05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

WALKの Web Page(2.0)

ご来訪ありがとうございます。 ここではわたくしWALKが、気の向くままにマクロスとプラモデルを主なテーマに日記のようなものを書いています。 ゆっくりのんびり充実させてゆこうと思っています。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

BIG☆WAAAAAVE!! フィルムコンサート 

暖かい陽気と連休でのんびりした雰囲気に包まれる
今日この頃、私は休みボケも最高潮な感じですが、
皆様いかがお過ごしでしょうか。

月曜日からは普段通りの生活が戻ってくると思うと
焦りますね。
模型もある程度のとこまでは行きたいし…。

が、おして行って参りました。
横浜ブルク13へ!

May'n Special Film Concert 2010
「BIG☆WAAAAAVE!! in 日本武道館」

パワー貰ってきました。

BIG☆WAAAAAVE!!は
チケット手に入らなかったんですよ~。
アルバムStylesは買ったんですが…。
DVD/BDを買ったとしても
自宅で大音響では視聴できないので、
フィルムコンサートは本当に有り難いです!

感想なぞ綴ってみます。
観ていないと殆どが意味不明かもしれませんが…。

【横浜ブルク13】
いきなりローカルネタですが横浜ブルク13は
とにかく設備が快適!
シートは両手の肘掛の幅が広くて隣が気になりません。
映像はデジタル(多分)、音響も高品質でした。
サヨナラノツバサは是非ここでも上映して欲しい!

【オープニング】
シンボルマークが投影されると大歓声。
すごい熱気。
青いスモークが焚かれて物々しい感じの中、
ゆっくり人影が歩んでいきます。
水をたたえた透明なボウルを中央に据えて、
上半身裸の男性ダンサー6名が踊る!踊る!
そして聴き慣れたイントロが!

【ユニバーサルバニー】
床から飛び出して来たのはもちろんMay'nさん。
女性ダンサー4名に囲まれて全身白い衣装で登場。
会場は一斉にオレンジと青の海に。
鳥肌。
イツワリノウタヒメのライブシーンも凄かったけど、
本物ハンパねぇっ!

腰に手を当ててお尻フリフリとか、
「コマドリは言いました♪」の辺りで
男性ダンサーがキカイっぽい動きになったりとか
劇中本編の要素もフォロー。
こんなサービス滅多にしないんだからね!

【Get Ready】
ユニバニから間を空けずアルバムのオープニング曲!
すごく楽しそうな笑顔で歌って踊っていて
こっちまで幸せに!

【What 'bout my star?】
傘を持った女性ダンサーに囲まれて歌うMay'nさん。
編曲が何かイイ!です。
ライブCD出ないかな。

【MC】
「武道館! BIG☆WAAAAAVE!!」に大歓声。
「みんなの声を聞かせて♪」と
1F、2Fとフロア毎に"ウォー"の歓声合戦。

【ライオン】
イントロで客席が一面オレンジに!
中島愛さんパートは舞台外の別の方が
控え目に歌唱。
ギター強めの編曲で気持ち良い。

【Instrumental】
シンセのストリングっぽい音による壮大な雰囲気を
ギターが破る!
ギターカコエェ!
暫くずっとインストでOKっていう位!(おぃ

中々次の曲のイントロに繋がらないなと思ったら
衣装替えだった模様。

【he me? h@e you!】
黒い衣装でMay'nさん再登場。
スケスケレース状の布をスカートのように纏って、
ダンサー無し固定マイクで歌う。
落ち着いた雰囲気。

【standing bird】
前から風が吹き始めて衣装がなびく。
印象的。

【Glorious Heart】
マイク手持ちで熱唱。

【MC】
客席に「イイネ最高だね!」。
その煽りこそ"絶好調"で"らしい"ですよ~。

「普段色々考えちゃってできない事って多いじゃ
 ないですか。
 ドーンとチャレンジしたいな、して欲しいな
 って思ってツアータイトルをBIG☆WAAAAAVEに
 しました」(細かくは自信なし)
なるほど。そういう意味が!

そして本当に武道館全体のウェーブを開始。壮観。

アコースティックコーナーへ突入。

【会えないとき】
キーボード(ピアノ)を伴奏に
情感たっぷりで歌いあげていました。
CDとは桁違いです。
ライブ向きだ…やっぱりライブCD発売してっ!

