08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

WALKの Web Page(2.0)

ご来訪ありがとうございます。 ここではわたくしWALKが、気の向くままにマクロスとプラモデルを主なテーマに日記のようなものを書いています。 ゆっくりのんびり充実させてゆこうと思っています。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

NO LIVE, NO MACROSS (クロスオーバーライブ30 レポート) 

NO LIVE, NO MACROSS

マクロス楽曲の祭典、クロスオーバーライブ 30 に行って参りました!

クロスオーバーライブと言えば、マクロスの歌姫とバサラに一挙に会えるライブ。
トーゼン、期待に胸膨らませて参加したのですが、
遥か!遥か!遥か!
斜め上を行く夢のような凄いライブでした。

前回の「ちょっとイマイチだった」所が、ものの見事に解決されてて!
そして、数々の演出、編曲、コール&レスポンス、サプライズに酔いしれました。

スタッフさん!タイトルにクロスオーバーライブ「×掛ける」30 を付け忘れてましたね(笑)。

そんな史上最強のマクロスライブ、拙筆ながらレポートさせていただきます!


【開演前】
会場は朝 10 時からずっとファンで埋め尽くされていました。
物販の行列は長蛇の列で盛況、コラボフードは美味で大人気、
コスプレイヤーの方も沢山いらっしゃって。
花輪も沢山寄せられていましたよ。親子二代で子供をお連れの方も。
等身大の歴代キャラ、YF-30の巨大タペストリーも出現。
スタッフ・監督、キャストの方々のサインやメッセージもあり、
新商品も目を釘付けにしていました。

- 会場の模様 -
入口付近 キービジュアル タペストリー 壁にロゴ出現 遠き道のり
限定グッズ サイン・メッセージ~愛に見入る Fire bom BAR さん マクロス35プロジェクト署名活動 パチリ
ビシッとスマイル ブリッジクルー 決めポーズ 世代クロスオーバー 実物大 YF-30 関東飛来
ご飯♪ドリンク♪ 腹ごしらえ パインケーキパフェ 虹いろ "しろ" クマクマ ライブ前にこのテンション!
通路もファンで一杯 大集結

- 企業ブース -
コスクロ
コスクロ ランカ コスクロ ミンメイ コスクロ ミレーヌ コスクロ シェリル

ちびきゅんキャラ
ちびきゅんキャラ ミレーヌ ちびきゅんキャラ ランカ ちびきゅんキャラ シェリル ちびきゅんキャラ ミレーヌ ちびきゅんキャラ ミンメイ
ちびきゅんキャラ ランカ ちびきゅんキャラ シェリル ちびきゅんキャラ バサラ ちびきゅんキャラ 輝 ちびきゅんキャラ アルト

一番くじ
一番くじ シェリル 一番くじ ランカ 一番くじ シェリル 一番くじ ランカ

ゲーム / パチスロ / プラモデル
マクロス30 Fever マクロス Frontier 1/72 VF-1 一条輝機

【感想】
30 周年記念に相応しい、最高のライブでした!
まさか、まさか、これでもか!のサプライズ全弾発射!

キービジュアルのサラ、シャロン、マオ、イシュタルの意味は全く見抜けなかったですね~。

誰が 1 曲目のノーム・アイモを予想できた?
誰が、菅野よう子さんの出演を予想できた?
誰が、サヨナラノツバサの続きのシーンを予想できた?
そして終演後、誰に言われるでもなく皆で「マクロス」を合唱するなんて!

今回は、アンコール前の本編ではアーチスト個人できっちりパート分けされていたのですが、
一人一人の持ち味がしっかり発揮されていました。
ちゃんと音楽としても魅力的なのに、
それぞれの中にしっかりキャラクターが息づいている事が感じられる所が素晴らしい!

久々に観たい!一度でいいから観たい!というコラボも "全部入って" ました。
楽曲の編成っていうんですか?1 曲 1 曲のアレンジもそうですし、
チョイス、並べ方も本当に良く練られてましたっ!
約 5 時間、一瞬も目を離せない夢のようなひとときでした。

そして、入場者全員に配られるリストバンドがさりげなくプラスっぽくて良かった。
重要、重要。

【ライブレポート】
オープニング
画面奥に向かってフォールド空間を突き進む映像にシェリルのナレーション。
アイモを想起させるような詩文...!?
※パンフに載っています

ステージ左に照らし出される May'n さん!
無伴奏でアイモ!

