06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

WALKの Web Page(2.0)

ご来訪ありがとうございます。 ここではわたくしWALKが、気の向くままにマクロスとプラモデルを主なテーマに日記のようなものを書いています。 ゆっくりのんびり充実させてゆこうと思っています。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

フジミ Ju87 スツーカ G-2 ロールアウト! 

前回ちらと書いた 1/72 フジミ Ju-87 スツーカ G-2 がほぼ完成しました!
ほぼ、というのはデカールを貼っていないからですが、天気も悪いし水性カラーを結構使っているので完全に乾かさないと酷い事になりそうだったので今日は作業を見送りです。

高校生の時(*)に作り掛けていたプラモを今までとっている自分自身に驚きますが、再開して2日で組み上がってしまった事にも驚きです。ペース配分が悪過ぎです(笑)
*昭和です

機体は第二次世界大戦のドイツ空軍の攻撃機です。当時は急降下爆撃機というジャンルの飛行機が花盛りで、旧日本軍も保有していました。目標の真上から文字通り急降下して至近距離で爆弾を落とす事で命中精度を高めるという、リアルに物理法則を利用したシロモノでした。
さすがに侵入経路がバレバレでさして高速でもないそんな攻撃機は新型の戦闘機にいいように落とされ始め、役目を奪われていくのですが、ドイツ人は目のつけどころが違いました。
落とされようが何されようが敵地上部隊を殲滅するのが攻撃機の役目!大砲を翼下に積んだのです。当時の記録では、戦車の装甲は空から攻撃される事を考えていなかった為か、当たりさえすれば結構破壊できたのだとか。

キットは特段の改造はせずに素直に組んでいます。ただ、無人だと味気ないので、ハセガワの現用機パイロット2名をちょっと連れて来て乗せています。ギザギザの迷彩はセロテープでマスキングして塗り分けました。キャノピーの枠を塗る時、昔の塗りの方が出来が良い事に気づき、ちょっとヘコんだり。

Ju87 Stuka G-2 写真1Ju87 Stuka G-2 写真2Ju87 Stuka G-2 写真3
Ju87 Stuka G-2 写真4Ju87 Stuka G-2 写真5Ju87 Stuka G-2 写真6
Ju87 Stuka G-2 写真7

2009.5.29 追記
デカールを貼った最終ショットはこちらにあります


スポンサーサイト

Posted on 2009/03/01 Sun. 21:00 [edit]

category: プラモ(WWⅡ)

tag: Ju-87  スツーカ  G-2  A-10の祖先 
TB: 0    CM: 2

01

コメント

いいですねー 

フジミのカノーネンフォーゲルはまだ作った事ないので、私も
ぜひ作ろうかと思いました。

URL | どろ美  | 2009/05/28 22:20 | edit

流麗な戦闘機とはまた別の造型の魅力が 

どろ美様
初めまして。ご来訪・コメントありがとうございます。

スピナーの渦巻きが無かったり、ウェザリングをしてなかったり
私の作例は目に見える所まで手抜きしてしまっていますが(汗)、
このキット自体は、部品点数も手頃で、ルックスも特徴的で、
満足感があります。

よろしければまた遊びに来てください。

URL | WALK  | 2009/05/29 10:53 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://trudge.blog100.fc2.com/tb.php/3-8a37a90b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。