05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

WALKの Web Page(2.0)

ご来訪ありがとうございます。 ここではわたくしWALKが、気の向くままにマクロスとプラモデルを主なテーマに日記のようなものを書いています。 ゆっくりのんびり充実させてゆこうと思っています。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

【虚空歌姫バレ有り】虚空歌姫感想-白ウサギ編 

イツワリノウタヒメ(虚空歌姫)は、全国30館での公開開始ながら、
既に25万人を動員したとか。
超絶に面白かったし、観客も多かった印象ですが、
こうやって数字で見ると大きくうなずけます。
いい事です。いい事です。もひとつ、いい事です!
スタッフの方々へ、凄い!祝!拍手~!

来年2010年は、上映館が全国へ更に拡大していくようですね。
これからの方、期待に胸を膨らませて劇場へどうぞっ!

さて、虚空歌姫の感想を書こうと思います。


この先はイツワリノウタヒメのネタバレです。

まだ観ていない方は読まない方が吉かと思います。
大丈夫な方のみ、続きをどうぞっ!
この先イツワリノウタヒメのネタバレ有り!

RSSフィードや検索エンジンから直リンクで飛んで来られた方、
特にご注意下さい!



















前回から記事の更新が空いてしまいました。
そして今度は結構な長文です。
安定してなくて済みません。


■■■全体の印象■■■
待った甲斐あって、中々よく作られていて、面白かったです!

★★ライブシーン★★
冒頭の「白黒うさぎ」なライブも、ラストの「海上リベンジ」なライブも、
「スッゲー!こんなライブ、一度行ってみたい」と思わせる凄い映像でした。私は特に、リベンジライブのダイヤモンドクレバスのホログラムの
巨大なシェリルが神々しくて好きでした。


★★ランカちゃんが生き生きしている★★
TV版では、独り立ちできてない上に裏切り者(=我侭)のイメージが最後まで払拭できなかったランカちゃんでした(当社比)が、劇場版は上々の滑り出しです。

◎アルトがEXギアで離陸する時のカウントダウン。
 →こんな応援して貰えたらいつもより余計に飛ぶって。

◎(待って!の手で)「アルト君はシェリルさんの事…」
 →お!頑張れ!聞いとけ!問い詰めとけ!

◎「アルト君はアルト君だよ」
 →励ましてる!!

◎「もしも、もしもバジュラがこの私を狙ってくるのなら!」
 →責任感は強いんだな!ランカちゃんは。


★★シェリル女前★★
プロとしてのプライドが印象的でした。
その端々に迷いや本音が見え隠れする所が殊更にギャップ燃え。

◎衣装にガスジェットクラスターを忍ばせておく周到さ。

◎「昨日の事はすまなかった」「帰って!」
 →オッカネー!でもシェリルらしいセリフ。惚れる。

◎「これだけは言わせてくれ。お前はひとりぼっちなんかじゃない」
 「私がひとりぼっちなわけないでしょ!」
 →判り易いツンに惚れる。シェリルのターン!

◎「SMSの戦闘ミッションは1回幾ら!答えて!」
 「フン!いい額ね」
 「VEGAのブラックカードよ」
 「足りなければ次のアルバムの印税をつぎ込んでもいいわ」
 →豪傑!でも、できる事を全力でやるポリシーは一貫してる。


★★アルト男前★★
一番キャラが変わっていたのがアルトでした。格好良かった。
独白も人間味があっていい感じ。

◎「宇宙には上も下もない いつまでも浮かんでいられる。
  だけど俺は飛びたいと思っていた。
  たとえ落ちたっていい、本当の空を」

◎「俺はいつでも全開で飛びたいだけだ」

◎「そうさ俺は飛ぶ。それがたとえ戦いの空だとしても」

◎「本当は怖かったのかもしれない。
  感じる力が強くなりすぎて舞台から逃げ出したんだ。」


★★セルフオマージュは控え目★★
もう、マクロスFは一人で歩み始めた感じですね。
次の7つ位でしょうか。

○「私の歌を聴けぇ!」

○VF-171隊のロングレンジミサイル

○シェリルがアルトとイヤリングを探す時の「私と一緒じゃ、嫌?」

○オズマがグレイスに見つかった時の「さすが、ギャラクシーの
 サイボーグは違うねぇ」

○ケーニッヒモンスターの脚がアイランドワンの隔壁にめり込む

○マクロスクォーターのマクロスアタック

○ラストシーンで雪が降る (こじつけ(笑))


★★メカ燃え★★
◎艦船が凄いディティールアップされていました。
 冒頭のパイプオルガンのような構造の船は初登場ですし、
 フロンティアを始めとする、艦船全てが凄い迫力!

◎VF-25の整備シーン。メンテナンスハッチが開いてる!
 静止画欲しい~!
 一般機のフラップは、翼端の方が下がってるように見えました。
 DVD/BDが出たら確認しよっ!

◎コックピットがディティールアップされている!

