07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

WALKの Web Page(2.0)

ご来訪ありがとうございます。 ここではわたくしWALKが、気の向くままにマクロスとプラモデルを主なテーマに日記のようなものを書いています。 ゆっくりのんびり充実させてゆこうと思っています。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

新居昭乃さん LIVE 2013 "アルファケンタウリ"に行ってきました 

新居昭乃さん LIVE 2013 "アルファケンタウリ"。
Zepp Tokyo へ行ってきました。
素晴らしかったです!感想を書きます。



座席は 1 階のド真ん中でした。
舞台全体を見渡せ、真正面から楽しめて最高でした。

ステージには、"帆船の帆の下半分" のような透ける白い幕が下りていました。
客席とステージが隔てられている感じに、最初は え?と思ってしまったのですが、
曲が進んでいくにつれて納得。

映像やイルミネーションが幕に投影されるのです!
巨大な球体、走る光束、浮かび上がる水玉、跳ねる雪、砕けるガラス...
客席にせり出さんばかりに現れて圧巻!

白幕は上がる時も有り、
こんな立体的で千変万幻なライブは初めてでした。


バンド編成は、舞台に向かって左に保刈久明さん。
ギター/エレクトロニカ担当。

緻密なサウンドがステキでした。
小さな音にも耳を研ぎ澄ましたい感じ。

エレキ等のクレイジーな音片
ドラムの鈍い響き...

今回の音は保刈さんが殆ど構築されたとの事。まじか...
初見でしたが、想像よりずっと温和な感じの方ですね(笑)


右には弦楽カルテット。

バイオリン
 藤堂昌彦さん
 徳永友美さん
ヴィオラ
 岡さおりさん
チェロ
 菅野太雅さん

力強く歌う曲、
はかない吐息のような歌い方の曲、
新居さんの声に合わせて計算し尽くされた緊張感のある編曲。
"揺るぎない" 圧倒的な演奏力が素晴らしかった!

映像・照明・歌詞とカルテットの一体感も素晴らしかった。


ゲストで細海魚さん。
アルバム TOKOSHIE からの曲ではアコーディオン、
アンコールの新居さんスタンディング歌唱の時はピアノを
演奏されていました。




<<セットリスト>>
【本編】
①月からの祈りと共に
②星の雨
③ハロー、ハロー
④Fly me above
⑤Our Children's Rain Song
⑥蜜の夜明け
⑦凍る砂
⑧Ekleipsis
⑨鏡の国
⑩Faraway Garden 細海魚さん「TOKOSHIE」より
⑪遥かなロンド
⑫花かんむり
⑬unknown vision
⑭祝祭の前
⑮Silent Stream
⑯WANNA BE AN ANGEL
⑰Sophia

【アンコール】
①一切へ
②懐かしい宇宙
③虹


今回はアルバム「空の森」からの曲が比較的多かったようですね。

初拝聴の曲は、歌詞の断片をメモしていたのですが
twitter でセットリストが流れていたので助かりました。

アルバムやシングルは、一枚一枚、一曲一曲大事に楽しんでいきたい一方で、
ライブはまた別物。
知らない曲があっても行きたい!
ライブで初拝聴もまたいいものです。

ちなみに、今年の秋冬はソラノスフィアを聴いていました。

聴く度に次第に風景がくっきりと浮かんでくるような、
味わいの有る曲が沢山、詰まった完成度の高いアルバムです。

鏡の国、印象、mizu、ノルブリンカ、At Eden...




ライブに話を戻します。


アルファ・ケンタウリ (Alpha Centauri)。
太陽系から最も近い位置に有る恒星で、3 重連星。

ライブは、地球(月・雨)に始まり、自然の神秘・ヒトの営みを駆け抜けて
宇宙の深淵へと飛翔する・・・という連想をさせる構成でした。

特に細かい MC が有るわけでもなく、ただ曲の並び、詩のキーワード、
投影される映像で、全体としてアルファケンタウリへのツアーを
感じさせてくれました。

終盤に WANNA BE AN ANGEL が来る辺り、
惑星エデンもチラと連想・・・(マクロスプラス)。

アニメ・タイアップの世界をも取り込んだ、
"寂しくも素敵な、様々な、愛すべき世界(そら)" という連想が心に浮かびました。

そしてアンコールの "今へそっと戻してくれる" 感じも素晴らしい!

初披露(?)のエレキ・ギターでちょっと必死な感じの「一切へ」(笑)。
でも音はとても格好良くて、挑戦・前進を感じました。

オールキャスト登壇でスマイル一杯だった「懐かしい宇宙」。
こっちも満面笑みで手拍子にも熱が入りました。

定番(?)の至高のラスト曲「虹」。
一杯に投影された画は青空で、"縦棒" がほんのり虹色に照らされる演出!!


成熟したアーチストの真心・職人・粋尽ライブ。
そんな心地良い一夜でした。





ピアノの上にあしらわれた白い花。
曲によって輝いたりもして、とても印象的でした。
このライブを思い出す度に心に浮かびそうだなぁ。
スポンサーサイト

Posted on 2013/12/29 Sun. 15:42 [edit]

category: ライブ

thread: 新居昭乃  -  janre: 音楽

tag: 新居昭乃  ライブ  ZeppTokyo  アルファケンタウリ 
TB: 0    CM: 0

29

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://trudge.blog100.fc2.com/tb.php/883-8d6d790f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。