07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

WALKの Web Page(2.0)

ご来訪ありがとうございます。 ここではわたくしWALKが、気の向くままにマクロスとプラモデルを主なテーマに日記のようなものを書いています。 ゆっくりのんびり充実させてゆこうと思っています。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

キャッツアイ近況 

初代マクロス 1/144 キャッツアイの製作。
組み立てが終わっていざ塗装という段階ですが、
なかなか続きの記事を上げられないでいます。

ディーラー様ご本人のtac1991様もお越し頂いていますし、
まめ様からも熱くコメントを頂いていますので、
今日はキャッツアイの製作の塩梅について書こうと思います。

一言で言うと、どう塗ろうかのんびり考えていて、
時間が掛かってしまった、という感じです。
ようやくそろそろ踏ん切りがつきそうです。

妄想(壱)
リベットとかパネルラインとかディティールを
追加したら格好いいんじゃない?

妄想(弐)
入間基地で本物(注:E-2Cの事(笑))を見てきたので
あんな感じに超リアルに仕上げたいなぁ?

妄想(参)
エアブラシを始めてそれ程経験が無いので、
とんでもない失敗をしやしないか?
熟練してなくても超格好良く塗る技とかない?

…我ながら張り切り過ぎです。
クランに怒鳴られそうです。「ムチャだっ!」と(笑)。


まず、リベット打ちについて調べてみました。
要は根気良く穴を掘るだけです。私にもできそうです。
作例を見ると何だか結構リアルっぽいです。
「行ける!行けるゾ!」(by レオン)

でも、よく考えてみたら例え0.2mmの穴でも
実物に換算すると約3cm。実物の飛行機には、
外装にそんなでかいリベットなんて出ていません。
しまった!1/144スケールだった!
不採用!


リベットは再現しないとして、
パネルライン(筋彫り)は有った方がよさそうです。
航空祭で撮った写真とか、
手持ちの雑誌(そんなに無いけど)とか、
画像サーチで確認してみます。
むぅ、実物のパネルラインって殆ど見えないですね。
でも全く見えないわけでもない。
ギコギコ深く彫らずに細~く入れればいい感じになるかな~?
とりあえず採用!


天神氏の画集「バルキリーズ」を鑑賞していると
マクロスゼロの給油機の絵に目が止まりました。
グラデーションが大胆・丁寧に掛かっています。
AWACSと給油機では用途が違いますが、
機体の大きさとかラインは割と近いです。
少しでもこんな感じに仕上げられたら!
ハードル無謀なまでに高過ぎ(笑)。

古本屋で過去の模型雑誌を漁ると参考情報が有りました。
HOBBY JAPAN 2001年5月号
「初歩からのハセガワVF-1バルキリーポイント製作法」
HOBBY JAPAN 2002年6月号
「MAX塗りに挑戦!」
H307を下に吹いてH316を上塗りすればいいのか~。
このたった2色でグラデーションができるなら
やる価値がありそう!
採用!

でも、最初からキャッツアイに吹くのはコワイので、
1段階スケールが大きいウェーブ 1/100 VF-1Sで
試してみよう!

…と、この辺りまで来ている感じです。


banner_13.gif  にほんブログ村 アニメブログへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ

スポンサーサイト

Posted on 2010/05/12 Wed. 02:47 [edit]

category: キャッツアイ(ES-11D)

thread: 模型・プラモデル・フィギュア製作日記  -  janre: 趣味・実用

tag: マクロス  ガレージキット  1/144  キャッツアイ 
TB: 0    CM: 2

12

コメント

簡単マスキング 

エアブラシを使う際にはマスキングは必須ですが
コレが結構面倒くさい。
自衛隊の3色迷彩とか
ロシア機塗る時とかは泣きたいくらいです。
とは言っても面倒なのでフリーハンドの時も多いんですが。
さて、2色の制空迷彩程度なら
慣れればフリーハンドでも構わないんですが
便利な手段として練り消しでのマスキングがあります。
消しゴム自体の粘性でそれなりにひっつきますし
境界線が密着してないので
ボケ足もそれなりです。
今では100円ショップでも売ってますから
手に入れやすいといえば手に入れやすく
再使用も可です。
ただ、コレにしてもある程度慣れが必要ですが。

URL | tac1991  | 2010/05/12 22:36 | edit

テクニックって色々ありますね 

tac1991様、いらっしゃいませ!
いつもコメントありがとうございます。

迷彩塗装をフリーハンドでですかっ!
一番の細吹きをずっと続ける感じですよね!?
失敗したら振り出しへご案内~。
慣熟するとそこまでいけるのですね。
口径0.2mmを使えば私にも・・・なわけない(笑)。

練り消し!懐かしい響きです。
しかも100円ショップに有るのですね。
今度立ち寄って探してみます。
コックピットのマスキングにも使えそうですね。

URL | WALK  | 2010/05/13 07:18 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://trudge.blog100.fc2.com/tb.php/173-1a4b43c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。