◎マクロスクォーターがリファインされている!
 特に新デザインの主砲は格好いいです。

◎新装備、トルネードバルキリー格好いい!
 新しい境地を切り開いた感じの宇宙戦闘シーン。
 カメラワークが凄い。新しい視点移動?
 メサイアどこ行った!?何だかスゲー!
 大気内の戦闘もさすが。
 重力制御装置が壊れて色々浮遊している中、トルネードが舞う!
 トルネードの超絶機動、何だかスゲー!
 ビル街でクルクル回れるのは翼のスラスターのお陰。
 空気抵抗になるのではと軽くがっかりした上部の2門のビーム砲も、
 後上方に発射するシーンで、こういう使い方がしたかったのか!
 と納得。

◎黒バジュラとの格闘戦スゲー!
 バジュラとのミサイルの応酬とかGに耐えるアルトとか!
 ランカを助けようとした右腕をバジュラに掴まれるとか!


★★音燃え★★
劇場なので大音量なのはもちろん、細かい所にも相当なこだわりを感じました。凄い迫力と臨場感でした。

○「お待ちどうさまー娘娘でーす」でランカちゃんが登場する時の
 アルトとミシェルのやりとり

○バジュラが、ギリアムの撃ったガンポッドの弾を弾く「キン」の音

○アーマードオズマ機のミサイル発射音

○シェリルが船のへさきから船体を望んでいる時(「避難して
 ください」と言われた直後)に海面を叩く砲撃の音

○バトルフロンティアの主砲発射音


■■■今後の期待■■■
◎小説版を読んでみたいです!後編が公開されるまではムリかなぁ。

◎1/72 トルネードメサイア、激烈に期待してマース!

◎後編は新しいストーリーの面白さにじっくり魅了されたいです。
 劇場版は2部作だとは聞いた気がしますが、
 OVAをやらないとは聞いてない気がします。
 「前編と後編を繋ぐストーリーを遂にOVA化!」
 これです(笑)。


■■■後編への伏線をチェック■■■
●「グリフィスパーク(?)で歌うランカ」と
 「船団間旅客機(?)内で歌うシェリル」のシーン
→別の場所で同時にダイヤモンドクレバスを歌っている辺り、
 偶然ではない何かを妄想してしまいます。
 肉親とか?

●「グレイスとシェリルがフロンティアの重力エリアに到着する」シーン
→シェリルの左ふくらはぎのアザは健在。
 TV版のカットを使っているので当然と言えば当然ですが。
 このアザも11年前の事件と関係が?
 TV版ではこんな妄想はできなかったわけで、
 さて、繋がるのでしょうか。

→「ところで覚悟はいい?
  もしここにもターゲットが見つからなかったら~」
 「~いつでもどんな時でも全力で歌うだけ」
 のやりとりは謎です。
 二人は何を探しているのでしょう?リトルクイーン(=ランカ)?
 その割には「見つけたわ!」みたいな事は言わなかったような。
 TV版だとプロトコル解析が目的だから、
 ランカちゃんの発見自体ではそこまで喜ばないでしょうが、
 さて、どうでしょう。

●「「成長しないガキどもめ」で早々と登場したクランは美星の学生」
 のシーン
→でも、この後は殆ど出番無いんだよなぁ、クラン。
 要所で役目が有ったミシェルに較べると残念な感じ。
 でも、敢えて美星の学生という設定に変えたからには、
 後編で何かに繋がるのでしょう。

●「アルト搭乗のギリアム機のガンポッドの弾が切れ、
  バジュラに攻撃される時、ランカの記憶が蘇る」シーン
→バジュラが宇宙船をハグして破壊するシーン、
 TV版と共通ですが、これが例の11年前の事件ですよね。
 後編では詳しく描かれるのでしょうか?

●「バジュラが不意に復活して攻撃、オズマが機外へ吹っ飛ばされる」
 シーン
→ランカちゃんの膝が血らしきものに濡れます。
 オズマの?バジュラの?
 バジュラの死骸を処理する人達は防護服と探知機で対応して
 いましたから、後編に繋がる可能性は有るかもしれません。
 ただ、V型感染症は皮膚付着程度では感染しない設定だったと
 思いますし、ランカちゃんは母子感染ですからね~。特殊です。
 TV版と同じなら(笑)。

●「ブレラがシェリルを連れて帰る」シーン
→「グレイス女史がお待ちです」と言ったように思いますが、
 女史?助手?もし後者なら…いや、また外すからやめておこう(笑)。

→テーブルの上の薬瓶も、重い影を落としていますねぇ。

●「「ついにこの船団も連中に捕捉されたか」
 「シェリルノームの来艦に合わせたギャラクシーの陰謀?」」のシーン
→レオンこそギャラクシーのスパイかもしれないですね。
 TV版の印象があるから疑ってしまうだけでしょうか?
 でも、レオンがアルトとサムアップするシーンは想像すらできません
 が(笑)。

●「ミシェルの「いずれ自分が死ぬか誰かを殺す」」のセリフ
→TV版では拾われなかった伏線ですが、今度こそ?

