンド席でした。
チケット発券して座席表と見比べた時は、
メイン・ステージ遠そうだな~・・・と残念だったのですが、
実際、ここでまめぐ 1 曲歌ってくれて・・・近かった!(のちほど)


開演♪

ANIMAX MUSIX 恒例なのか、いきなり出演者全員登場。
オペラグラスで望遠走査開始!
まめぐ・・・居た!

ポップでカラフルな軽めコーディネート。(つか、細ェ~ ←どこ見てる)

大きな☆が幾つか付いたメリケン風青いノースリーブ。
水色のミニスカート。
キラキラ輝く銀ブーツ!
銀のジャケットを羽織って!

この衣装なら・・・ "琴浦さん" を直感。

結局、ソロパートは別の衣装だったのですが、この時点ではそうワクテカしてました。




続々とアーティストの曲が披露されていきますが、
驚いたのが、出演アーティストによる
往年曲のカバー&コラボのコーナー
「ファン・セレクション / タイム・トラベル」

これも ANIMAX MUSIX ならでは?
合間合間に入ってくるので、いつ、誰が出てくるか、
何を歌うか分からない所がいい!



まめぐの 1 曲目はそのファン・セレクションから。
KOTOKO さんとの共演で
ドラゴンボールの ED「ロマンティックあげるよ」

昭和の時代柄か、希望を歌った曲。
今改めて聴くといい歌詞だよね!

まめぐは、モニター越しに大きく見え。

銀ジャケは脱いでました。
青ノースリーブにあしらわれたピンクのライン!

スカートは二重で下から青がチラ挿し。
右手に青、左手にピンクのシュシュ。

極めつけが髪のピンクのリボン。
顔の向きで見えたり見えなかったりが悶死。
参考になるわ~(←何の)。


KOTOKO さんはブラウンのレース・インナーに
スペーシーな銀ワンピ。

見た目全然違う雰囲気の二人が、いい感じにシンクロしてました。

まめぐ、振り付けが芸細~。
特に手の動きが昭和アイドル・オタクの本領炸裂。




まめぐのターンは Ray さんの次でした。

「そんなこと裏のまた裏話でしょ?」
キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!

会場は緑一色!

今日は ANIMAX MUSIX に決めたようです(笑)。
そして、髪はカチューシャ?バンダナしてました。



MC では初出場で緊張してます!と。
"デビュー曲を歌わせていただきます" で沸く会場!

「星間飛行」
キタ━━゚+.ヽ(≧▽≦)ノ.+゚━━ ッ !!!

昨日のブログ書いた後、星間飛行も予想に足しておこうか
チラと思ったんですけどね~。外しました。

まめぐに合わせて自分も軽く振りを入れつつ堪能しました。

そして退場。

まめぐのターンはあっさり終わってしまいました・・・
ファン・セレクションが有るからまだ終わりじゃない・・・かも




しかして、4 曲目バッチリ有りました!
ママレード・ボーイ「MOMENT」

この曲は特設ステージで歌ってくれました!
だいぶ近い!
清楚なレモン・イエロー白のドレスに衣装換え。いいね~!

この曲、知らなかったけどいい曲ですね。
まめぐは "ゆびさきの雨" も有るし、
こういうしっとりした曲聴かせるの得意だよなぁ。




マクロスF「トライアングラー」
栗林みな実さんと南條愛乃さんのコラボ!
やっぱりマクロス曲はテンションが上がる!




まめぐラスト登壇は全アーティスト挨拶。

右肩にエメラルドグリーンの大きな花を付けてました。
目が離せないぜ。

コメントの言い出しでGRANRODEO の飯塚さん(ギター)とコメントが重なる
ハプニングもありましたが(笑)、「緊張してたけど楽しかった」



最後は全員で合唱
けいおん!「Don't say "lazy"」
単独フレーズは無かったけど、
まめぐのけいおん、新鮮で良かった♪




今年はこれで見納めかな。
来年はアルバムも控えているから、きっとすぐ会えるハズ。
それまで、チャオー!