そして、2 フレーズ目はお約束、ステージ右でまめぐが...
違うっ!南里侑香さん?...マオだっ!

オープニング曲はきっと誰も予想だにしなかった「ノーム・アイモ」でした。
どよめきとヤラレタ~という苦笑、感動のため息が会場を満たします。

もう二度と聴けないかもしれない貴重なアイモにいきなりボルテージ・アップ!


間奏ならぬ間映像で "Next Stage ... MACROSS F" のタイトルが踊り、
Are you ready? の呼び掛けに会場が歓声に包まれます。

そして 2曲目、May'n さん単独 1 曲目へ。
ギラギラサマー(^ω^)ノ

実は、May'n さんの 1 曲目はギラサマでは?と twitter で言われていました。
でも、私は懐疑的でした。ストーリーに余り絡まなかったしとか言って。恥。
まさか!本当にギラサマが来たよ!と人一倍驚いていました。
そしてあんなに盛り上がるとは!
さすが May'n さん、さすが筋金ファン(yas0 さん)です。

そして「ユニバーサル・バニー」に繋いで、
アップテンポなナンバーで息もつかせずに一気に盛り上がりっ!
ダンサーと一緒に踊りまくる生 May'n さん。やっぱり迫力が違います。

MC
"本編では使われなかったけど、
シェリルの弱さ、大切な人への想いを表現した曲だから" と
リーベ~幻の光」を披露。

これぞ May'n さん!という渾身の歌唱でした。
そして、この曲が(この曲も)このライブ全体の壮大なストーリーの一石だったと
知るのは暫く後の事。

ダイアモンドクレバス
ギャラクシーツアーのイメージが有ったのと直前のリーベが熱唱だったので、
意外と淡々と歌うなぁと感じました。
でも、今にして思えば、それもこのライブ全体の...(以下略)。

会場全体にコールを掛けてギンギンに暖めた後、
May'n さんパートのラスト 2 曲が炸裂!

禁断のエリクシア
射手座午後九時 Don't be late

射手座の出だし "私の歌を聴けぇ~" は勿論、大歓声!




"Next Stage ... MACROSS 7" のタイトル!
あれっ?ランカは...?の疑問を胸にしまい(笑)、
Are you ready? の呼び掛けに歓声!

チエさん登場!

だけどベイビー!!
PLASTICS

ミレーヌ曲を沢山聴きたい自分としてはもう大興奮です。

見た事のない珍しい金属楽器をポーン、ポーンと叩き奏でるチエさん。
ガンクドラムという楽器だそうです
ゆったりとした不思議な前奏...これはもうアノ曲ですな...

PILLOW DREAM」キタ~!

チエさんの熱唱、圧巻でした。
メロウでトランス感一杯の音で始まって、
最後には堰を切ったように叫びが溢れ出すこの曲、ホント大好き!

でもね。ミレーヌ・ナイトが来春で FINAL って告知が...泣けるよぉ悲しい

GO
MY FRIENDS

ノリの良い曲で締め。
前回のクロスオーバーライブも、FIRE BOMBER 2012 も
チエさん曲少なかったから本当に良かった。満足!



MC
クランとマックスの掛け合い。ボイス・ドラマが展開します。
このライブは "誰か" の夢の世界で、色んな時代・空間がクロスオーバーする云々。
次々と歴代キャラクターが登場して、ここはどこ?どうなってる?
と首をひねる展開は...まるでマクロス 30!

シャロンが押し掛け女房的台詞をのたまわって、
グダグダな感じになった所で...

千菅春香さん登場!

プラネット・クレイドル

久し振りの千菅さん!
メイクも若さ全開で可愛らしく、ビックリする位の堂々としたパフォーマンス!
1万3,000 人の観客に物怖じもせず、
ワンフェス・ミニライブの時からひと周りもふた周りも "大きな" 姿を見せてくれました。
「どれくらいの夜を重ねてきたんだろう」のフレーズにグッときました。


初代マクロス/愛おぼの映像が流れ...
いよいよ飯島真理さん登場!
待ってた~。初代世代には、真理さんはリスペクトしてし過ぎる事は無いからっ。

私の彼はパイロット
0-G Love

ギターは息子のアンディさん。親子共演です!