●「シェリル、胸からケー鯛が飛び出す。仕事の予定で退場」のシーン
→TV版ならグレイスの差し金と推測できますが、
 劇場版のグレイスは推定無罪なので、本当に偶然かもしれません。
 アイモを知る者同士を会わせたくない人物が居るかどうか…

●「イヤリング探しでシェリルの「思いを伝える石なの」」のセリフ
→おぉ、フォールドクォーツの分かり易くてかつ新しい表現!
 これは後編で意味を持ってくる事は当確でしょう!?
 何故、どんな思いでシェリルに石を託したのかも気になります。

●「セグウェイ、突然崖から落下。シェリルの上に覆い被さる」シーン
→いきなりシェリルの手にかみつくアルト。
 「まだこの船の細菌に免疫ができていない」
 あ、これ合コンで使えるね!但しイケメンに限る。
 これも伏線の匂いがします~!

●「シェリルの「アイモは私の亡くなった母がいつも歌っていた歌なの。
 母の母、おばあちゃんがどこかの惑星で聴いた
 運命的な歌なんですって。」のセリフ
→ほほぅ!これってマオ・ノームの事?
 明らかになるのかなぁ…。

●「アルトとミシェルがシェリルのスパイ疑惑について話している時、
  シェリルがホテルの部屋でケー鯛の写真を見る」シーン
→マオにしがみつくランカの写真!
 これシェリルが撮ったの?
 一緒に暮らしてたって事だよね!
 ランカとシェリルは実は幼馴染?
 て事はシェリルも一部記憶を失っている?

●「シェリルのリベンジ海上ライブのバックステージにアルトが来て
  イヤリングを返そうとする」シーン
→「私がひとりぼっちなわけないでしょ!」と否定したシェリルですが、
 後編ではひとりぼっちな過去が描かれるのでしょうか。
 想像しただけで辛い…。



■■■ストーリーに沿って、細かい感想とかツッコミとか■■■
●「フロンティア到着口の歓迎広告、「(観客の皆様)フロンティアへ
 ようこそ」ナレーション」のシーン
→Bem Vindoが気になったので、後で調べてみたら
 「ようこそ」とか「大歓迎」という意味のポルトガル語でした。
 語学にも役立つマクロスF!

→右下に居るイルカは「フロティ君」と書かれていました。
 フロンティアには1頭しかイルカ居ないんかい(笑)!
 ちなみに新江ノ島水族館にはシェリルちゃんが居ます。
 チェキラ!
 ローカルネタで済みません。

●「シェリルのライブチケットをランカに渡すアルト」のシーン
→オンラインなんだ!スゲーぞ2059年!

●「美星学園でのEXギア飛行訓練」のシーン
→パイロットスーツの色が黒青になってる!
 TV版では、美星の学生時は緑、S.M.S.の時は黒青でしたね。
 劇中劇の考証の違いみたいな表現?考え過ぎ?

●「銀河ラーメン、マゼラン星雲のおまけ付きだよ♪」
 「うぁーマゼランナルトだぁ~」のシーン
→麺を渦巻きに盛り付けて、普通のナルト乗せただけじゃんっ!
 と25万人総ツッコミ(笑)。

●美星学園の屋上の機体、ワンカットだけ形が違っている
→デルタ翼機になってる。スタッフの遊びで間違いないでしょうね(笑)

●「EXギアで離陸するアルト」のシーン
→オオサンショウウオさんが信号灯に!
 さすが新型ケータイ…イカス!

→「3」オレンジ→「2」黄→「1」水色→「ゴォっ!」
 「ゴォっ!」が元気一杯でヨロシ。
 離陸シーンは燃えますね!

●「VF-171がバジュラに向かってミサイル一斉射撃」のシーン
→ミサイルの噴射光が隕石に映り込んでる!スゲーこだわり!

●「シェリルの白黒うさぎライブ」のシーン
→シェリルが二人居る~!どうやって二人出してるの?
 ゼントラーディがタイツみたいなの被って、
 そこにシェリルの顔を投影してるとか(笑)?
 全てホログラフ、が正解っぽいですけど。

●「GHOSTがバジュラの干渉を受け次々と撃墜される」シーン
→干渉の事を「電磁バースト」と言っていますね。
 TV版では「電磁妨害発生!」と言ってました。
 現実世界では太陽とか地殻変動で発生するそうです。
 そんなのを瞬間的、爆発的に起こせるバジュラ…恐怖です。

●「腰に手をあてコイコイするシェリル。渡り廊下を駆けていく」のシーン
→クーっ超可愛い~♪グッときたぁ!
 ついてっちゃいますよ「落ちたっていい」。
 お、俺は「大人じゃなくて、男なんだよ!」
 誤用かも(笑)。

●「ギリアム」のシーン
→「言われなくたって~!」おぉ、登場するんだ。良かった~。

→「やられてたまるかよぉ!」声、新録?
 TV版とは語調が違ったような?
 DVD/BDが発売されたら聴き比べだな(笑)!

●「アルトとシェリルが黄色いバジュラに襲われる」シーン
→黄バジュラの歩行は四つん這いです。
 ほほぅ、こうやって歩くんだ。
 このタイプのバジュラが歩行する姿は初めてですよね?

●「アルトがVF-25に飛び乗りガウォークがガラス窓を破りながら動き
 出す」シーン
→ゾクゾクするシーンです!
 ここで「何てパワーだ!これが本物のVFなのか!」などと説明的な
 セリフを言わせない所が河森監督らしくて安心して観れます。
 パワフル過ぎて持て余しているのは絵を観ていれば分かりますもん
 ね。

●「ギリアム機(アルト搭乗)の助けに入ったアーマードオズマ機が
  ミサイル発射、ミサイルの衝撃でガラスが割れる」シーン
→ガラスよく割れてます。
 フロンティアで生きるならガラス屋が儲かりそう(笑)。
 冗談はさておき、戦闘シーンのクオリティは相変わらず凄い!