↓誤解の塊↓
はしがき

まめぐ出演しているのに、トライアングラーのカバーって
一体どういうセンスなんでしょうね?

一瞬でもまめぐ出そうよ!
フォロー・コメントも無かった・・・ orz

真綾さんのカバーって事にしてもスッキリしないよねぇ。

小さい事言うな?はーい。
↑誤解の塊↑

お詫びと訂正2:
上の「はしがき」ですが、
過去にもファンセレクションでトライアングラー演ってるみたいですね。

ANIMAX MUSIX - Wikipedia
ANIMAX MUSIX SPRING 2010 (5月16日)で ELISA さん×佐咲紗花さんがコラボ。
この日は May'n さんも出演。

ANIMAX MUSIX 一流の演出ですよね。明らかに私の受け止め方が間違い。
カバーの何たるかも判っとらん。お恥ずかしい。
不快に思われた方もいらっしゃるかもしれません。
お詫び致します。大変失礼しました。

Posted on 2013/11/24 Sun. 08:18 [edit]

category: 中島愛

thread: 中島愛(めぐみ)  -  janre: 音楽

tag: ANIMAX  MUSIX  2013  中島愛 
TB: 0    CM: 0

24

Megumi Nakajima 5th Anniversary year's Final Live メグミーナイトフィーバーに行ってきました!  

Megumi Nakajima 5th Anniversary year's Final Live
メグミーナイトフィーバー

行ってきました、中野サンプラザ!

DSC_2404

記事アップがモーレツに遅れちゃいました・・・(謝!謝!謝!)
レポートしますねっ




まさに、今までの中島愛、集・大・成~!なライブでした。

セットリスト・演出は、初めての人でも、来たことが有る人でも
<新鮮に驚き><堪能し>まくれる、怒涛の展開♪

輪廻のラグランジェとたまゆらの曲をメインに、
要所でマクロス曲、アルバム曲を交えてました。

弾け、シリアス、笑い、優しさ。
めくるめくワンダーランド。
ああ、まめぐを好きでホントに良かった!

ラストのハプニングも、ライブ Blu-ray 発売決定も、み~んな含めて、
今までの中島愛の足跡が思い返されるような、
いつもとはちょっと違う不思議な快感にも包まれましたよ。

そして、ボーカルとして、伸び代がたっぷり有りそうと感じられた事も
(成長は異論なしとして)ウキウキ余韻のひとつでした。

もう猫かぶりはオシマイ(妄想)!
まめぐ、大器晩成タイプだって事は、直感的に感じてたけど、
想像以上に天才かも・・・!


【開演前】
中野サンプラザ前の広場には沢山のファンが集結。
今回の物販、緑のマフラータオルを首に巻く人も。
ラグリン・イメージの青ジャージの軍団も。

入場すると、舞台には金色の、透けるカーテンが下りています。
ライブタイトルに合わせてか、'70、'80 のソウルフルでフィーバーな曲が
BGM に流れています。

こんな曲1 こんな曲2 こんな曲3 こんな曲4*

* twitter で Formo4970 氏に教えて貰いました。ありがとうございます。

予告的に、まめぐはブログにもアース・ウィンド・アンド・ファイアーの事を書いてたし、
ホーンが厚めに入っている曲も幾つか有るし、どんなライブになるのか楽しみ♪

弦のチューニングの音、
ほんのりライトが灯る譜面台をめくる手もカーテン越しに見えます。

アナウンスで映像撮影が有ると伝えられます。
最前にレール式のビデオカメラが。
このライブがビデオになる!

会場を見回すと、確かに最前列左右にも固定カメラが 1台ずつ、
中央の左右、最後尾中央コンソール辺りにも 2 台。2階右にも 1 台!
万全だ・・・本気だ・・・。

まめぐのライブは何度でも観たいからこれは嬉しいぞ~。

さあ開演!


