08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

WALKの Web Page(2.0)

ご来訪ありがとうございます。 ここではわたくしWALKが、気の向くままにマクロスとプラモデルを主なテーマに日記のようなものを書いています。 ゆっくりのんびり充実させてゆこうと思っています。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

ばじゅらんぼう 

随分と更新が滞ってしまいました。
何時もご来訪いただいている方々には本当に申し訳ありません。
今日は、バジュラについて妄想を巡らしてみようと思います。

つい先日行われた(←コラ)、ギラサマ祭での河森監督の発言、

「(恋離飛翼では)バジュラとは何か、
生体兵器という事は明らかですが、
もう少し掘り下げて描かれます」

が、とても、とても気になっているので。

【表皮に描かれた模様】
バジュラの真っ赤な体の表面には金色の渦巻き模様が
描かれています。
マクロスゼロの舞台、マヤン島にも似たような模様が有りました。
これは一体何なのでしょう!?

輪廻の表現、
原始的な古代のいたずら書き、
巻き貝をモチーフにした、
宇宙の営み(銀河系)、
バジュラへの畏怖から模様を護符として描き崇めた、
マゼランナルト、
蚊取り線香、
ロールケーキ

…想像は膨らみます。

【生体兵器】
バジュラがただの虫、それも益虫だったら良かったのですが、
性質の悪いことに思いっ切り人類を襲ってきます。
兵器としてのバジュラは強烈です。

エネルギー転換装甲(ESA)を持ち、
EXギア用マシンガンはおろか、
GU-17A ガンポッド、マイクロミサイルでも歯が立ちません。

辛うじて通用するのが
SSL-9B スナイパーライフルによるアンチESA弾による狙撃、
AK/VF-M9 アサルトナイフによる肉弾戦、
反応弾頭の大型対艦ミサイル、
MDE重量子反応砲。

しかし、高度なネットワーク関係を持ち、
戦いの経験を仲間に伝えて耐性を持ってしまいます。
新鋭の VF である VF-25 を以ってしても苦戦する強敵。

攻撃手段は生物とは思えぬ、ビーム、ミサイル、機関砲を
バリバリ撃ち、ジャミングやチャフ(爆雷?)の散布まで
やってのけます。
VF-25 にブースターエンジンを追加装備して
1620kN + 2940kN の最大推力を噴かしても追いつけない程の
推進力を持つなど、高度に発達した身体を持ちます。
絶対神、もはや化け物です。

襲う目的も人間を喰うためならまだ納得がいくのですが、
単に殺して(破壊して)楽しんでいるように見えるのが腹立たしい所。
かと言ってただ暴れるのが目的でもなく、
意思疎通によって人類の味方になったりもします。

マクロスF劇中で結構登場しているのに未だ謎多き生物です。

劇場版後編では、その力を利用しようとする企てが明かされる
のでしょうか。
TV 版ではグレイス、レオンが黒幕だったわけですが、
虚空歌姫ではグレイス、レオンはそれ程腹黒くは描かれて
いなかったですし、ビルラーや(LAIの御曹司としての)ルカは
顔を見せませんでした。
ギャラクシー船団も被害者。
ストレートに考えれば「犯人は別に居る」という事になりますね~。
今の所は。

【媒介者=ベクター(英語 Vector)】
バジュラ襲撃の後の現場の隔離レベルは物々しく、正に疫病扱い。
バジュラの腸内細菌はフォールド通信ネットワークの源ですが、
人間にとっては脳に感染し死に至る奇病の病原体。
血液を介してしか感染しない伝染力の弱い病気というのが
唯一の救いです。
V 型感染症の V はバジュラの V ですね。

TV 版本編では採血が何度か行われました。
マクロスゼロでも出てきましたね。
虚空歌姫でも、アルトがシェリルの血を吸ったり、
ランカがオズマに駆け寄って血のりの中で膝をつく演出が有りました。

シェリルが飲んでいる薬はギャラクシー船団のウィッチクラフト社製。
虚空歌姫では薬の銘柄は不明でしたが、当確でしょう。

もしかすると、恋離飛翼はアルトもシェリルもランカですらも
V 型感染症に悩まされる可能性があったりしませんか!?

【フォールドクォーツ】
バジュラはフォールドクオーツを身に宿す宝の虫。
ゼロタイムフォールド通信やフォールド断層を超える力については
虚空歌姫では余り触れられていないので、
運輸王ビルラーの野望の話は恋離飛翼ではカットされるかも
しれません。

でも、もしカットされなかったら!
新統合軍やS.M.S.は、市民を守るという大義名分の下、
私利私欲の為にバジュラと戦わされているわけで、
激昂したアルトがビルラーの所に殴り込みに行く、
という展開も考えられますね。
病魔に冒された体をひきずりながら。
無いですか。そうですか。

【第117調査船団の研究・壊滅理由】
グレイスを始めとする姿無き軍団(?)の思念ネットワークは、
ギャラクシー船団のテクノロジーを使ったコンピューター技術に
よるものかなと思うのですが、ギャラクシー船団自体、
バジュラの研究者マオ・ノームが船団長だったりするので、
バジュラのネットワークを模して思念ネットワークを構築した、
という関連も考えられるかもしれません。

グレイスの「あの忌々しい虫どもが」という台詞も
詳しくは語られていません。
第117調査船団がバジュラに襲撃されて壊滅した時が最も有力です。
グレイスが肉体を失ったのはその時だったのでしょうか。

ランカがアイモを歌ってバジュラをおびき寄せてしまった事、
シェリルの両親が居ない事、
グレイスの肉体が無い事、

事件(事故)は一体、どんな順序で発生したのでしょう?
ブレラもサイボーグですが、思念ネットワークの一員という感じで
はなく、主従関係が有る感じなので、その違いも謎です。
後から「拾ってあげた」からでしょうか?