当たり前ですが、30 周年ってファンだけに流れた月日じゃないわけで。
観る側も親子の姿!
演る側も親子の姿!
何て暖かいライブだろう!!

SUNSET BEACH
小白竜
天使の絵の具

懐かしのナンバーが次々と飛び出してきて、もう、胸がいっぱい!
往年の歌い方が無理なのは当然です。
鏡を見れば自分だってもう結構なおっさんよ(笑)。

真理さんラスト曲は「愛・おぼえていますか

"弾き語りとかで演ってきましたが、
みんなはオリジナルが聴きたいんだろうな、と思うので、
今日はオリジナルでやろうと思います"

夢...か!?

私のような素人に理解できる由も有りませんが、
過去へ戻る事を拒む気持ちをおしてのオリジナル愛おぼ。
最高のプレゼントでした!
ありがとう。噛み締めました。


MC
歴代声優オールキャストによる寸劇が続きます。
この世界(ライブ)は一体誰の夢?


"Next Stage ... MACROSS F" ... まめぐのターンきた!
Are you ready? Yeah!トーゼン!待たせ過ぎだぜっ!

放課後オーバーフロウ
虹いろクマクマ
蒼のエーテル

まめぐ、ベストパフォーマンス!
デビュー 5 年で劇的に安定した美声を披露♪

久々のマクロス・ファンお披露目で気合い十分。
丁寧に、慎重に、そしてダイナミックに歌ってました。

MC
"自分を育ててくれたマクロスに、ランカに恩返しをしていきたい。
'何度でもまた会おうね' は、
私から皆さんへの、そして私からランカへのメッセージです"

まめぐもマクロスとの絆、大事にしてるなぁ。

ホシキラ

サヨツバから月日が経って今、感傷なくまっすぐ歌えたホシキラだったんじゃないかと。
聞き入っていたら、そんな気がしました。

一転!
"みんな?いくよ?"
いたずらっぽい目使いに悶死。
締めはトーゼン、この曲です。

星間飛行」!

キラッ☆ 参加したよっ!



"Next Stage ... MACROSS 7"
Are you ready? の呼び掛けのレスポンスが異様なまでに熱い。
リミッター解除っ!体力臨界突破覚悟って(笑)

PLANETDANCE
HOLY LONELY LIGHT

超絶テクの間奏アドリブ、限界まで叫ぶシャウトが最高。
FIRE BOMBER 2012 から更に磨きが掛かった!?

ANGEL VOICE

福山さん(FIRE BOMBER)は、サイリウムとか手拍子とか余り求めないんですよね。
間奏とかは聴いていてくれというスタンス。
うまい事 "俺の歌を聴け" に繋げて会場を笑わせてました。
最後はみんなで Wow~ Wow~ Wow~ の合唱!

DYNAMITE EXPLOSION
突撃ラブハート

コール&レスポンスで叫びまくり。
男女分かれて "突撃ラブハー!"
女子の部はイイね~ずっと聴いていたいね~と煽る!煽る!
女子も元気なダミ声で歌う、歌う。
ま、うちら(野郎共)も頑張ったけどナ!



アンコール

MC
歴代声優オールキャストによる寸劇が続きます。
詳細は...ネタバレなのでヒミツ。

そして暗転、しっとりピアノの演奏が始まります。
奏者は...菅野よう子さん!!嘘ぉっっっ!?
このライブ、実はリアルに夢なんじゃないか!?って思ってしまいました。

ちょっと!何で伏せてたのよ!
隠し玉にしては大物過ぎでしょう!?(嬉)
どれだけサプライズさせ好きなのよ?
完敗だよ!乾杯だよ!どうなってるのこのライブ、サイコーじゃん!

ドッグファイター
ランナー
もういちど Love you
ARKAN

菅野さんの伴奏で名曲の数々が続きます。

スポットライトに照らされて新居昭乃さん登場!
嘘、嘘ぉっっっ!?
VOICES
素敵でした!新居さんが歌われると一瞬で空気が変わります。

ピアノ間奏に戻って、不意に...
き~みはだれとキスをする~♪
坂本真綾さん!!嘘、嘘、嘘ぉっっっ!?
トライアングラー

ピアノ伴奏のトライアングラーは、真綾さんの歌唱が一層引き立ってました。
高い声を一瞬入れるとか、崩し方が自在で絶妙。感嘆しちゃいました。

連続コンボで既にライフはゼロ(笑)。
菅野さんに弄ばれるがままです。


ANGEL VOICE

菅野さんの手煽りに促され、
皆で Wow~ Wow~ Wow~ を合唱!


