07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

WALKの Web Page(2.0)

ご来訪ありがとうございます。 ここではわたくしWALKが、気の向くままにマクロスとプラモデルを主なテーマに日記のようなものを書いています。 ゆっくりのんびり充実させてゆこうと思っています。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

アーマードオズマ機 製作その2 

今週末は久し振りにアーマードオズマ機の続きを作業できました。
20090720アーマードオズマ機 機首~頭部

まず、コックピット周りです。
20090720アーマードオズマ機 コックピット 前20090720アーマードオズマ機 コックピット 後20090720アーマードオズマ機 ミサイルポッド 胸
(左写真)
キャノピーの着色は初めてで、四苦八苦。
塗りムラが出てしまい、2度やり直しました。
昔「汚くなって難しいから自信無いなら無色で我慢する選択肢もある」
と言われて封印していましたが、意味が良く分かりました。
結局、紫は薄いです。これ以上塗り重ねると失敗して4度目に
突入しそうな気がして...チキン。
(中央写真)
コンソールを手描きしてみました。...安っぽいですね。
遠目には自然だからいいのです!ってそれじゃ意味ないか。
パソコンプリンタ用のデカールにトライしてみようかしらん。
(右写真)
ミサイルの着色は割と順調に完了。
ヨッシーさんの製作記が非常に参考になりました。
(1)底板を黒く塗る (ミサイルに付いた黒を筆で掃除)
(2)ミサイル側面を白く塗る (ミサイル上部の白を掃除)
(3)頭部に黒で墨入れ
根気が要りますが、この手順でやればかなり満足の行く仕上がりに
なると思います。

次は頭部です。
20090720アーマードオズマ機 頭部ディティールアップ
額と頬の「ダクトらしきもの」を追加してみました(写真左上)。
額はキットのランナーの一番細いものを輪切りにして作成。
頬は真鋳管です。
お手軽にディティールアップできて万歳~!と言いたい
所ですが、そこからが面倒。
ファイター形態で隙間ができないように胸パーツを削り
込む必要があります。
危険な位、薄く削ってようやく収まりました。

次は背部ですね。
翼やセンサーアンテナを付けた状態を作ります。

banner_13.gif  にほんブログ村 アニメブログへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ
スポンサーサイト

Posted on 2009/07/20 Mon. 18:32 [edit]

category: アーマードオズマ機

thread: 模型・プラモデル・フィギュア製作日記  -  janre: 趣味・実用

tag: マクロスF  プラモデル  VF-25S  アーマード  メサイア  オズマ 
TB: 0    CM: 2

20

コメント

器用ですね 

リンク追加ありがとうございます。
私の方も「マクロス」カテゴリーにリンクさせていただきました。

キャノピーは手塗りですか?
クリア成型品の塗装はエアブラシじゃないと
結構、辛いと思います。

ミサイルの塗装、綺麗ですね。
それに、コックピットの塗装も。
自分は間違っても、あそこに手を出そうとは
思いません。

あんな細かいところに色塗ったら、
イライラして、筆の毛を引っこ抜きそうになります(笑)

<胸パーツを削り込む
なるほど、これでオズマの石頭がうまく、
収まるのかな。

URL | ヨッシー  | 2009/07/20 21:30 | edit

大変参考にさせていただきました 

ヨッシーさん、ご来訪、コメントありがとうございます。

>リンク追加ありがとうございます。

リンクの連絡が遅れて申し訳ございません。
これで相互リンクですね!

>クリア成型品の塗装はエアブラシじゃないと

そうでしたか。そうですよね?
平筆でサッと軽やかに塗る技を身に付けたのですが、
何回塗り重ねても色が濃くなっていかず、ヘンだな、と(笑)。
エアブラシ欲しいです...。

>ミサイルの塗装、綺麗ですね。

これはまさにヨッシーさんの複数パターン検証のお陰です。感謝です。
筆塗り一筋でやってきたくせに下手なので、底板を塗っているのかミサイルを塗っているのか、途中段階は誰にも見せられない芸術作品(笑)でした。
でも、写真のように仕上がったというのは手順が適切だからだと思います。

>あんな細かいところに色塗ったら、
>イライラして、筆の毛を引っこ抜きそうになります

1/72のフィギュアは小さくて、塗装は心身を消耗しますよね。
私は「一色塗る度に乾かして、はみ出た塗料はクラフトナイフでこそげ取る」実力補完技を時々使います。
まだ塗っていない側にははみ出しても大丈夫という安心感が良いです。
ただ、いちいち乾燥を待つので、たかがフィギュアにこんなに時間を掛けて!と別のストレスが溜まるのが欠点です(笑)

>なるほど、これでオズマの石頭がうまく、
>収まるのかな。

写真を拝見する限り、外装面は綺麗にはまってますね。
内部のどこかで応力が発生しているのでしょうか。
私が今日変形させて意外だったのは、オズマ機特製の「えり首」部品、これはかなり前の方までスライドできます。
みぞおちの白い六角形パーツに接触するかという位まで。
あてずっぽうで恐縮です...

URL | WALK  | 2009/07/21 00:06 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://trudge.blog100.fc2.com/tb.php/57-3226b85e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。