ランカの故郷はガリア4のようですが、
グレイス、蘭雪の故郷はどこなんでしょう。
やはりガリア4?
ガリア4は自転周期と公転周期が一致する厳しい気象の惑星。
幼少のランカがアイモを歌ってバジュラをおびき寄せてしまった
シーンはまるで地球かバジュラ母星かといった風景でした。

実はガリア4は昔は地球のような星だったとか。
或いは第117調査船団はバジュラ母星に行っていたとか。
あのシーンはどこの星なのか…。

第15話のシェリルではありませんが「何故?何故?何故?」と
考えれば考える程色々と疑問が湧いてきますね~。
興味津々です。

【新バジュラを大胆予想!】
恋離飛翼で明かされる(かもしれない)謎を考え出すと、
びっくりする位絡んでくるバジュラ。
虚空歌姫で初登場の黒いバジュラは「カマキリ」型でした。

では、恋離飛翼の新バジュラは何でしょう。
きっと新型が出ると予想します。
それは「クワガタ」型に違いありません!
そう決めました!私の中で(笑)。
というわけで、早速作ってみます。
クワガタ・バジュラ
クワガタ・バジュラ 巨大な顎
クワガタ・バジュラ 脚部
クワガタ・バジュラ 尾部
色が変ですか?
いや、これにはちゃんと設定があるのです。
ランカはバジュラの幼生をあい君と名付けていました。
という事は船団を襲ったバジュラはオスの群れに違いありません。

展開としてこれは是非、別のメスの群れが必要でしょう(力説(笑))!
バジュラのメスは青いのですヨ。そしてクワガタ型ですヨ。
そして、オスよりも遥かに強いのです。
そして、ランカの言う事を聞きません。メスだから(笑)。
決まりです。

名前は…
ゼントラーディに対してメルトランディでしたから、
「ばじゅらんぼう」で。
4コマかっ!(高橋センセイ、ゴメンナサイ)

クワガタ・バジュラ 登場シーン予想図
クワガタ・バジュラ 登場シーン予想図
ばじゅらんぼうの登場シーン予想。
激しい戦闘を繰り広げているように見えますが、
実はヤリウェイを突き付け合っている所です(笑)。

クワガタ・バジュラ 塗装経過 下地の白を吹付け
クワガタ・バジュラ 塗装経過 黒を塗装
クワガタ・バジュラ 塗装経過 後は青を吹くのみ
ペーパークラフトは自作ではなく商品です。100円でした。

【エピローグ】
マクロスFのTV放送前、今度のマクロスは虫が敵らしいと知った時、
正直、ダメかもしらんと一抹の不安が有りました。

「虫は喋らないから演出なんかできないじゃん、
人間同士の事情があって避けられない争いが起こって
そこにドラマが生まれるんじゃないの?
虫、歌わないし。
大体、敵メカが無しって事じゃん!
メカ成分いきなり50%ダウンだよ~。
何故わざわざそんな事を...」

結局、杞憂でした。
マクロスシリーズは毎回コンセプトを変える事が特長で、
気に入っている魅力の一つなのにすっかり忘れていました。
心配性なので(笑)。

ミサイルランチャーを背負ったバジュラとか、
マクロスアタックしたらバジュラがズラリとか、
そういうのはもういいので(誰がそんな事を(笑))、
何その重要な設定!?
とひっくり返るようなシナリオ・演出を期待します。

恋離飛翼で掘り下げられるというバジュラの存在。
楽しみです。
wktk。

banner_13.gif にほんブログ村 アニメブログへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ

スポンサーサイト

Posted on 2010/09/06 Mon. 03:06 [edit]

category: 感想・妄想

thread: マクロスF  -  janre: アニメ・コミック

tag: マクロスF  劇場版  イツワリノウタヒメ  サヨナラノツバサ  バジュラ  虚空歌姫  恋離飛翼 
TB: 0    CM: 2

06

コメント

虫 

ワシは「虫」って聞いたとき逆に「やったね!」って思ったよ。
虫といえばバグ、バグといえば「宇宙の戦士」。
そーか、ぬえっぽく原点回帰か~って感じだった。
で、見たら劇場版のスターシップトルーパーズみたいで
大笑いだったんだけど。

URL | ときわ湯1991  | 2010/09/06 09:05 | edit

宇宙の戦士への回帰、その発想は無かったです 

ときわ湯1991(TAC)様、いらっしゃいませ。
コメントありがとうございます!

マクロスと言えば宮武先生、
宮武先生と言えば宇宙の戦士でした。
そしてその映画化企画と言えばスターシップトルーパーズでしたね!
今まで全然連想していませんでした。お恥ずかしい。

そう言われてみるとスターシップトルーパーズはマクロスFと共通点が多いですね。
ギリアムがあっさりやられるシーンとか、
母艦(宇宙船)型の種とか。
或るBGMがマクロスゼロのあの曲にもの凄く似てたりしますし。

ただ、私は基本的にグロい映画も平気だと思っていたのですが、スターシップトルーパーズはダメでした。
もし、マクロスFに脳を吸うアイツみたいのが登場したらかなり萎えちゃいそうです(笑)。

日本版スターシップトルーパーズとして実写リメイクのオファーが来ると楽しそうですよね。

URL | WALK  | 2010/09/07 01:27 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://trudge.blog100.fc2.com/tb.php/201-7f434e4a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。