MC
速水奨さん、豊口めぐみさんが舞台に登場。
ボイス・ドラマは録音としても、来てくれてたんだ!

FIRE BOMBER
Burning Fire
ヴァージンストーリー

ゲームと FB7 から新曲 2 連発。
やっぱり 2 人揃ってこその FIRE BOMBER。


May'n & まめぐ
ライオン
"久し振りのライオンだね~♪" と喜ぶ二人の姿がほほえましい


dシュディスタb
初公開の振り付き!
仲良しなパフォーマンスが良かった。
曲最後の腕絡ませポーズとか、F ファンには感涙モノ。

8 月の札幌のイベント "きたまえ↑" でも
dシュディスタb 有るんじゃないかな... どかな!?



FIRE BOMBER & May'n & まめぐ

娘々FIRE 突撃プラネットエクスプロージョン

"F にあやかって CD を出させていただいて"
いやいや "FIRE BOMBER 新曲!しかも F とコラボ!" ですよ
の謙遜合戦が笑えました。

まめぐのピョンピョン跳ねて超楽しげな姿が印象的でした。


MC
豊口さん「ラストの曲になってしまいました。」
会場「エーッ!」
速水さん「みんな、ぜいたくだよ(笑)」


ランナー
夢の「ランナー」のクロスオーバーですよ!
奇しくも 7月12日の記事に "ランナーやってくれないかな" なんて書かせて頂いてたわけですが、
まさか!本当に演ってくれちゃいましたよ!?
ビックリ!

歌詞が、マクロスに、30 周年に相応しいよね~。


再度、フォールド空間を突き進む映像。
そこで驚きのキャラクターの、驚きの台詞が。
詳しくはヒミツですが。

今回のクロスオーバーライブで F が完結したんだなと思いました。
人を信じることと不安。
夢から覚めたくない気持ちと現実。
まさかこう仕立ててくるとは!


終演後の BGM は初代マクロス主題歌。
MC が特に促したわけでもないのに、自然に全員で合唱!

いや~みんな歌っちゃうでしょう、これだけ盛り上がらされちゃったら、ねぇ!


マクロス、最高!



【セットリスト】 ※敬称略
May'n & 南里侑香
「アイモ」

May'n (シェリル)
「ギラギラサマー(^ω^)ノ」
「ユニバーサル・バニー」
「リーベ~幻の光」
「ダイアモンドクレバス」
「禁断のエリクシア」
「射手座午後九時 Don't be late」

チエ・カジウラ (ミレーヌ)
「だけどベイビー!!」
「PLASTICS」
「PILLOW DREAM」
「GO」
「MY FRIENDS」

~ MC ~

千菅春香 (ミーナ)
「プラネット・クレイドル」

飯島真理 (ミンメイ)
「私の彼はパイロット」
「0-G Love」
「SUNSET BEACH」
「小白竜」
「天使の絵の具」
「愛・おぼえていますか」

~ MC ~

中島愛 (ランカ)
「放課後オーバーフロウ」
「虹いろクマクマ」
「蒼のエーテル」
「ホシキラ」
「星間飛行」

福山芳樹 (バサラ)
「PLANETDANCE」
「HOLY LONELY LIGHT」
「ANGEL VOICE」
「DYNAMITE EXPLOSION」
「突撃ラブハート」

~アンコール~

菅野よう子 <ピアノ伴奏>
「ドッグファイター」
「ランナー」
「もういちど Love you」
「ARKAN」

新居昭乃
「VOICES」

坂本真綾
「トライアングラー」

菅野よう子 <ピアノ伴奏>
「ANGEL VOICE」

~ MC ~

(速水奨、豊口めぐみ登壇)