●「どっこいバジュラは生きていて、オズマ機にミサイルを発射!」する
 シーン
→頭無しバジュラ、TV版より凶悪な感じが増してる!
 脳と呼べる部位が極度に小さい、に繋がる訳ですな。

●「オズマとランカを背に置いてアルトは絶対絶命」のシーン
→EXギアの翼はシールドにもなるのか!新用途だ。
 でも、バジュラには紙程度の存在…。
 そんな状況でも逃げずに立ちはだかるアルトに少し感動。

●「シェリルの手を捕まえ、手を差し伸べるブレラ」のシーン
→シェリルでしたか!
 指開き手袋だから本気でカナリアだと予想してましたよ(恥)。
 シェリル、ブレラを怖がり過ぎ。仲間なんでしょ(笑)。
 当然、最初観た時はビビりました。はめられた!。

●「ブレラに抱えられたシェリル、「最短コースにて帰還」」のシーン
→マンホールの蓋を撃ち飛ばしています、ね?
 ブレラは飛び道具も持ってるんだ。

→「ポチャン」の音が笑えますね!

→その後、グレイスの傍で神妙な顔で跪いているのは、
 グレイスとシェリルの二人から厳しく叱られたからに
 違い有りません(笑)。

●「オズマの病室(のフロア)からアルトとミシェルがエレベータで
 降りる」シーン
→ルカどこ~(笑)?

●「シェリルの「私はお世辞なんか言わないわ。でも何であなた、アイモ
 を歌えるの?」」のセリフ
→そう!正にそれが知りたかった!
 ってそれはこっちのセリフだよシェリルちゃん!

●「オズマにS.M.S.入隊の意思を伝えるアルト」のシーン
→「さすが元歌舞伎の女形です」
 女形=おやまと読めなかった私は日本人失格。

→「S.M.S.恒例、新入隊歓迎会!」
 セリフ言ってるのラムちゃんですよね(大喜び)!
 クラッカーも鳴らしてるし、こういう悪ノリ系はハマってます!

●「イヤリング探し」のシーン
→何で美星のロッカーを探してるの?コンサート会場でなくて?
 と一瞬思いましたが、美星のロッカーだという描写はどこにも無い
 ですね。観る側が切り替えないとですね。カットの有効活用。

●「家出したランカを探すようミシェルに命令するオズマ」のシーン
→ミシェル「隊長いきなり言われても」で電話を切るオズマ。
 超絶なブッチタイミング(笑)!

→「シスコン隊長の話だと、ランカちゃん停学になったって」
 シスコン隊長(笑)。ミシェルの逆襲。
 池袋封切りではここで劇場が笑い声で包まれてました。

●「あの歌の事を教えて欲しかったら私をつかまえる事ね」なシーン
→ミエミエの口実(笑)。
 何故シェリルがアイモを知っているかより、
 何故それでデートが始まってしまうのかの方が、よっぽど
 神秘的(笑)。
 「早くつかまえてごらんなさーい!」なんて、
 観てるこっちが恥ずかしくなっちゃう(笑)。

→「市電に乗る」辺り(?)で、看板にshellyの文字。
 尾崎豊?長渕剛?歳がばれる。
 看板にも何か設定とかあるのかな?
 結構真面目に描かれている印象を受けました。
 ちなみにshellyには「大切なものを守る」と言う意味もあるみたい
 ですね。

→アルトはギャラクシーに行った事があるようですね。ほほう。
 歌舞伎の公演で、でしょうか。
 有名な芸能人は銀河を股にかける!?

●「セグウェイ、突然崖から落下。シェリルの上に覆い被さる」シーン
→超ご都合展開(笑)!しかもアルトまで落ちるか!?

→気が付いてアルトを正拳突きで殴るシェリルは、
 幼少体験のトラウマを持っている?

●「「じゃ、たまには娘娘でまぐろまん一緒にたべようね♪」
 いっしょににににににににににににににににに」
→今までは普通に打てた筈。その言葉が打てないなんて…
 切なーーーーーーーーーいっ!

●シミュレーターで訓練するアルト。装置にSMLT3の文字。
→シミュレーター3号機?判り易いコード化だなぁ(笑)

●「S.M.S.からの帰り道、ミシェルの
 「お前はここぞって時に気持ちがブレるからなぁ」のセリフ」
→TV版最終回のセルフネタでしょうか?
 いや、ある意味きっぱりと言い切ってた気も(笑)。

●「アルトとランカちゃんはファミマの店内へ」のシーン
→もろにファミマが出てる!ここまでとは…(笑)

→レジ上のポップ「フィッシュ~オン」デリカ惣菜かな?
 イカの絵にも見えます(笑)。

●「アルトの「あいつはそう、シェリルは、プロだな」のセリフ」
→このセリフだけだと、何か違う意味に(笑)。

●「私達、遠いね。こんなに近くに居るのに」
→あーランカちゃん、いいんだよそんな事言わなくても。
 却ってはっきりさせちゃったじゃん(怒)!
 「こんな事話したの初めてだね」ぐらい言っとけ!
 そして「そばに居て欲しいのは君だ」って言わせちゃえ(笑)!