【前半戦 フィーバー・ラウンド!】

0. イントロ
カーテン幕が開きます!
舞台のセットの上にでっかいミラーボールが!
ゴージャス。

1. Wake Up!
まめぐ登場!
アース・ウィンド・アンド・ファイアかマイケルジャクソンか!という
"兵隊さん的" 白い衣装。白い皮のベストとスカート。

ゴールド装飾でピッカピカ!
ゴージャス。

ベルトには、サッポロビール・ガール?って笑っちゃう位に
ベタな銀色の☆が付いてるし、
白いヘアバンもミョーにでかくてユーモラス。
昭和ソング本気で好きなんだな~、やりたい事すっげー伝わるっ(笑)

でもよく見れば、腕の布がシースルーだったり、おヘソ出してたりで可愛らしい!
アップの後髪にはキラキラのアクセが沢山付いてたりして激ラブリ~♪

舞台の正面 "1F" には "門" が有り、
ミラーボールの絵が描いてありました。
こっから出て来ると思わせて、2F からの登場でした。

「みんな起きて~」「起きてる?」に掛けて、煽ってくるまめぐ!
ちょ、出だしからピッチ高いゼ!
ナイト・フィーバーはひと味違うな!


2. TRY UNITE!
この曲の繋ぎは・・・Be With You からだねっ!

TV アニメ版に近いトラユナ。extended version。
セットの高い場所からゆっくり階段を降りてくるまめぐ。
会場は一面の青サイリウム!


3. 宇宙的 DON-DOKO-DON
ホーン曲キタ!
まめぐ作詞、西脇氏作曲なのよね。

ステージに向かって左から宮田氏(D)、坂本氏(B)。
正面にミラーボール印のゲートが有って、
右に真城さん(Cho)、黒田氏(G)、西脇氏(K)!という配置。

4. Mamegu A Go! Go!
ホーン曲 2発目!
北川勝利氏作曲。
Hey! とノリノリで歌うまめぐが楽しげ。こっちも満面笑み。
英語コーラスが真城さんだとやっぱりいいね!

MC
「盛り上がってますか~」「オー(拳)」
「このパワーがあと 2 時間、必要で~す」「オー(さすがにそれは笑)」


【中盤戦 しんみりラウンド!】

5. メロディ
奥に垂れている金色の糸帯がライティングに映えて綺麗。

まめぐの、声の末尾を少し乱暴目に開放する歌い方、むしろイイかも!
プレーンな歌い方の中にふと出てくると、激熱。
好きになってきた!

6. パンプキンケーキ
この曲、私には初生です!嬉しい。
真城さんのコーラスが気持ちいい~。

この曲はラグリンの曲だけど、
マクロスF の "ねこ日記" の姉妹曲なんですよね~。私には。
ENDING のランカ絵のイメージに引っ張られてるだけですが(笑)。

Cメロの歌唱が凄く良かった。
「Yeah, ボウルに~」「Yeah, 新しい~」のトコロ!

最後は「Do you wanna be」をみんなでコール


7. 風色のフィルム
この曲、たまゆらの世界を表していて本当に好き。
最初聞いた時はピンと来なかったのはヒミツですが(笑)。
普通の曲としても十分に良いし。
これからのアニソンはこの道で行かないと。


MC
「たまゆらは新しい自分にめぐり合えた作品」

「お椅子に座っていただいて」で着席タイム。
前の中野でも飛び出した "眺めがいつも違う~"(スタンディングとは) で喜ぶまめぐ!