【MC】
「大人っぽくなろうとしてきたけど、
 子供っぽい気持ちや夢も大切にしていきたい。
 叶えていきたい。」
御意!
恐ろしく幼い声で「ブーブー遊ぼっかー」には参った!

【myteers,mytears】
アコースティックギターカッチョエー。
初耳と思ったら携帯配信限定曲だとか。

【Instrumental&ダンス】
雨音→シンセ音
→赤いヴェールの女性ダンサーソロ演舞
→雷→May'nさん登場!

ステージの一番高い所に仁王立ち。
もちろん衣装はチェンジ。
スパンコール。

【YOUR ROCK】
黒衣装の男性ダンサー4人と一緒に階段を降りる。
途中で一度止まる所がイイ!
ストッキングまでギンギラだ。

【pink monsoon】
サイリウムがピンクに!
みんなどんだけ~!
間奏に入るギターのカッティングが心地良い!

【Let Me Be Myself】
いい曲。
何かもう一般アーチストのライブに来た気分に。

【イゾラド】
イントロはピアノアレンジ。
原曲は最初から歌い始めるからね~。
クルクルヘアーがカワイイ。
衣装の銀も細かく色が変えてあって見とれる~。

【ダイアモンドクレバス】
途中、感情を抑え切れずに
声が少し変わってしまう一瞬も。
そこまで気持ち込めて歌ってたのかと
思わずこっちまで胸が熱く。
今まで劇中のシーンを思い出しながら聴く曲でしたが、
この歌唱は完全に彼女の歌声が主役。
歌の力にひれ伏しました。

曲が終わると暗転してステージの下に消える。

【Instrumental&ダンス】
スキーウェアのような、ジャージ?フリースのような
衣装の男性ダンサーが無数に登場して大ダンス大会。
回る回る。楽しい。
May'nさんは衣装替え中かなと思いつつ、
戦闘を通信ジャックして見るシェリル&グレイスを
ふと思い出す(笑)。
途中からMay'nさん合流。全員で一緒に踊る!
衣装はマリンルック風白帽に白タンク、赤パン、
ゼブラタイツ。
身軽な感じでラストスパートの近付きを感じます。

【XYZ】
「タオルの準備はいい?」
みんな持って振ってる!
XY「Z」で会場一斉ジャンプ!

【パラノイア】
May'nさん右に左に走る!走る!ハイテンション。
間奏のギターもイカス!

【May'n☆Space】
旗を持った人達を従えてMay'nさん行進。
すっごい笑顔。
ライブ通じて笑顔でしたが、この曲のは特に印象的。
ラーラララーララララー♪で大合唱&手振り。
全員→1F→2F→左バック→右バック→全員

【オベリスク】
「ラスト3曲!
 みんなのパワーはそんなもんじゃないよね!」
その煽りで、オベリスク持って来ますかそうですか。
もう燃え尽きてもいいやみたいな。
座って観てるけど。(おぃ

【ノーザンクロス】
最高潮。もうトランス状態。

【キミシニタモウコトナカレ】
アニメを観ていないからか、
今ひとつ思い入れが無い曲だったのですが(おぃおぃ
ライブで聴くと実にイイですね!
ギターとドラム最高!
ライブCDを…ひつこいw

【スタッフロール】
フィルムコンサートなのでここまでです。
アンコール、ダブルアンコールの上映は無し。
Deep Breathingは観たかった… orz
BGMは新曲 Ready Go。
ノリが良いのでライブで盛り上がりそう。

【May'nさんメッセージ】
「ブルク13の皆さん」って呼びかけてました。
「横浜はツアーSideAの最終公演なので楽しみ」と。
その心意気どんだけ。

<<< 振り返って >>>
主にユニバーサルバニーとStylesの2枚からでした。
正に聞きたいチューンばかり。
菅野ようこさんと鷺巣詞郎さんの曲を
巧みに配したセットリストは贅沢の極み!
編曲も気持ち良かったし大満足でした。


banner_13.gif  にほんブログ村 アニメブログへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ
スポンサーサイト

Posted on 2010/05/09 Sun. 13:16 [edit]

category: 歌姫・歌麿オリジナル曲

thread: LIVE、イベント  -  janre: 音楽

tag: マクロスF  ライブ  フィルムコンサート  May'n  Special  Film  Concert  2010  BIG☆WAAAAAVE!!  in 
TB: 0    CM: 0

09

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://trudge.blog100.fc2.com/tb.php/170-8b39802b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。