●ミシェルの星かぞえ。
→「9200、203、207、208…」
 「あと少しで一万だったのにな」「スナイパーは目が命ってね」
 ミシェルが、ただ立ち回りが良いヤサ男で終わってない所が
 いいです。スナイパーとしての資質が判るわけで。
 TV版第9話「フレンドリー・ファイア」をこのワンシーンで
 表現したわけですなぁ。

●「あい君がランカちゃん宅前で胸に侵入。暴れる」シーン
→胸があるランカちゃんなんてランカちゃんじゃないっ!
 …ごめんなさい、ちょっと嘘つきました。
 つか、その直後の「もっと女らしく、か」に失笑。
 誰に言われたんだろ?仕事で?マスコミ?

●「「そうだ、(どうすれば女らしくなれるか)アルト君に聞いてみよう」
 と言ったものの電話できないランカちゃん「アルト君…」」のシーン
→ここで電話しないのはダメやろ~。悩み過ぎ!
 むしろチャンスだし。
 切ない…。

●「シェリルのイヤリングが格納庫の溝で見つかる」シーン
→おぃおぃ、何でそんな所に落ちてるんだ(笑)?

●「夜のグリフィスパークでランカとシェリルがニアミス」のシーン
→シェリルの髪がピンク地に黄色。
 シェリルの髪は本当は何色なんでしょう?
 ライブも合わせると凄い色数になる気がします。

→ランカのお腹で輝くあい君。あい君!そこに居たら、
 ランカちゃんのお腹が光ったかどうか分からないじゃん!

●「シェリルを突き飛ばすアルト「信じたくなかった、
  お前がギャラクシーのスパイだってことを!」」のシーン
→アルト酷過ぎ(怒)!
 その後、一瞬で誤解解けたし。注意一瞬、怪我一生(笑)。
 ちなみに、シネマサンシャイン池袋の上映後の舞台挨拶で、
 中村悠一さんが話したネタとはこのシーンの事で、
 「河森監督、何というシナリオを書いてくれたんですか!
  また僕に非難が集まるじゃないですか!」
 と会場を沸かせていました。

●「グレイスのシャワー&思念体会話」のシーン
→ええっ!スパイ騒動でズーンと落ちたここでまさかのお色気
 シーン!?しかもグレイスですよ。
 異存は無い、異存は無いが、だがしかし。
 ちょっと字余り(笑)。
 「でも、何で裸なんだろう」(ランカちゃんの口真似)
 まさか、ずっと屋上に立ってウフフと笑っていたから
 雨に降られたとか?(笑)

●「マクロスクォーターの儀装が少しずつ進んでいく」シーン
→時々映るクォーターはそういう表現だと2回目でようやく理解
 しました。
 もう少し大げさな感じだと私でも一発で分かったかもしれません。

●「アルトが自室でイヤリングを耳につけてみる」シーン
→女形をこう使ってくるとは!やられたっ。
 海外展開的にも歌舞伎の濡れ場そのままよりは判り易い(?)。
 でも髪をほどく仕草とか胸を掴むとか無駄にエロ過ぎです(笑)。

●「シェリルのリベンジ海上ライブのバックステージにアルトが来て
  イヤリングを返そうとする」シーン
→ガチンコの会話が繰り広げられる中、海中を2匹のマグロが悠然と
 横切る。マグロキター!技細かい~!
 奴らの名前は…「マグロス」!

●「16:35 ライブに行くなというオズマの言いつけに従って
  ランカちゃん室内で待つ」シーン
→でも服はしっかり可愛い外行きだよね(笑)。準備万端。
→部屋にうさぎの絵が2匹。
 或る意味、シェリル以上に銀河的大ブームだぞうさぎ。
 あっ、ユニバーサルバニーってそゆことか(笑)?

●「「フロンティアがバジュラの母星に一番に乗り込んで
  資源を独占しようと企んでいるという噂がある」とグレイス。
  上級士官向けの通信を確認するキャシー」のシーン
→おぉ、フロンティアとギャラクシーってそんな関係!?
 利権が絡むと醜いねぇ。

●「シェリルがVEGAのブラックカードをオズマに投げ渡す」シーン
→キャシーの「ほえーこれがそうなの?」という表情が面白い。
 この後「正気なの?だから軍の民営化なんて!」のセリフとの
 ギャップがいいです(笑)。

→シェリル、SMSに発注しても少し後悔気味の表情。
 女性にシェリルの人気があるのもうなずけるなぁ。

●「戦闘開始時にミシェルとクランが交わす
  「フォーメーションM-M-G!絶対に外すなよ」
  「言われなくたって」」のセリフ
→M-M-Gって何の略だろう?

●「マクロスクォーターの主砲がバジュラ戦艦をを貫く」シーン
→ボビーが「よしっ!3隻撃沈!」と叫んでいますが、
 君は操舵士、火器管制はラムちゃんのお手柄だってば!
 プンスカ(笑)!