8. ありがとう
"チャッピー大先生" こと西脇氏のハーモニカがいい!
色んなフレーズを目一杯演奏しているのに、凄く存在感が有るのに、
まめぐの声にカブってない。
美しい。
西脇氏が居てくれて本当に良かった・・・

ライティングが美しい!
足元にはスモークが炊かれ、
ライトブルーのスポットライトが 1 つ 1 つ灯って
まめぐに集まって照らされていく・・・
歌女神降臨。

まめぐの歌唱も素晴らしかったけど、アレンジとライティングも凄かった。


9. 神様のいたずら
黒田氏のアコースティック・ギターが冴える。
坂本氏のベースが実にいい音を奏でる。
宮田氏のドラムは音量控え目なのにビシッと響いてくる。
西脇氏のハーモニカは今度は少し遠くで鳴ってる感じで寄り添う。

そこにこの歌詞、このメロディ、この歌唱だよぉ・・・
ちょっと泣いてしまいました。


10. わたしにできること
ステージにそびえる 4 本の柱がライティングに透けて、
中の造形が照らし出されます。
おぉ、ガラッと雰囲気変わる!

「水面に映る白い雲」の "水面" のリズムがおもしろい!
いつか、カバー曲ライブも楽しそう。
ほ~、あの曲をこう歌う!みたいな発見が有りそう・・・


この、着席 3 連曲は神タイムでした。

まめぐは淡々と歌っているようで魂入ってたし、
楽器隊もひとりひとり、立ってた。
いいもの魅せてもらったわ。

真城さんはじっと待ちでしたが(笑)←ネタ扱いスミマセン

このライブに来れて本当に良かった。
生きてて良かった。



11. アナタノオト
イントロのトランペットで着席タイム解除~。
ドクンドクンキタっ!

宇宙を連想させるようなスクリーン演出が。

衣装替えの為、曲の終奏を待たずに退場。


間奏 (Instrumental)
西脇大先生のピアノソロ!


【後半戦 スパート・ラウンド!】

12. Raspberry Kiss
今度はセット "1F" のゲートから、
上着はそのまま、金ピカのホットパンツで再登場!

「装備!」の掛け声で、分かる人は例の振り付けを踊ってました。
そして間奏で投げキッス!悶死。


13. 星間飛行
キタッ☆ 超名曲!
ライブ会場なら堂々とできるよね!キラッ☆

MC
衣装の話
「スペイシーな感じの服」
「アース・ウィンド・アンド・ファイアーっぽくない?」
「おなか出してるって珍しくなーい?」

「今日初めての方?」で挙手の人、結構多かった・・・いい事や

「初めて聞く曲だとか、恥ずかしいという人も
レスポンスの声出したり、振り付け、できる範囲でやってみて」
「周りの真似でも自分なりでもいいですよ♪」
というコーナーが毎度面白くて優しい~。

「まめぐ先生?懐かしいネタを出すわね!」
先生コールに、軽く由来を説明した後、次曲の振り付け練習。
オッオーと言いながら手を左右にウェーブ。
ドSは封印でした。黒歴史なのか(笑)


14. Sunshine Girl

曲の途中でメンバー紹介
ベース坂本氏、ドラム宮田氏、ギター黒田氏、
コーラス真城さん、バンマス/キーボード西脇氏!
そして、まめぐ!


15. Megu2 Magic

16. そんなこと裏のまた裏話でしょ?

えーっと。
この 2 曲は、曲名以外、メモが全く残っておりません。
私、コール&レスポンスで我を忘れて盛り上がっていたみたいです(笑)


17. マーブル
ステージセットに虹色になっている場所が有って、
そこをライトが照らす事で、また違う雰囲気に!
凝ってるのう。

ぐるぐる回せで一斉にサイリウムが回る様が壮観!
あぁ、超楽しいのにラストが近付いてる・・・


MC
まめぐ五の矢が発表!

「3rd アルバム発売!」ヽ(^◇^*)/ ワーイ

「ライブの Blu-ray 発売!」
ヤタ━━━━ヽ( ^∀^)ノ ヽ(^∀^)ノ━━━━ !!


18. Hello!
最後の曲です!
レスポンスもサイリウム追い炊きも一段と盛り上がりました!



【アンコール】

19. Transfer
衣装替えで登場!
目の覚めるような真紅のドレス。
左肩は素肌、右肩はボンッとかなりデカい花のフレア。
ルージュも合わせてて色っぽい・・・ごくり。

スペシャルゲストは livetune(の kz 氏)!