FIRE BOMBER
「Burning Fire」
「ヴァージンストーリー」

May'n & 中島愛
「ライオン」
「dシュディスタb」

FIRE BOMBER & May'n & 中島愛
「娘々FIRE 突撃プラネットエクスプロージョン」

~ MC ~

飯島真理 & FIRE BOMBER & May'n & 中島愛
「ランナー」

(自然と皆で合唱)
「マクロス」
スポンサーサイト

Posted on 2013/07/14 Sun. 11:41 [edit]

category: クロスオーバーライブ

thread: 超時空要塞マクロス  -  janre: 趣味・実用

tag: マクロス  クロスオーバーライブ30  レポート 
TB: 0    CM: 2

14

コメント

 

詳細レポートありがとうございます。
turner2001と申します。
昨年1/10の娘フェスレポートの詳細克明ぶりに感嘆し、
ときどき読ませていただいていました。
(このときはコメントも掲載させていただきました)

さて今回の30周年ライブは、
「豪華すぎゼントラ盛り!」という具合に圧巻された感じでした。
一部抜粋しても、
・自分にとっては「持ってっけ〜!」初体験!
・突然の「世界のカンノ」登場、しかも坂本真綾まで!
・すっかり歌唱にも安定感が出てきて、
 かつショートカットにしてから大人っぽさの笑顔のまめぐ、
 そしてこれまた「キラッ☆」初体験!
・個人的には「7」には全く思い入れはないものの、
 エネルギッシュ全開迫力の福山パート

などなどだけでも、かなりの満足感がありました。

飯島真理さんは、往年の声の伸びが苦しいのが非常に残念でしたが、
もはやレジェンドの存在が最新メンバー達と一緒の場にいることに
感無量でした。

合同アンコールについては、
個人的にはMay'n&まめぐのツインボーカル曲が続くことを
期待していたのですが、それはちょっと無理な要望でしたね。
(娘フェスでいちど披露していて)その後の二人の歌声の成長を
確認したかった「サヨナラノツバサ」が聴けなかったのは残念でしたが、
「シュディスタ」がここで披露されたことは非常に意味がありましたね。
スクリーン映像からもわかるように、「サヨナラノツバサの後の展開」が
まさにそこにあり、”シェリルの健在ぶり”が確認できたことが、
何よりもうれしい思いでした。

ラストの曲が「ランナー」であったことについては、
全てのマクロスシリーズの起源でありつつ、男女ともに歌える曲として、
ボーカルの皆さんや会場のファンともどもが一体化したような感じで、
とてもいい締めくくりだと思いました。

「シェリル復活健在」となったので、
個人的には、次は「マクロスF&アフター」のようなライブを聴きたいと思っています!

URL | turner2001  | 2013/07/18 15:03 | edit

 

turner2001 様、いらっしゃいませ~!

ご来訪・コメント、ありがとうございます。
返信が遅くなってしまって本当に申し訳ありません。

クロスオーバーライブ、最高でしたね!
人気に驕ることなく、フルパワーで来た感じでひたすら感動しました!

アンコールまで含めて 5 時間というのも凄いです。
アーチストが多いから、聴きたかった曲も有りましたが、
こんなに濃いライブは初めてでした。

今回の真理さんは「100% マクロス」がテーマだったんでしょうね。
オリジナル版に近い歌唱にビックリすると共に、
「これは滅多に聴けない」感に浸る事ができましたね~。
個人的には、今のベストを引き出した歌い方、楽曲で OK 派なのですが、
マクロスと付いたライブでは、今回が正解でしょう。
ランナーの先頭の歌唱にもグッときました。

FIRE BOMBER(福山さん)は、今もって更に磨きが掛かってて凄かったですね。
ロックというジャンルも有ると思いますが、
何でそんなにパワフルなの!?と驚愕のパフォーマンスでした。
7 を知らないという人と終演後に話したら、7 の曲は凄い!って言ってました(笑)

欲を言えば、仰るように、シェリル+ランカ曲がもう何曲か欲しかったですね。
今回の仕立てなら、サヨナラノツバサが聴きたくなります。
「君たち贅沢だよ」って速水さんに言われてしまいそうですが(笑)。

こんな体験をしてしまうと、またマクロスでライブをやって欲しいですね!
次は、できれば F で・・・(願)

URL | WALK  | 2013/07/22 00:04 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://trudge.blog100.fc2.com/tb.php/807-5ad95c3e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。