07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

WALKの Web Page(2.0)

ご来訪ありがとうございます。 ここではわたくしWALKが、気の向くままにマクロスとプラモデルを主なテーマに日記のようなものを書いています。 ゆっくりのんびり充実させてゆこうと思っています。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

出番を待つ 





まめぐさんのラストアルバム Thank You を聴いています。
最後を飾るに相応しい名盤ですね♪

発売前は、活動休止発表後のアルバムだから
おざなりな出来も覚悟せねばと思っていました。

ビジネス的な判断、不和、権利…
もし、そういうものが影を落としていたら、よい作品は作れないだろうと。

いや~恥ずかしいです(大汗)!


儚くも美しい吐息のような歌声

80 年代フュージョンのような懐かしくもオシャレな楽曲

ダンサンブルなバックに韻を踏んだ英語/日本語が踊る妙味

デビュー曲との違いをじっくり聴き較べたいロック

日本童謡的なもの哀しい音に乗せた希望の詞


こんな曲が聴きたかった、どストライクな新曲の数々。

まめぐさんのストロングポイント、スイートスポットを知り尽くした
作家陣渾身のお仕事!
スタッフの、まめぐさんに賭けてきた想いが込められてます。

時折垣間見えていた境地にいよいよ突き抜けた感があって、
毎日、シアワセに鑑賞しています。

興味が湧いた方は、聴いてみてください。
もうラストなので、売れようが売れまいが一ファンの私は何も得しませんが(泣笑)、
強く!強く!オススメしますヨ。
これがまめぐさんです!

Amazon.co.jp: Thank You (初回限定盤): 音楽





追伸
これだけ渾身のアルバムが上がってくるという事は、
スタッフ陣は意気盛んなのだと感じます。
活動休止はまめぐさんの意思、という事なのでしょうか…

2011年1月29日のライブ「Lovely Time Travel Show」@横浜BLITZ で
河合その子さんの「プリズム」をカバーされた時の MC をふと思い出しました。

「河合その子さんてソロ活動期間は 4 年しかなかったんですよ」

判断が迫る SOS だったのか…
すべては演出なのか…
真実はいつか分かるのか…
そんなこと裏のまた裏話でしょ?



スポンサーサイト

Posted on 2014/03/05 Wed. 00:46 [edit]

category: お散歩写真

thread: お散歩写真  -  janre: 写真

tag: 散歩  写真  自転車  有明  コミュニティサイクル 
TB: 0    CM: 4

05

コメント

 

こんにちは。
非常に不思議な話ですが、2012年の中島さんのコンサートを見るため約25年振りに中野サンプラザに行きました。
その25年前に見に行ったのが、河合その子さんです。
そしてそのコンサートで、彼女は(バラエティ等の)テレビ番組に出ないと宣言しました。

さすがに因縁めいたものを感じましたね・・・。

URL | antibiotictab  | 2014/03/08 05:48 | edit

 

antibiotictab様、いらっしゃいませ。
いつもありがとうございます。
河合その子さんのテレビ出演終了ってライブで宣言が有ったのですね!
その場に居合わせておられたとは本当に奇遇ですね。
内容は決してラッキーとは言えませんが…

まめぐさんのファイナルライブでは
明るい知らせがあるといいな…

「見つめ直してから次に進みたい」という言葉は、
新境地を目指して充電に入るだけ、という意味に取りたいです。
復活するなら待ちますよ!ね?

URL | WALK  | 2014/03/12 20:24 | edit

 

復活するようでしたら応援します。
しないならしないで未練は残さないですよ。
タレントさんを応援するってそういうことだと、個人的には考えてます。
そういったことも、河合その子さんを応援してた当時に覚えました。

ところで、DYRL(愛おぼ)公開が1984年、夕ニャン放送開始が1985年ですからね。初代マクロスファンと彼女のファン層が重なってても不思議ではないですよねw

URL | antibiotictab  | 2014/03/13 17:46 | edit

 

我々世代に(も)ストライクですよね。まめぐさんは。

ネガティブな気持ちでイジケてたらダメでしょうけど、
いつまでも忘れない、リスペクトし続ける事は諦めなくてもいいですよね。

まめぐさん「ずっと一緒だよ」って、少なくとも言った瞬間は本気だったんじゃないかと思うのです。

おっと!いつか活動再開したら↑こんな発言、笑い話ですねw

URL | WALK  | 2014/03/17 22:04 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://trudge.blog100.fc2.com/tb.php/931-1421174c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。