●「バジュラ艦隊登場」のシーン
→バジュラの戦艦(赤紫)の他に、巡洋艦(茶)も新デザイン!
 宇宙船っぽくなってます。
 新型バジュラ戦艦は、メカニカルな砲塔付き!
 あい君も成長したらああなるのでしょうか?
 謎が深まります。

●「フロンティアに戻ったアルトはシェリルを守る。
  「ギャラクシーは?」「無事だ!」」のセリフ
→この短いセリフのやりとり、いいですね。
 二人のコンビネーションの良さは最強。

●「トルネードのビーム連射!」のシーン
→速射できないって事は、次弾チャージに時間が掛かる
 って事で、逆に結構威力があるって事なのかな。

●「ランカちゃん、バジュラを引き付ける為に走り出す」シーン
→何故、そんな行き止まりにわざわざ行く!?

→黒バジュラに襲われる時の「アルト君…」。
 切ない…こんなに好きなのに。

●「シェリル「私だって、私の歌だって少しはバジュラに!」」のセリフ
→惚れるー!シェリル、行っけぇぇぇぇ!涙!涙!涙!
 でここで掛かるオベリスクがまたシーンに合うんですよね。
 アルト機が、墜落直前にガウォークに変形し着地できた事すら、
 シェリルの歌の力か?と思ってしまいます!

●「グレイス「シェリルは人々を勇気付けるために、命掛けで歌っている
  のよ!まだ希望は有るってみんなに伝えるのよ!」」のセリフ
→グレイス!いつの間にそんな真っ白なキャラに(笑)。
 いや、そんな事より、早くシェリルの歌を艦内に流してぇぇぇ!
 劇場版では、グレイスはシェリルと仲がいいという線を通すのかも?

●「黒バジュラがランカを連れ去ろうとするその時、
  ケーニッヒモンスター登場!の」シーン
→ノーズアート誰?髪の色はランカっぽいけど、長さはシェリル、
 でも目はつぶらでシェリルっぽくないかも…
 あっ!もう次のシーンに行ってしまった…
 と、モヤモヤしていましたが、PERFECT TRIANGLE p.77に
 クッキリとした絵が!このノーズアートは…シェリルですね。

●「ミシェル「遠過ぎる!」クラン「無茶だ!」
 ミシェル、射程が届かないのか、隠れていたビルから
 ゴールデンゲートブリッジの橋柱のてっぺんへ飛び出す」」のシーン
→じっくりと狙って撃つスナイパーにとって、
 これ見よがしに姿をさらすそんなポジションは死を意味します。
 クランの不安は的中で、すぐに寄ってきたバジュラの至近弾を浴び、
 VF-25Gは撃破されてしまいます。
 ミシェル、前編で逝ってしまったか…早過ぎ!
 妙にいい奴振りが描かれてたのはそういう事?

●「ランカちゃんはシェリルのステージへ。
  オオサンショウウオさんがマイクに!」
→どんだけ便利なケータイだ(笑)。
 でも、これで役者は揃った!
 ライオンのデュエットキター!

●「クォーターのマクロスアタックにより「フォールドバリア消失!」
 レオンが「今だ!マクロスキャノンを!」」のシーン
→補佐官ふぜいが(笑)!?
 まぁ、観ている人はみんなここで「今だ」と思った筈なので、よしと
 しましょう。

→そう言えば、ブリッジで歌うシーンは無かったですね。
 まだ、軍が歌を利用しようとはしていないですからね。

●「「バジュラ群フォールド、撤退していきます」
  ボビーとキャシー、サムアップ」のシーン
→あれ?キャシーさん、民営化反対だったのでは(笑)?
 見事な操舵士っぷりに共感、という事でしょうね。

●「大クランがドスンドスンと登場。
  垂れ下がる手首。逆さ吊りのミシェル。
  「よっ!遅いぞ、クラン」」のシーン
→生きてたーーー!良かった!
 ギリアムに合掌。

●「シェリルの頬で雪が溶けて流れる」
→シェリル、泣いてる!?
 この表現は、ランカちゃん大勝利って事ですよね!?


■■■全体的な細かい感想とかツッコミとか■■■
●ランカとシェリルは、見る度に小物が変わっていた気がします。
 私が気付いた範囲でこの位

シェリル:
 蝶のペンダント = フロンティア到着時(船団間旅客機(?)の中)
 黄色い大ハートのペンダント = アルトとのデート中
 赤い花のペンダント = リハーサルのバックステージ

ランカちゃん:
 青い胸リボン = グリフィスパークでアイモを歌いシェリルに会う時
 ピンクの首筋リボン = (同上) ※TV版と同じと言えば同じ(笑)
 ダルマにリボン = だるまゼミナール
 赤いハートのペンダント = ファミマにて
 カバンに大きな青リボン = 自宅前。あい君に会う時
 ベレー帽に赤いリボン = シェリル2度目のライブ
 ペンダントx2 = シェリル2度目のライブ

●ミシェルは終始ランカちゃん派でした。でかした、相棒(笑)!
 「ランカちゃん泣かせたら隊長も俺も黙っちゃいないぜ」
 「噂をすれば娘娘」
 「シェリルのリベンジライブが明日って事は、
  仕掛けてくるとすれば今夜あたりが怪しいかもな」
 「遠過ぎる!」「無茶だ!」