演ってくれるの?
いい曲だけど中々ライブでは無理かな~勿体無いっ!て思ってました。
良かった~!


20. TRY UNITE! Rasmeg Duo
更にスペシャルゲスト!Rasmus Faber 氏が登場。

ちょうど来日されているから勿論のゲストだね~。

演奏・歌唱しながら、目を合わせる Rasmus 氏とまめぐが、
落ち着いたオトナな雰囲気。
プラチナジャズのアンコールだ!


21. 金色
まめぐと Rasmus氏 にバンドメンバーが加わって演奏。

レスポンスでこちら(観客側)が「君をもっと好きになっていく」を何度も歌った
挙句に、曲の最後でまめぐが「ずっと一緒だよ」・・・
完全に悶死しました。

↑笑わないで聞いてくれますかw


MC
メンバー全員で手を繋いでノーマイクの「ありがとうございました」!

「普段の色んなことを忘れる、までは難しいと思うけど、
少しでもそれを包みこむことができたなら」で、自分、感極まり。
この立ち位置がリアルなんよね。まめぐらしいよ。
何かもう、感動する!


【ダブル・アンコール】

22. ホシキラ
神憑り的に素晴らしい歌唱でした。
これが Blu-ray で何度も観られる!そして世界中のまめぐファンの元へ・・・
と肌が泡立つのを感じました。

が、ホントに最後の最後で・・・歌詞飛び! )゚0゚( ヒィィ

「色々考えて過ぎてしまった~」とまめぐ。
判る、判る、限界目一杯に魂込めて歌ってた感じだったから。

何と、リテイク敢行!

2 度目はショックで動揺していたのか、歌い出してすぐに STOP。

3 度目は・・・歌い切りました!

出だしは慎重さが出たか「1 度目の方が良かったかな・・・」
という感じでしたが、後半で完全に持ち直しました。

これ、Blu-ray どうするんでしょうね(笑)。
Take1 も Take3 も甲乙付け難いでしょう!
是非、両方フルに観たいです! > flying DOG 様


歌詞飛びとか、リテイクって、無いに越した事はないけど、
他のライブでも割と有るし、経験上はむしろ良い思い出になります。

西脇氏のさ~てどうする、なニコニコ顔とか、
会場の「ガンバレ」「大丈夫」「俺たちがついてる」コールとか、
まめぐの「ランカに思いが届くように」とか、一生モノの体験をした予感。

ま、同じ曲 3 回は辛かった方も居たかもしれませんけど(笑)


終演のアナウンス。
BGM はありがとうでした。


楽しかった。
素晴らしいライブをありがとう >まめぐ&関係者様

楽曲もスタッフも最高!
まめぐの振りつけもいい味出してた!
今回特にリキ入ってたライティングも GOOD!
もう、毎週末ライブやって欲しいレベルだー!

DSC_2428

DSC_2429


これ以上を 敢えて 望むならば、
アップテンポな曲やファルセットでのパワーかなぁ。
今の歌唱のクオリティと、トレードにならない感じで。
また新しい地平が見えるかも・・・見たい・・・
ああ、罰当たりな自分。

あと、歌唱の存在感が増してきたお陰で、思わぬ副作用として、
笑いが控え目に感じてしまったのは私だけ?
ハイテンション・モードも、もう少し欲しかった!?
単に Blu-ray 収録でヒカエメだったのかもしれませんけど。

どんどんオネエさんになって欲しい自分と
ブレないでいて欲しい自分の二人が同居する、酷い事態にも気付きます(笑)。
ファンの総意は今はどっちが強いのかな~。



さて!

3rd アルバムのツアーが今から楽しみ!
そして今度は貴方も是非、ご一緒に♪

Posted on 2013/09/25 Wed. 18:39 [edit]

category: 中島愛

thread: 中島愛(めぐみ)  -  janre: 音楽

tag: メグミーナイトフィーバー  ライブ  レポート  中島愛 
TB: 0    CM: 0

25

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。