 でも、シェリルのスパイ疑惑の会話は、結果的に却って
 アルトとシェリルを近付けてしまった気が。
 何て事してくれたんだ、ミシェル! orz


■■■最後に■■■
イツワリノウタヒメ、劇場版の新しいカタチではないでしょうか。

使っているカットはTV版でも、ストーリー全体ではちゃんと新作になっていました。
製作決定時点では本当に「TV版の総集編」だったのだと思いますが、
凄いサービス精神のカタマリでした。
約1年でこれを作り上げたのは奇跡に近いのではないでしょうか。

後編「サヨナラノツバサ」を期待して待ちます。
公開予定時期が発表になっていないのは、
前編を超えるためにどの位製作時間を取ったらいいか、
色々と検討しているからでしょう!
きっと。

プロフェシーの前売券、まだ残ってるし、
さぁ、もう一回観に行こうかな!


■■■余談■■■
「劇場版?観ないですよ~。
 ストーリー都合よく勝手に変えられて、
 むしろつまんなくなってる事が多いじゃないですか。」

別の記事で書きましたが、仕事仲間でマクロスF熱が高まっています。
イツワリノウタヒメを皆で観に行く直前、
こんな事を言う奴が約一名居ました。
彼はTV版が好きだからこそ、こういう気持ちになってしまったんだと
思い(そう決め付け(笑))、無理くり一緒に出撃したのでした。

彼の感想は「いやぁ~面白かったですね。」
後日、その勢いでマクロス7を制覇したと言ってました(笑)。


関連記事
25万人動員突破記念!「劇場版マクロスF マイクローンフィルム」プレゼントキャンペーン!
【虚空歌姫バレ有り】CMランカ
イツワリノウタヒメな一夜
イツワリノウタヒメな一日
イツワリノウタヒメ 告知を何度か観て気付いた事

banner_13.gif  にほんブログ村 アニメブログへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ
スポンサーサイト

Posted on 2009/12/29 Tue. 18:51 [edit]

category: イツワリノウタヒメ

thread: マクロスF  -  janre: アニメ・コミック

tag: イツワリノウタヒメ  感想 
TB: 0    CM: 13

29

コメント

No title 

な、なげえ!(笑)
流石、何度も見ただけあって細かい感想ですw
後編は来年?とても楽しみです。
前編後編の新規楽曲をまとめて娘たまみたいに
出してくれたら買いたいなぁ

URL | LeafAD  | 2009/12/30 09:34 | edit

書き出したら割と大変な事に(笑) 

LeafADさん、いらっしゃいませ!
コメントありがとうございます。

ファミマの「娘娘特製 銀河ラーメン」の記事の頃は、
ネタバレ自粛とか変な事やっていて申し訳ありませんでした。
頂いたコメントは先日復活させて頂きました。

>な、なげえ!(笑)

長くなっちゃいました。
す、済みません。
「ストーリーに沿って、細かい感想とかツッコミとか」を
書き始めた時、長文を予感しました(笑)。

>後編は来年?とても楽しみです。

後編は「ほとんど完全新作」らしく、楽しみですね。
イツワリノウタヒメはどんな感じになるか未知数だったので
ヤキモキしましたが、サヨナラノツバサは落ち着いて待てる感じです。
今は(笑)。

「ほほぅ!うまく纏まった~!」と大喜びできるような
作品を期待しています。

曲数は、イツワリノウタヒメだけだとアルバムには少し足りないですね。
前編後編をまとめた盤、いいですね!
いや、きっと出るでしょう!
私も欲しいです。

URL | WALK  | 2009/12/30 14:03 | edit

No title 

今年はお世話になりました、来年もどうぞよろしくですmm

URL | まめ  | 2009/12/30 21:10 | edit

2009年も終わりですね 

まめさん、いらっしゃいませ!
コメントありがとうございます。

ネタバレなので、内容はパスですね。
まめさんが気軽に観れる映画館で上映していればいいのですが・・・。

本年、沢山遊びに来て頂き、ありがとうございました。
来年も、お楽しみ頂ける様、ぼちぼち頑張っていきますので
何卒、宜しくお願いしまーす!

URL | WALK  | 2009/12/30 22:47 | edit

M-M-G ! 

こちらはでははじめましてになりますね、姫神です。
表題のフォーメーションM-M-Gですが、映画館でこのセリフを聞いたとき自分は
"マックスーミリアージーナス"フォーメーション"
いわゆるひとつのらぶらぶカップル夫婦(めおと)フォーメーションに違いない!おお、かっこいい!
と初代劇場版のラストアタックを思い出して一人で勝手に盛り上がっておりました(笑

まあ全然違う気もしますが!

というわけで勘違いはなはだしい持論を展開しつつ退散したいと思います。
それでは、良いお年を~。


URL | 姫神 武  | 2009/12/31 09:28 | edit

今年も宜しくお願いします 

姫神 武さん
いらっしゃいませ!
コメントありがとうございます。

>それでは、良いお年を~。

よいお年を!そして、あけましておめでとうございます。
返事が年を越えてしまいまして済みません。

>"マックスーミリアージーナス"フォーメーション"

おぉ!その連想で観れば更に楽しめるかもしれません!
そうなら美星同士の学生結婚になりますね!?

初代劇場版と言えば、間もなく(13:45から)TV神奈川で愛おぼが放送されます!
これは良いマクロス初め(笑)!
ローカルネタで済みません。

追伸:
リンクさせて頂きました~。

URL | WALK  | 2010/01/01 12:15 | edit

今年もよろしく 

今年もよろしくお願いいたします。

フォーメーションM.M.G.は
「マックス・ミリア・ジーナス」と思われる。
とガイドブック徳間書店版には書いてあります。

まあ、あくまで、思われるなんですけど・・・

二月末頃にでも、プラモ交換会しましょう。

URL | ヨッシー  | 2010/01/02 08:38 | edit

訂正 

「M.M.G.」に関する記述は、
劇場公開前に出たガイドブックではなく、
最近、出た「ROMAN ALBUM」という雑誌の方です。
両方、徳間書店だったので・・・

URL | ヨッシー  | 2010/01/02 09:16 | edit

サッカーの4-4-2とかではないんですね~ 

ヨッシーさん、いらっしゃいませ!
明けましておめでとうございます。
今年も宜しくお願い致します!

M.M.Gは"マックス-ミリア-ジーナス"の意味なのですね。
ROMAN ALBUMにも書いてあるとは・・・チェック不足でした。

そんなラブラブなネーミングなら、もう既に付き合ってる設定でしょうね。
クランが一方的に意味を込めてるだけかもしれませんが(笑)。

「ところで、クラン、M-M-Gって何のコードなんだ?」
「ス、ス、ス、スナイパーとアタッカーの複合戦術は昔からM-M-Gと決まっておろうが!」
みたいな。

2月末頃、了解しました。

URL | WALK  | 2010/01/02 12:47 | edit

G?J? 

何か、変だなと思って調べたら、やっぱり。
マックスの苗字(ラストネーム)は
「Jenius」つまり、GじゃなくJですね。

単に、間違えたのか?
言葉のお遊びだからか?
それとも、元の意味の「天才(genius)」
から持ってきたのか?

graceの「G」では無いと思うが(笑)

URL | ヨッシー  | 2010/01/02 17:05 | edit

モニカ-ミーナ-グレイスだったら怒ります(笑) 

ヨッシーさん、ご指摘ありがとうございます。
確かに"マックス-ミリア-「ジーナス」"だと本来はおかしいですね。

テケトー極まりないコメントを返してお恥ずかしいです。
折角なので、真面目に考えてみました!

何故「G」?と色々思案していると、
ミシェル機の機種コードVF-25「G」も思い浮かんできます。

スナイパー仕様だからVF-25「S」にしたかった所ですが、
伝統的に「S」には指揮官モデルの慣例がありますから、
「Gunner」のGにしたのではないかと。

で、フォーメーションM-M-Gの話に戻りまして、
「狙撃で片を付ける」の意味でGunnerの頭文字ではないか、
というのは如何でしょうか。

クランの「絶対に外すなよ」のセリフにも繋がりますし!
それだけだという話も有りますが(笑)。


# 個人的には、「フレンドリーファイア」で描かれていたように、
# 狙撃には誤射がつきものですから、
# アタッカーとスナイパーの間には何らかの打ち合わせ済みの「型(フォーメーション)」が
# 有るのではないか?と連想していました。
# 例えば、
# クランのクァドランが一定の攻撃パターン「背部ミサイル(M)」「背部ミサイル(M)」「両腕レーザーパルスガン(G)」で追い込んで
# ミシェルのスナイパーライフルが仕留める、とかです。
# この説こそ、G=Gunner説を自己否定してない?というオチがついたりするのですが(笑)

URL | WALK  | 2010/01/03 00:07 | edit

あけましておめでとうございます 

あけましておめでとうございます。
再度失礼させていただきます、姫神です。
今年もよろしくお願いします!

>初代劇場版と言えば、間もなく(13:45から)TV神奈川で愛おぼが放送されます!

がーん!激しく見逃してしまいました!うわーもったいないことをした~。
わざわざ教えてくださったのに申し訳ありません!
今年公開する(ハズ!?)F映画後編に合わせてまたどこかの局で放送されると信じて
その時こそ見たいと思います!

>追伸:
リンクさせて頂きました~。

あわわ、ありがとうございますー!こちらからもリンクさせていただきましたので、
今後ともよろしくお願いいたします。

URL | 姫神 武  | 2010/01/03 16:28 | edit

相互リンクありがとうございます! 

姫神 武さん
明けましておめでとうございます。
今年も宜しくお願い致します。

>がーん!激しく見逃してしまいました!うわーもったいないことをした~。
>わざわざ教えてくださったのに申し訳ありません!

情報が直前過ぎですよね。
済みませんでした。
コメントの返信時にそろそろ始まるなと思って書いた次第です。

ちなみにスタッフロールにFlashBack2012の映像が付いた完全版でした。
愛おぼも良いなぁ~と、改めて観入ってしまいました。
サヨナラノツバサへの伏線が無いか探してしまうのは、性(笑)。

URL | WALK  | 2010/01/03 21:55 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://trudge.blog100.fc2.com/tb.php/138-11e7e2ad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。